コラム

 公開日: 2014-02-09  最終更新日: 2014-04-03

任意後見人の代理権の範囲はできるだけ広く ☆vol.11⑩☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
10年ほど前、後見制度がスタートした頃、今の社会を想像できていたでしょうか。
銀行窓口を代表とする様々な手続に、本人確認が厳しくなり、
例えご家族といえども、ご本人に代わって、あるいはご本人として手続ができなくなってきています。

任意後見契約は、
委任者が、受任者に対し、精神上の障害により判断能力が不十分な状況における
自己の生活、療養看護および財産の管理に関する事務の「全部または一部」を委託し、
その委託に関する事務について代理権を付与する委任契約です。

この契約は、将来を心配して、今、締結するものです。
自分が気になっているのは、「このことだけ」。
他は親族でも何とかなるし、何から何まで全部代わってやってもらわなくても良い等と、
そう思っている方がいるかもしれません。

確かに、「一部」を委託する任意後見契約は有効だと言いました。
でも、それは有効ではあっても、不充分です。
任意後見契約では、代理権を広く「全部」をカバーするようにしておくのがポイントです。

その理由は、いざ任意後見人が働く場面で、
代理権の範囲の外の事務をする必要がでてきた場合には、任意後見人では対応できません。
それならばと、法定後見制度を利用するとなると、任意後見契約は効力を失ってしまいます。
任意後見と法定後見は並立しないのです。
せっかく、「このことだけは。」と、本人が契約していたことが叶わなくなってしまいます。

任意後見契約の場合、代理権の範囲を広くとっておいても、
本人の行為能力を制限するものではありません。
つまり、代理権の範囲を広くとっても、それによって、本人のできることが狭められるという心配はありません。
本人もできるし、任意後見人も必要とならば代わってできるということです。

任意後見人が働くような事態とならないことが、ご本人にとって一番幸せですが、
そうなるときが、10年後あるいは15年後となると、
その頃、私たちの想像を超えている社会になっているかもしれません。

任意後見契約を締結するときは、考えられる「全部」を、
1人の任意後見人に、あるいは複数の任意後見人に委託するようしたいものです。

笑顔の和が広がりますように

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.jp
☎06-6365-1755

この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産相続をお願いして

お仕事を依頼したのははじめてでしたが、佐井先生とは古くか...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
テミス通信第24号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2016年11月・第24号を発行いたしました。今号の記事・相...

[ テミス通信 ]

遺言作成の相談先 ☆遺言・相続vol.9⑬☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続登記のご依頼をいただくなかで、遺言を書きたいと思うけど、いったい...

[ 遺言・相続 ]

相続財産承継業務 こんな時に ☆遺言・相続vol.9⑯☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続人が数名といった場合に、その内の一人に様々な手続が集中することは良...

[ 財産承継業務 ]

相続人に代わって、銀行口座の解約手続 ☆遺言・相続vol.9⑮☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続が発生すると、銀行口座は凍結となります。遺言があれば、それを解約...

[ 財産承継業務 ]

成年後見人の財産管理方針 ☆成年後見vol.12⑯☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。成年後見人は、財産を運用して増やしたり、積極的に消費したりといったこと...

[ 後見人周りのこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ