コラム

 公開日: 2016-03-26  最終更新日: 2016-09-21

古家付き土地をリフォームして住む方法

建て売りの新築物件より、古家付き土地のほうが値段もお安く数も多いため、古家付き土地を購入して少しだけリフォームして住もうと考える方も多いと思います。
ここでは、築年数別に最低限必要なリフォームなどを紹介します。

古家付き土地で必ず必要なリフォームについて

古家付きの土地を購入したからといって、かならずしも高額なリフォームが必要ではありません。

古家の状態は、築年数や周辺の環境、これまでのメンテナンスによって大きく異なりますので、専門家に確認してもらうことをおすすめします。

住宅診断は、専門家の目で住宅に発生している問題を詳細に指摘してもらうことができ、修繕の計画を立ててもらうことができます。

住宅診断にかかる費用は、それほど高くはありませんし、各自治体から補助が受けられる可能性もありますのでご検討ください。

築5~10年の古家付き土地で必ず必要なリフォームについて

家のリフォームでは、経年劣化した構造部材を補修したり配管の交換を行います。家を支える構造や土台はとても大切なので、しっかりとチェックして問題がある場合は補強を行います。

キッチンやバス、トイレといった水まわりは、各メーカーなどが開発を行い機能性が上がっています。デザイン性も高いので、いろんなバリエーションの中から選ぶことができます。

こういった住宅設備を最新のものに交換することで、快適で便利な暮らしを実現することができます。
また、クロスや床の張り替えなどを行うと、住空間の印象も大きく変わります。間取りを変えるといった大規模なリフォームをしなくても、内装を変えることでイメージを一新することができます。

築年数の浅い物件、例えば、築5年の家付きの土地を購入した場合、住宅診断を行い問題が無ければ特にリフォームをせず、ハウスクリーニングのみで生活をスタートすることもできるでしょう。

しかし、築浅の物件でも人が住んでいない期間が長く、定期的に風を通すなどのケアが行われていない場合は、壁の内側や床下などがカビだらけで傷みが激しい場合もあるので注意してください。

築10年ほどの古家については、外壁や屋根などに損傷がある可能性もありますので、専門家にチェックをしてもらいましょう。
雨漏りなどの問題があれば、しかるべき対処を施してもらう必要があります。雨漏りは、建物の内部、構造にまで影響してしまうので、天井や壁に染みが出ている箇所以外、構造についてもチェックを行い補修しておきましょう。



また、畳やフローリング、壁紙の張り替え、ハウスクリーニングもおススメします。

築15~25年の古家付き土地で必ず必要なリフォームについて

築15~25年の古家については、築10年の古家と同様に外壁や屋根などに問題が発生する可能性があります。

築15~25年の古家では、過去に定期的にメンテナンスがされていなければ、外壁にひびが入っていたり、外壁材(サイディングボートなど)の継ぎ目が劣化している可能性が大きいので、メンテナンスを行ってください。継ぎ目などが傷んでいると、そこから雨水などが建物の内側に入り込んで、構造に影響を及ぼしていたり、壁の内側にカビが発生している可能性もあります。外壁材を守る塗装がはがれている可能性が高いので、外壁塗装も一緒に行うのがおすすめです。

また、屋根は劣化が激しく、葺き替えなければならない場合もあります。

古い家は断熱が施されていない場合が多いので、夏は熱く冬は寒いといった環境に悩まされることになります。
窓を二重窓にしたり内窓を付けたり、壁や天井に断熱材を施すなど、住宅の気密性を上げて外気の影響を受けにくい家づくりを行うのが良いでしょう。

室内は、古くなった畳やフローリング、壁紙を張り替える。住宅設備は、ひんやりとした印象のタイル張りのお風呂を保温性の高いユニットバスへ、節水効果も高く快適な温水洗浄トイレ、作業スペースやシンクが広くて使い勝手の良いキッチンなど、最新設備に交換すれば、物件自体が築年数を経ていても新築の頃のような輝きを取り戻します。

ただ、建物の構造、骨組レベルで老朽化が激しい場合はリフォーム費用が上がってしまう可能性があるので注意してください。

カラーベスト屋根の塗装のポイント
外壁塗装リフォームのポイント
使い勝手のいい適正サイズのキッチンリフォーム
水廻り4点リフォーム(キッチン・浴室・トイレ・洗面)はコスト

建替えsるよりリフォームする

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

背丈に合わせてキッチンをリフォームしてもらいました。

私は背が高く、以前から我が家のキッチンが低くて使いにくい...

尼崎市 K
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
二世帯住宅の最新事情
イメージ

へーベルハウスが『二世帯住宅』という商品名で発表し、売り出してから40年。すっかり二世帯住宅という名前が...

[ 全面まるごとリフォーム ]

リフォーム予算の考え方
イメージ

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活...

[ 長屋リフォーム ]

雨漏りで困る陸屋根に屋根を新設するリフォーム
イメージ

築年数の古い陸屋根は、それまでのメンテナンスの仕方によって、雨漏りに悩ませられるケースをよく耳にします。...

[ 外装リフォーム ]

収納に関する様々な役割とアイデア
イメージ

家をリフォームするにあたってリフォームプランはそれぞれにおいて頭を悩ます事柄が多いことと思います。リフォ...

[ 室内リフォーム ]

長屋リフォーム 外観ビフォーアフター
イメージ

長屋などの築年数の古い建物のリフォームを考える際、完成後のイメージは気になるところです。「こんな古い建物...

[ 長屋リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ