コラム

 公開日: 2018-06-11 

2017年の食品回収等

 一般財団法人食品産業センターの食品事故情報告知ネットによると2017年1月〜12月の事故情報の状況は、年間総件数750件で、2016年の839件よりも大幅な減少となったが、2009年以降増加傾向になっています。なお、月別に見ると昨年及び一昨年同様に下半期に若干の増加傾向が見られます。
 告知理由別では「不適切な表示」が最多で、次いで「期限表示の誤記」となっています。なお、「アレルゲンの誤表示」「設定期限を超えて誤記」「カビ、酵母等の微生物の混入」が告知理由の上位3位であることは、2009年以降同じです。また、「異物(夾雑物を含む)の混入」に関して、「ガラス片や金属等硬質異物」と「昆虫・毛髪等生物由来異物、及び軟質異物の混入」の合計で見ると、徐々に増加の傾向となっています。
 
回収等の告知事例

 なお、食品の表示は、これまで食品衛生法、JAS法及び健康増進法の法律に定めがあり、非常に複雑なものになっていました。しかし、これらの3つの法律の食品の表示に係る規定を一元化した「食品表示法」が平成25年6月28日に公布されました。そして、「食品表示基準」が策定され、「食品表示法」が平成27年4月1日に施行されました。食品表示法の経過措置期間は、加工食品及び添加物が平成32年3月31日まで、生鮮食品は経過期間が既に終了しています。

この記事を書いたプロ

岡村善裕 [ホームページ]

中小企業診断士 岡村善裕

大阪府高槻市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
食品安全

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)です。 工業分野で用いられる5S(整理・整頓・清掃...

支援メニュー

 HACCP義務化に向けて食品関連企業は、さまざな取組が行われています。 HACCPには、基準A、基準Bが予定されており、 基準Aは、食品関連企業が、HACCP の7 原則(1...

 
このプロの紹介記事
中小企業診断士 岡村善裕さん

製薬企業での経験を異業種でも生かす(1/3)

 製薬会社で研究開発に携わっていた経験を持ち、現在は中小企業診断士として食品衛生管理などについてのアドバイスを行っている岡村さん。薬の開発と食品の衛生管理はどうつながっているんでしょうか。 「医薬品の衛生管理はずば抜けて厳しいんです。衛生...

岡村善裕プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

製薬会社での経験を生かし、食品衛生管理についてアドバイスする

屋号 : 岡村善裕
住所 : 大阪府高槻市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

岡村善裕(おかむらよしひろ)

岡村善裕

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
改正食品衛生法成立
イメージ

 第196回国会で「食品衛生法等の一部を改正する法律案改正食品衛生法」(改正食品衛生法)が、参議院で4月13日に...

[ 食品安全 ]

食品衛生7S
イメージ

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)で...

[ 食品安全 ]

サービス・製品開発とは
イメージ

 開発視線で、「これはすごいと」と思ったサービス・製品・会社は何がありますか? 私の場合は、例えば、革新...

[ 製品開発 ]

年度目標の設定 - ROA経営
イメージ

 新しい年度に向けて各社とも経営計画を立てるところが多いとおもいます。 今回は、全社で1つも目標に向かっ...

[ マネジメント ]

中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術
イメージ

 「中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術」は、大阪府中小企業診断協会の中小企業診断士8名が執筆を担...

[ 食品安全 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ