コラム

 公開日: 2017-05-08 

給湯器の歴史と最新の動向

お風呂を沸かしたり、シャワーを使ったり、私たちは普段から当たり前のように給湯器を使用しています。
給湯器は戦後のガス風呂釜の時代から様々な技術革新を経て、現在に至っています。
では給湯器の変遷はどのように普及してきたか、その歴史をさかのぼってみましょう。

ガス釜風呂からセントラル給湯へ

給湯器の需要は戦後の混乱期を抜け出した1950年代に増大します。ガス給湯器はもともと1930年(昭和5年)に国産第1号が発売されていましたが、戦後シャワーという入浴習慣を持つ進駐軍が、ガスのインフラ整備やガス器具開発を強く要望したという背景もあり、ガス会社が積極的に風呂釜の提供を拡大したのです。それまでの中心的な熱源が、薪・石炭という固形燃料の時代から、ガス・石油へと大きく転換を遂げていきました。1965年頃は、台所のガス小型湯沸器、内風呂(1963年家庭風呂普及60%)が普及する中で、小型タイプが主流だった湯沸器市場は浴室でのシャワーニーズの高まりにより、中型湯沸器でのセントラル給湯の時代を迎えます。


国産第一号ガス湯沸かし器

昭和のお風呂のイメージ

お風呂準備もワンタッチの「お風呂の自動化」

80年代以降は「お風呂の自動化」が加速されます。当時ほとんどの家電製品が自動化されている中で、お風呂の準備には2度、3度と浴室に足を運び、お湯を溢れさせたり熱くしたりしないよう確認する必要がありました。
そんなことから「お風呂の自動化」は必然の開発方向でした。
1983年には戸建て住宅で給湯器付き風呂釜ででの全自動化、1984年には集合住宅に対してFS設置型コンパクトガス給湯器での高温指し湯追い炊き、定量給湯で自動ストップ化機能が付いた製品が発表されます。

熱源の多様化で省エネ化が加速

給湯器の熱源としてガスだけではなく石油、電気もありますが、最近になると省エネ化の流れから、電気式の「エコキュート」、ガス式の「エコジョーズ」、電気式、ガス式を組み合わせた「ハイブリット給湯器」等が市場に参入してきています。
またガス中の水素と空気中の酸素との化学反応により発電する燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」も普及してきています。
2016年4月に電力小売り、2017年4月には都市ガスの自由化により消費者はライフプランに合わせ、自由に給湯機を選択できるようになりました。
給湯器も今後多種多様な商品が市場に投入され、省エネ化技術もより一層開発されていくものと思われます。


エネファーム

最新の給湯器の買い替え時期とその理由につて

では新しく給湯機を導入しようとする時、その時期と理由も探っておきましょう。
約5年前の給湯器の平均寿命は約13年と言われていました。
それは使用の頻度や設置環境により、8年で壊れるものから20年近く使用できるものまである中での平均値をとっているのでしょう。
では最新の住宅産業協議会の「リフォーム実施状況に関するアンケート調査」によると、15年で取替えたケースが一番多く、15年以上も使い続けているというケースもあるようです。
これは昨今の技術革新により給湯器の寿命は5年前より上がっているいう事なのでしょう。
ではどのようなきっかけで給湯器を取り換えたのでしょうか?
リビングアメニティ協会が実施した「住宅部品についての満足度調査」では「不具合が多発する」が一番多く、次いで「基本性能・使い勝手が劣化した場合」「省エネなどの環境を考慮する場合」という順になっています。
買い替えの傾向としては、故障などの理由が多いのですが、「省エネ」などの環境配慮も上位に入っていることから、性能面での買い替えも関心が高まっています。
最近では、熱源がガス・電気とも同じ量のお湯を作っても以前の機器よりエネルギーの使用量を減らし、Co2の発生を抑えて環境保護にも役立つ給湯器や、給湯と創エネを兼ね備えた機器など消費者が選ぶ際にも選択肢の幅が増えています。

給湯器はお風呂を沸かしたり、食器を洗ったりする等、使いたいときにすぐお湯が使える便利な住宅設備機器です。
長い歴史の中で進化してきた給湯器は、今や現在の暮らしには欠かすことのできない生活必需品です。
そしてその進化は壊れたから取り替えるものから、環境や自らのライフスタイルに合ったものを選択し、暮らしの向上へ役立てるものとして立場を変えてきました。
給湯器ひとつが暮らしを変えるといっても過言ではありません。
その暮らしを変えるひとつとして、給湯器の交換時期にはライフスタイルに合った給湯器を選択してみてはいかがでしょうか。

給湯器の寿命?
宅内の給水管が漏水している!?
水廻り設備の移動について
3点ユニットをセパレートにするマンションリフォーム①

リフォームワーク社長のブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

背丈に合わせてキッチンをリフォームしてもらいました。

私は背が高く、以前から我が家のキッチンが低くて使いにくい...

尼崎市 K
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ペットと快適に暮らすアイデアをいろいろ考えながらリフォーム
イメージ

少子化の波はますます拍車をかける一方で、ペット人口は急増し、小中学生の子供がいる家庭よりも、ペットの犬猫と...

[ ペットリフォーム ]

マンションリフォームの費用の目安と定額制リフォームについて
イメージ

自宅のリフォームを考えるにあたり、費用の目安というのは重要な事柄のひとつです。費用の大小によってリフォー...

[ マンションリフォーム ]

1間半間口の長屋に無理なく1216サイズのユニットバスを入れるリフォーム
イメージ

長屋など間口の狭い古家は間取りの配置にいろいろと頭を悩ませることが多々あります。特に1間半間口の家は、い...

[ 長屋リフォーム ]

長屋リフォームにおいての古家の外壁改修のいろいろ
イメージ

長屋などの古家の全面改装リフォームを行う場合、構造や設備、あるいは内装などに加え、外壁をどのように改修する...

[ 長屋リフォーム ]

システムキッチンの人気設備ランキングと購入理由
イメージ

 システムキッチンの購入理由は「掃除性」が上位 システムキッチンを購入した主婦は、何にこだわってオプショ...

[ キッチンリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ