コラム

 公開日: 2016-03-12 

中古マンションのリフォームに断熱は必要か?

断熱材がしっかり入っていない中古マンションがあります。
断熱が不完全な中古マンションは、夏暑く、冬寒いだけではなく、結露が発生しやすくカビの発生も懸念されます。
ここでは、中古マンションの断熱リフォームについて紹介します。

中古マンションの断熱リフォームが必要な訳について

「中古マンションに断熱リフォームが必要なの?」という疑問は、多くの方がお持ちだと思いますので、断熱の重要性からご紹介します。

コンクリートの断熱性は低く、蓄熱性(熱を蓄えるための能力)が高い物質です。
マンションに断熱を施さなければ、マンションに使われているコンクリートに蓄えられた熱量によって、夏は暑く、冬は寒いといったとても住みづらい住宅になってしまいます。

例えば、夏の日差しによって熱を持ったコンクリートは、夜になっても熱が蓄積されたままなので室内の温度は下がりません。

冬は、夜、冷気や雪で冷やされたコンクリートは冷たいままで室内を冷やし続けます。

マンションは木造住宅に比べ高気密なのですが、逆に湿気が室内に留まりやすく、断熱を施さないと結露が発生しやすくなり、カビが発生する原因になります。

このようにマンションには断熱は不可欠で、一般的に外断熱と内断熱という方法があります。

内断熱は、ほとんどのマンションで行われていますが、20~30年前のマンションで雨漏りの発生がないものの、壁にカビが発生するようになったら、断熱リフォームを検討したほうが良いと考えられます。
内断熱は、室内側の壁に断熱材を貼りつける方法で、個人レベルでのリフォームが可能です。
一方、コンクリートの外側をすっぽり断熱材に包む外断熱は、内断熱より効果的だと言われていますが、中古マンションでは大規模な修繕工事を伴いますので、個人レベルでのリフォームは難しいと考えられます。

中古マンションの断熱リフォームにおける乾式(かんしき)断熱と湿式(しっしき)断熱

内断熱には、乾式断熱と湿式断熱があります。
乾式断熱では、下地を作ったコンクリート壁に、フェノバボードやスタイロボードといった発泡スチロールに似た板状の断熱材を張り付けていきます。



湿式断熱では、下地を作ったコンクリート壁に現場で発泡させた泡のような断熱材を吹き付けていきます。



乾式(かんしき)断熱と湿式(しっしき)断熱のメリットとデメリット

乾式断熱のメリットは施工が簡単で、コストが安い上、色々な断熱材が選べます。
逆にデメリットは、断熱材と断熱材の間にスキマができやすく、複雑な形状に対応することが難しいという点です。

一方、湿式断熱のメリットは、乾式断熱と真逆で、断熱材と断熱材の間にスキマができにくく、複雑な形状にも対応できます。
湿式断熱のデメリットは、8階以上のマンションには断熱材が圧送できないため、施工できません。

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

おしゃれなお風呂にリフォームしました

築15年、お風呂のカビが激しく、入り口ドアも壊れているの...

柏原市 T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
リフォーム予算の考え方
イメージ

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活...

[ 長屋リフォーム ]

雨漏りで困る陸屋根に屋根を新設するリフォーム
イメージ

築年数の古い陸屋根は、それまでのメンテナンスの仕方によって、雨漏りに悩ませられるケースをよく耳にします。...

[ 外装リフォーム ]

収納に関する様々な役割とアイデア
イメージ

家をリフォームするにあたってリフォームプランはそれぞれにおいて頭を悩ます事柄が多いことと思います。リフォ...

[ 室内リフォーム ]

長屋リフォーム 外観ビフォーアフター
イメージ

長屋などの築年数の古い建物のリフォームを考える際、完成後のイメージは気になるところです。「こんな古い建物...

[ 長屋リフォーム ]

ドラマのセットのようなおしゃれで都会的なお部屋で暮らしたい!
イメージ

この秋話題のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」は只今放映中ですがご覧になられていますか?タワーマンションを...

[ 全面まるごとリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ