コラム

 公開日: 2013-06-01  最終更新日: 2014-05-23

相続の相談 タイミングと持ち物 ☆遺言・相続vol.9⑪☆



こんにちは、司法書士佐井惠子です。
相続のご相談時には、亡くなった方の戸籍謄本と固定資産税の課税明細書をお持ちください。
相談のタイミングは、銀行の預貯金引出の前がベストです。
印鑑も、お忘れなく。

相続のご相談をお受けするときに、最初にお尋ねするのは、遺言の有無です。
遺言は見つからないけれど、確か、公証役場で遺言を作ったと聞いたことがある。
そんな時には、遺言をもう一度作成してもらうことができるので、お話し下さい。

遺言がなければ、お話しを伺って、相続人を特定していきます。
それを、戸籍謄本を集めていって、確定することになります。
戸籍といっても、一通では足りません。
例えば、お亡くなりになったのがお父様の場合、生まれてから亡くなるまでの戸籍が必要です。
例えば、お亡くなりになったのがご兄弟の場合、ご兄弟の戸籍の他に、
ご両親それぞれの、生まれてから亡くなるまでの戸籍が必要です。

一度に、これらの戸籍を集めることは困難です。
どこに、どの戸籍を請求したらいいか、分かりません。
そこで、亡くなった方の死亡の記載がある戸籍謄本をお持ちいただきます。
そこから、次々に「その先の戸籍」「その先の戸籍」を辿っていくことになります。

この戸籍は、不動産の登記に限らず、銀行の手続きや保険請求など、相続手続き一般に共通するものです。
その、相続手続きの一番大変な部分は、銀行も保険会社も代わってやってくれません。
そういう意味で、最初にご相談いただくのがベスト。
この部分を、お手伝いさせていただきます。

そして、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)がお手元にあれば、コピーでも、古いものでもかまいません。
事務所で、登記情報をオンラインで取得することもできますので、
わざわざ法務局で取り寄せていただく必要はありません。

登記簿謄本がない時には、地番や家屋番号をお教えいただかないといけません。
ところが、ご自宅であっても、住居表示で表す住所とは違う番号である場合もあり、
正しい地番を覚えている方は、少ないでしょう。
そんなこともあり、登記簿を調べるために、固定資産税の課税明細書をお願いしています。
そこに、地番や家屋番号が載っているので、登記情報が取得できるのです。

また、費用の概算をお尋ねいただくことも多いですね。
その時に、登録免許税や司法書士の報酬を計算するベースとなるものが、不動産の固定資産税の評価額です。
固定資産税の課税明細書を相談時にお持ちいただくと、概算でよろしければ、その場で計算することができます。

固定資産税の課税明細書がない?
それなら、登記済権利証があれば、それでもOKです。
その場合には、登記費用は、後日とさせていただきますね。

後は、ご相談のときに。

笑顔の和が広がりますように

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.jp

この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産相続をお願いして

お仕事を依頼したのははじめてでしたが、佐井先生とは古くか...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
テミス通信第24号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2016年11月・第24号を発行いたしました。今号の記事・相...

[ テミス通信 ]

遺言作成の相談先 ☆遺言・相続vol.9⑬☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続登記のご依頼をいただくなかで、遺言を書きたいと思うけど、いったい...

[ 遺言・相続 ]

相続財産承継業務 こんな時に ☆遺言・相続vol.9⑯☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続人が数名といった場合に、その内の一人に様々な手続が集中することは良...

[ 財産承継業務 ]

相続人に代わって、銀行口座の解約手続 ☆遺言・相続vol.9⑮☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続が発生すると、銀行口座は凍結となります。遺言があれば、それを解約...

[ 財産承継業務 ]

成年後見人の財産管理方針 ☆成年後見vol.12⑯☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。成年後見人は、財産を運用して増やしたり、積極的に消費したりといったこと...

[ 後見人周りのこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ