コラム

 公開日: 2017-10-02 

怒りはコントロールできる 6秒ルール

 人それぞれ、考え方やリズムが異なるので、人との関わりの中で「イラっとする」や「怒る」ことは、避けられません。これがプライベートであれば、二度と会わないなど、関わりをなくすることができる時もありますが、仕事での上司部下、同僚では、簡単に関わりをなくすことはできません。
 ところで、1970年代にアメリカではアンガー(怒りやいら立ちといった感情)をマネジメント(管理)するための教育が、大企業の社員研修やスポーツ選手や政治家、子供たちまで幅広い人々に行われています。
 そこで、「イラっとする」や「怒る」を軽減する方法として、そのアンガーマネジメントの「怒りの6秒ルール」を活用することできます。怒りは6秒しか続かないので、その6秒をやり過ごすと怒りが和らぐことできます。
 そして、自分と相手が違うことを認識し、考え方やリズムの違いを認めることで、相手をポジティブに見られるようになることがあります。
 パワハラが社会的に問題になっている現在、「怒る」「キレる」は部下・同僚との関係を悪化させるだけでなく、会社にいられなく可能性もあります。
 自分の中に起こる怒りやいら立ちといった感情(アンガー)と上手に付き合ってはいかがでしょうか?

 どうしても、キレてしまうなど、自分の感情のコントロールができない人は、自分だけの呪文を作ってはいかがでしょうか?
 例えば、 
  ワ・ン・チ・ー・ム・うん
  1・2・3・4・5・6
 など

「マネジメント」に関するコラム一覧は、こちらをご覧ください。

この記事を書いたプロ

岡村善裕 [ホームページ]

中小企業診断士 岡村善裕

大阪府高槻市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
観光ビジネス未来白書

 「中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術」は、大阪府中小企業診断協会の中小企業診断士8名が執筆を担当しています。 本書は、食品衛生7S活動を食品衛...

支援メニュー

 HACCP義務化に向けて食品関連企業は、さまざな取組が行われています。 HACCPには、基準A、基準Bが予定されており、 基準Aは、食品関連企業が、HACCP の7 原則(1...

 
このプロの紹介記事
中小企業診断士 岡村善裕さん

製薬企業での経験を異業種でも生かす(1/3)

 製薬会社で研究開発に携わっていた経験を持ち、現在は中小企業診断士として食品衛生管理などについてのアドバイスを行っている岡村さん。薬の開発と食品の衛生管理はどうつながっているんでしょうか。 「医薬品の衛生管理はずば抜けて厳しいんです。衛生...

岡村善裕プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

製薬会社での経験を生かし、食品衛生管理についてアドバイスする

屋号 : 岡村善裕
住所 : 大阪府高槻市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

岡村善裕(おかむらよしひろ)

岡村善裕

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
年度目標の設定 - ROA経営
イメージ

 新しい年度に向けて各社とも経営計画を立てるところが多いとおもいます。 今回は、全社で1つも目標に向かっ...

[ マネジメント ]

食品衛生7S
イメージ

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)で...

[ 食品安全 ]

突き放す厳しさ

 管理職は期待に応えられない部下を突き放す厳しさを持つことは大切です。ただし、見放すのではありません。...

[ マネジメント ]

コミュニケーションスキル

 JALの国内線機内(skyward 2013年2月号)で、キャプテンの航空教室 / パイロットに必要とされる「言語技術」と...

[ マネジメント ]

「叱る」「怒る」「キレる」ではなく、「教える」

 仕事をしているとミスは付きものです。本人も決してミスをしたいと思って、仕事をしているのではありません。保...

[ マネジメント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ