コラム

 公開日: 2014-10-13 

養子縁組前の養子の子が代襲相続人になる場合 ☆遺言・相続vol.9⑱☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
養子縁組前の養子の子、簡単にいえば「養子の連れ子」は、
養子が養親より先に亡くなった場合、養親の遺産を養子に代わって相続できません。
ところが、これには例外があります。
今日は、そのお話し。

娘Bの父Aの養子となったCが、死亡。その後に父Aが死亡したとき。
BC間には、縁組前に生まれたDと縁組後に生まれたE。
Bは相続人となりますが、亡きCに代わって相続する代襲相続人に
縁組前に生まれたDはなれるかという問題です。

養子は、養子縁組をして初めて、養親や養子の血族との間に親族関係を形成します。
逆にいえば、養子縁組前の養子の子と養親との間には、親族関係は生じません。

被相続人の子が相続開始前に死亡したときは、その子どもが代襲相続人となりますが、
「被相続人の直径卑属でない者」を代襲相続人の範囲から排除する民法887条2項ただし書きによって、
養子縁組前の養子の子どもには、代襲相続権を認めていないのです。

その理由は、大阪高裁平成元年8月10日第7民事部判決によれば、
血統継続の思想を尊重するとともに、親族共同体的な観点から相続人の範囲を親族内に限定することが相当であると考えられたことと説明されていますが、
単身養子の場合を思い描いてみていただくと分かりやすいと思います。
縁組前の養子の子が他で生活していて、養親とは何ら係わりがない場合。
これに代襲相続権を与えることは不合理であると考えるわけです。

ところがこのケースは、Dは、養子Cの子であると同時に、娘Bの子でもあります。
Dは、娘Bを通じて、被相続人Aの直径卑属にあたります。
このような場合、DとEを、生まれたのが、養子縁組前か後かで
代襲相続権の有無を決めるのは極めて不合理であるとして、
先の判決は、D、Eともに代襲相続権を認めました。

ちなみに、同様の事例で、昭和35年8月5日民事甲第1997号民事局第二課長回答によって、
縁組前の養子の子に代襲相続権を認めています。

Dの代襲相続権を認めることで、DやE以外の、他の相続人の相続分に影響はありません。
今回の場合も、養子Cの法定相続分をDとEで分け合うこととなります。

相続人確定の際には、注意が必要です。

私たちは、笑顔の和を広げます。

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.jp
☎06-6365-1755

この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産相続をお願いして

お仕事を依頼したのははじめてでしたが、佐井先生とは古くか...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
テミス通信第24号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2016年11月・第24号を発行いたしました。今号の記事・相...

[ テミス通信 ]

遺言作成の相談先 ☆遺言・相続vol.9⑬☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続登記のご依頼をいただくなかで、遺言を書きたいと思うけど、いったい...

[ 遺言・相続 ]

相続財産承継業務 こんな時に ☆遺言・相続vol.9⑯☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続人が数名といった場合に、その内の一人に様々な手続が集中することは良...

[ 財産承継業務 ]

相続人に代わって、銀行口座の解約手続 ☆遺言・相続vol.9⑮☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続が発生すると、銀行口座は凍結となります。遺言があれば、それを解約...

[ 財産承継業務 ]

成年後見人の財産管理方針 ☆成年後見vol.12⑯☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。成年後見人は、財産を運用して増やしたり、積極的に消費したりといったこと...

[ 後見人周りのこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ