コラム

 公開日: 2018-02-05 

繰り返し教育する

 「人間は忘れる動物」とよく言われます。「エビングハウスの忘却曲線」によると、記憶は、覚えた1時間後には50%以上を忘れ、1日後に約75%を忘れ、その後、残った記憶はゆっくりと忘れていき、長く保持されるとされています。また、カナダのウォータールー大学の研究結果(Curve of Forgetting)では、復習によって記憶がよみがえるとされています。

 ところで、新しいSOPや組織内の取り決めを行った時に、関係する人に対して、説明若しくは教育訓練が行われます。そして、導入時の1回だけでなく、繰り返しの教育訓練が必要になります。
 繰り返しの教育は、
 ① 時事ネタを引用しながら朝礼などで何度も話す
 ② 社外の講習会に参加した人が、そのフィードバックを行う
 ③ 外部講師を招聘する
 ③ 適宜・定期の改定毎にSOPを再確認する
 などが上げられます。

 繰り返しの教育は、「組織作り、人づくり」の基本です。
 改めて、教育のやり方を考えてみてはいかがでしょうか?

 最後に、上司が模範となることが、大切です。部下に対して言うだけではなく、上司も日頃からが新たな知識を学習することが大切です。

「マネジメント」に関するコラム一覧は、こちらをご覧ください。

この記事を書いたプロ

岡村善裕 [ホームページ]

中小企業診断士 岡村善裕

大阪府高槻市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
食品安全

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)です。 工業分野で用いられる5S(整理・整頓・清掃...

支援メニュー

 HACCP義務化に向けて食品関連企業は、さまざな取組が行われています。 HACCPには、基準A、基準Bが予定されており、 基準Aは、食品関連企業が、HACCP の7 原則(1...

 
このプロの紹介記事
中小企業診断士 岡村善裕さん

製薬企業での経験を異業種でも生かす(1/3)

 製薬会社で研究開発に携わっていた経験を持ち、現在は中小企業診断士として食品衛生管理などについてのアドバイスを行っている岡村さん。薬の開発と食品の衛生管理はどうつながっているんでしょうか。 「医薬品の衛生管理はずば抜けて厳しいんです。衛生...

岡村善裕プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

製薬会社での経験を生かし、食品衛生管理についてアドバイスする

屋号 : 岡村善裕
住所 : 大阪府高槻市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

岡村善裕(おかむらよしひろ)

岡村善裕

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
食品衛生7S
イメージ

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)で...

[ 食品安全 ]

サービス・製品開発とは
イメージ

 開発視線で、「これはすごいと」と思ったサービス・製品・会社は何がありますか? 私の場合は、例えば、革新...

[ 製品開発 ]

年度目標の設定 - ROA経営
イメージ

 新しい年度に向けて各社とも経営計画を立てるところが多いとおもいます。 今回は、全社で1つも目標に向かっ...

[ マネジメント ]

中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術
イメージ

 「中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術」は、大阪府中小企業診断協会の中小企業診断士8名が執筆を担...

[ 食品安全 ]

「観光ビジネス未来白書 2018年版」を発刊しました。
イメージ

 「観光ビジネス未来白書」は、観光ビジネス研究会所属の中小企業診断士が執筆を行い、観光振興を目的として、200...

[ 観光 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ