コラム

 公開日: 2016-02-09  最終更新日: 2016-03-09

町屋住宅の形式『町屋型』と『農家型』の違いとは?

日本で昔から使われてきた町屋型と農家型の住宅。
狭い敷地を有効に利用した商業用の町屋型、農業という仕事を効率よく行うために工夫された農家型は、それぞれ異なる特徴がありますのでご紹介します。

古来から伝わる代表的な住宅の形式である町屋型について

町屋型とは、京都の古い民家などに見られる都会型住宅の形式です。
当時の都市計画で、可能な限り多くの建屋を道路に面して建設するために、間口が狭く奥行きが長い建屋にする必要がありました。

そのため、町屋型は「ウナギの寝床」と呼ばれるように、通りから奥へとのびる敷地に添って部屋や通り庭を設けています。

当時は、間口の広さによって税金が異なりました。つまり、間口が広い町屋ほど課せられる税金が高くなったため、奥行きの長い町屋が普及したといわれています。

町屋型の、間口が狭く奥行きが長い建屋の形状は、現代ではワンルームマンションに利用されるなど、まさに都会型住宅の礎と言えるでしょう。



日本古来から伝わる代表的な住宅の形式である農家型について

一方、農家型の大きな特徴は、田の字型の間取りと土間です。
農家型では、おくどさん(煮炊きをするかまど)や馬屋などが土間に設置されました。

田の字型に配置された客間や居間といった各部屋は襖で仕切られ、冠婚葬祭など多くの人が集まるときは、襖を外して各部屋を一続きの広い空間にして利用していました。

客間など、格式の高い部屋は南側に、囲炉裏がある家族の過ごす部屋は北側に設けられているのも特徴です。



町屋型と農家型の住宅形式の違いについて

町屋型の通り庭にもかまどなどをおく土間はありますが、農家型の土間とは、使い方や役目が少し異なるものでした。

農家型の土間は、料理などを煮炊きするかまどや馬屋を配置する他に、農機具や収穫した農作物を貯蔵しておく場所としても使われてきました。

町屋型の通り庭の土間は、農家型と同様に炊事なども行える場所でしたが、奥へ奥へと続く部屋へ行き来する廊下のような役目もありました。

さらに、家の表から裏庭までまっすぐに通された通り庭は、採光や通風機能も持っていました。
盆地で、夏は蒸し暑い京町屋は、この通り庭によって涼を取ったと言われています。

なお、採光において、農村地帯などにある日本家屋では、ひさしを長くとり、高く昇る夏の日射しを遮り、冬の低く長く差し込む光を家の中に取り込みました。

昔の住宅は自然とともに生きる知恵が生きているのです。

長屋リフォーム 屋根の葺き替え
西成区で築80年の長屋をリフォーム
連棟長屋の防音対策。共有壁(薄壁)リフォーム事例
長屋リフォーム時の床下の換気と通風口

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

築50年の長屋をリフォームしていたただきました。

築50年の4軒長屋の実家の隣を買い取り、リフォームして住...

尼崎市 F
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
誰も教えてくれない!リフォーム予算の考え方についての話
イメージ

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活...

[ 長屋リフォーム ]

幸せボンビーガールに弊社施工事例の紹介放送が7月4日に変更になりました。
イメージ

みなさんすみません。先日日本TVの「幸せボンビーガール」で、弊社qの長屋のリフォーム施工例が本日:から...

[ リフォームコラム ]

リフォームワークはお客様の要望や不安をとことん聞きます!
イメージ

こう言ってもらえるように、お客様の希望と不安をとことん聞きます。せっかくお金をかけて家をリフォームして...

[ 全面改装リフォーム ]

あきらめていた古家が劇的に甦る!リフォームワークの長屋・古家の全面改装リフォーム 二つの選択
イメージ

築40年、50年あるいはそれ以上の古家は現代の生活ニーズに合わなくなってきているだけでなく、居住機能そのも...

[ 長屋リフォーム ]

リフォームの最大のメリット!「家は3回建てないと満足できない」をリフォームで叶える
イメージ

今一度、自分が住んでいる家について考えてみましょう。家は我々人間にとって、生きていく上ではなくてはならな...

[ 全面改装リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ