コラム

 公開日: 2012-10-29  最終更新日: 2014-05-23

死因贈与か遺贈かを選ぶには ☆遺言・相続vol.10⑦☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
死因贈与か、あるいは遺贈か?すべて「贈」がついていますが、区別できますか?

死因贈与と遺贈は、どちらも所有者の死亡によって所有権が移転します。
自分が亡くなったら、この不動産をBさんにあげたい、あるいは贈与したいと。
相談者Aさんの意思は、確かに所有権をBさんに移転したいということに間違いがないのですが、
死因贈与と遺贈、どちらをということでもない方が多いようです。

そして、私の仕事は、根掘り葉掘りと尋ねることから始まります。
着物を着るために、美容室で髪を結ってもらったりしますが、
着物といっても、留袖を着るのか、小紋を着るのかで、結ってもらう髪型が違います。
韓国ドラマのチャングムでも、冷たい水がいいのか、温い水がいいのか、
相手の体調によって、違ってくると言っていましたっけ・・・。

自分が亡くなったら、不動産をBさんに上げようという話でも、
死因贈与もあれば、遺贈もあるわけです。
どちらが正解ということはありません。
何が相応しいか?何を望んでおられるか?
これを、それぞれのメリット・デメリットを説明して、その方の事情をよくお尋ねします。
場合によっては、メリットと思っていたものがそうでなかったり、
また逆であったりするので、一概には決められません。

死因贈与も遺贈も、それぞれ説明されても、決めかねることが通常だと思うので、
相談者にとってのベストな選択は何か?それに応えるための、先ずは、根堀り葉堀りです。
そこまでして、やっと満足していただけると思っています。

死因贈与は契約ですので、AさんBさん両者の合意で成り立っています。
遺贈は、Bさんには知らせずに、Aさんがこっそりと遺言を書いておくこともできます。
ケースバイケースですね。

死因贈与は、Aさんだけで取り消すことはできません。
それが、プラスなのかマイナスなのか。

死因贈与は、Aさんの生前から「始期付所有権移転仮登記(始期 Aさんの死亡)」という登記ができるので、Bさんの保護に厚いとか、Aさんも、それを喜んでいただけるのか、とか。

遺贈は、Aさんが一方的に、Bさんに断りなく取り消すこともできるし、
別のCさんに遺贈したり、売買したりすることも可能です。
これがAさんにとってプラスなのかマイナスなのか。
Bさんにとっては、どうなのか。

ご相談者から、取り消しの違いはどうですかとか、
権利の保護に厚いのはどちらですか等という質問は、なかなか出てきません。
「何がわからないかが分からない」のが当たり前。

だからこそ、見逃している事情がないのかどうか、
決して質問攻めにはしませんが、時間をかけてお尋ねしています。

笑顔の和が広がりますように

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

遺言作成の相談相手をお探しの方。
遺族に負担をかけたくないと思っていらっしゃる方。
遺言に限らず、遺族の生活を守る相談をしたいと思っている方。
佐井司法書士事務所では、ご相談を承っております。
お気軽にご連絡下さい。
ご連絡は、こちらまで(http://www.sai-shihou.jp/inquiry/index.html)
     お電話では(06-6365-1755)「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.com


この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産相続をお願いして

お仕事を依頼したのははじめてでしたが、佐井先生とは古くか...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
テミス通信第24号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2016年11月・第24号を発行いたしました。今号の記事・相...

[ テミス通信 ]

遺言作成の相談先 ☆遺言・相続vol.9⑬☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続登記のご依頼をいただくなかで、遺言を書きたいと思うけど、いったい...

[ 遺言・相続 ]

相続財産承継業務 こんな時に ☆遺言・相続vol.9⑯☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続人が数名といった場合に、その内の一人に様々な手続が集中することは良...

[ 財産承継業務 ]

相続人に代わって、銀行口座の解約手続 ☆遺言・相続vol.9⑮☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続が発生すると、銀行口座は凍結となります。遺言があれば、それを解約...

[ 財産承継業務 ]

成年後見人の財産管理方針 ☆成年後見vol.12⑯☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。成年後見人は、財産を運用して増やしたり、積極的に消費したりといったこと...

[ 後見人周りのこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ