コラム一覧 :製品開発

1件~4件(4件)

サービス・製品開発の流れ

 新サービス・新製品開発の流れは、経営戦略をベースに、マーケティング戦略に沿った新サービス・新製品の開発が行われます。新サービス・新製品の開発に着手する前に作成される起案書には、販売計画や費用対効果のみる財務的な計画も必要になります。 経営戦略の確認 / 見直し  まず、... 続きを読む

製品開発

2018-05-07

サービス・製品開発とは

イメージ

 開発視線で、「これはすごいと」と思ったサービス・製品・会社は何がありますか? 私の場合は、例えば、革新的な技術で万年筆を作っている「ウォーターマン」が挙げられます。 【ウォーターマンの技術革新】  1883年:毛細管現象を利用したペン先を開発  1899年:インク漏れ防止シ... 続きを読む

製品開発

2018-04-02

ターゲット・プロダクト・プロファイル(TPP )

 製品開発において、事業化に向けて気になるのが経済性評価です。経済性評価は、仮説のもとに将来の売上や利益を予測することになります。よって、製品特性や競合優位性を明確にした上で、仮説を立てる必要があります。 医薬品開発において、用いられる手法としてターゲット・プロダクト・プ... 続きを読む

製品開発

2017-03-13

狩野モデル

イメージ

 売上や利益を伸ばすためには、自社の製品やサービスを時代に合わせて新たなものに作り変える必要があります。そして、製品やサービスの開発には、フィリップ・コトラーの “Marketing is a human activity directed at satisfying needs and wants through exchange process.(マーケティングとは... 続きを読む

製品開発

2017-02-06

1件~4件(4件)

RSS
セミナー・イベント
食品安全

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)です。 工業分野で用いられる5S(整理・整頓・清掃...

支援メニュー

 HACCP義務化に向けて食品関連企業は、さまざな取組が行われています。 HACCPには、基準A、基準Bが予定されており、 基準Aは、食品関連企業が、HACCP の7 原則(1...

 
このプロの紹介記事
中小企業診断士 岡村善裕さん

製薬企業での経験を異業種でも生かす(1/3)

 製薬会社で研究開発に携わっていた経験を持ち、現在は中小企業診断士として食品衛生管理などについてのアドバイスを行っている岡村さん。薬の開発と食品の衛生管理はどうつながっているんでしょうか。 「医薬品の衛生管理はずば抜けて厳しいんです。衛生...

岡村善裕プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

製薬会社での経験を生かし、食品衛生管理についてアドバイスする

屋号 : 岡村善裕
住所 : 大阪府高槻市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

岡村善裕(おかむらよしひろ)

岡村善裕

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
改正食品衛生法成立
イメージ

 第196回国会で「食品衛生法等の一部を改正する法律案改正食品衛生法」(改正食品衛生法)が、参議院で4月13日に...

[ 食品安全 ]

食品衛生7S
イメージ

 “食品衛生7S”は、食品安全ネットワークが提唱する衛生管理手法(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)で...

[ 食品安全 ]

サービス・製品開発とは
イメージ

 開発視線で、「これはすごいと」と思ったサービス・製品・会社は何がありますか? 私の場合は、例えば、革新...

[ 製品開発 ]

年度目標の設定 - ROA経営
イメージ

 新しい年度に向けて各社とも経営計画を立てるところが多いとおもいます。 今回は、全社で1つも目標に向かっ...

[ マネジメント ]

中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術
イメージ

 「中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術」は、大阪府中小企業診断協会の中小企業診断士8名が執筆を担...

[ 食品安全 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ