コラム

 公開日: 2016-02-05  最終更新日: 2016-03-09

町屋のリフォームをDIYできるのか?改修ポイントを紹介。

町屋に限らず、木造住宅のリフォームでよく改修されるポイントは、床と壁です。
床と壁の改修をDIYで行う際のコツやDIYが可能な個所について紹介します。

町屋のリフォームについて

町屋の室内を歩くと床一部分が沈んだり、フカフカしたりすることがあります。

このような問題の多くは、床板や根太(※1)の劣化、床束(※2)の浮きが原因です。
床板の劣化に対しては床板の交換や重ね張り、根太の劣化に対しては根太の交換や補強を行います。
床束の浮きに対しては、鋼製束を使って補強します。

一方、痛んだ部分が目立つ漆喰の壁は、全ての漆喰をはがしてから新しい漆喰を塗る方法と、痛んだ漆喰の部分だけを補修する方法があります。

ただ、根太の交換や補強、鋼製束を使って床束の補強、全ての壁の漆喰を剥がしてからまた漆喰を塗る方法は、解体を含めかなり大がかりな作業になるので、DIYで行うことはおすすめできません。

ここでは、床板の交換や重ね張り、痛んだ漆喰の部分だけを補修する方法を紹介します。

(※1)根太は床板を支えるために、床の下に渡す横木のことを言います。
(※2)床束とは、一階の床を支えるための床組材のことです。

町屋の床をDIYでリフォームする方法について

床板の交換で用意しておきたいものは、ノコギリ、クギ、 カナヅチ、ポンチ、交換用の床板、当て木と一般的な木工DIY で使う大工道具があれば大丈夫です。



床板の交換には、床板をはずして根太に打ち付けていく方法がありますが、傷んだ床板を切る際に、のこぎりで根太を切断しないように注意してください。
次に交換用の床板を貼りますが、床板と床板の間に隙間ができないように、根太に置いた交換用の床板に当て木をあてがい、当て木をカナヅチで叩いて、板の追い込みを行います。
追い込みが終わったら、クギで交換用の床板の端っこを根太に固定しますが、クギは床板に対して斜めの角度から打ち込み、クギの頭はポンチとカナヅチを使って叩き、さらに深く打ち込んで完了です。

一方、重ね張りで用意しておきたいものは、基本的には床板の交換と同じですが、接着剤や紙やすりも必要です。

重ね張りは、痛んだ床板の上に新しい床板を張っていく方法で、床板と痛んだ床板をしっかり接着させるために、まず合板を紙やすりで削ります。
床板に接着剤を塗り、痛んだ床板に張り付けた後、床板と床板の間に隙間ができないように、床板の交換と同様に板の追い込みを行います。

追い込みが終わったら、クギで交換用の床板の端っこを根太に固定しますが、クギの打ち方は床板の交換と同じです。

町屋の壁をDIYでリフォームする方法について

漆喰が使われている町屋の壁は、経年劣化やものをぶつけてしまい傷むことがあります。
この傷んだ漆喰の部分だけを補修する方法があります。

補修するために必要なものは、紙ヤスリ、漆喰、コテ、メッシュテープです。
まず、痛んだ漆喰の部分を紙やすりで削り、汚れ等を除去した後に、漆喰を薄めに塗ってメッシュテープを貼り、漆喰で上塗りしてしっかり接着します。
漆喰が乾いたらまた上塗りをしてメッシュテープが見えなくなるまで何回も上塗りを行います。
漆喰が乾燥するまで数日かかります。



長屋における洗面スペースの設置と浴室周りの改善術
低予算で入居者を獲得するための長屋リフォーム
長屋リフォーム時の床下の換気と通風口
造作家具は大工さんにお願い!

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

外壁を綺麗に塗り替えて頂きました。

築25年の我が家の外観の汚れが目立ち、屋根もそろそろダメか...

K
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
誰も教えてくれない!リフォーム予算の考え方についての話
イメージ

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活...

[ 長屋リフォーム ]

幸せボンビーガールに弊社施工事例の紹介放送が7月4日に変更になりました。
イメージ

みなさんすみません。先日日本TVの「幸せボンビーガール」で、弊社qの長屋のリフォーム施工例が本日:から...

[ リフォームコラム ]

リフォームワークはお客様の要望や不安をとことん聞きます!
イメージ

こう言ってもらえるように、お客様の希望と不安をとことん聞きます。せっかくお金をかけて家をリフォームして...

[ 全面改装リフォーム ]

あきらめていた古家が劇的に甦る!リフォームワークの長屋・古家の全面改装リフォーム 二つの選択
イメージ

築40年、50年あるいはそれ以上の古家は現代の生活ニーズに合わなくなってきているだけでなく、居住機能そのも...

[ 長屋リフォーム ]

リフォームの最大のメリット!「家は3回建てないと満足できない」をリフォームで叶える
イメージ

今一度、自分が住んでいる家について考えてみましょう。家は我々人間にとって、生きていく上ではなくてはならな...

[ 全面改装リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ