コラム

 公開日: 2018-05-21  最終更新日: 2018-05-26

戸籍の代わりとして法定相続情報証明 ☆遺言・相続 VOL.10⑧☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
法定相続情報証明制度は、従来通り、戸籍等で相続関係を証明する方法に代えることができる制度ですが、利用できない場合もあります。
ここでは、法定相続情報制度が利用できないケースをお伝えします。
なお、法定相続情報証明制度が「利用できなくても」、「利用できたとしても」、これまでと変わらず、戸籍等で相続手続を行うことができることに変わりはありません。


1.Aが死亡し、子B,子Cが相続人となり(一次相続)、相続手続をしない内に、子Bが死亡したケース。子B(二次相続)の相続人は、配偶者Dと子E。
子Cは、Aの相続手続きに必要な法定相続情報証明を取得することができるでしょうか。

 法定相続情報証明は、一つの相続についての証明ですので、Aの死亡により最終的に誰が相続人となったかを知るには、Aについての法定相続情報証明とBについての法定相続情報証明の2つが必要です。

Aについての法定相続証明情報証明は、相続人である子Cが申し出ができます。この他に、相続人Bの地位を相続により承継したBの配偶者DやBの子Eも申出ができます。
 Bの相続(二次相続)についても、このケース、Cには利害関係がありますが、CはBの相続人ではないため、申出人とは認められていません。Bについての法定相続情報証明は、Bの配偶者DやBの子Eの申出が必要となります。


2.法定相続情報証明の交付を申出るためには、Aが生まれてから死亡するまでの間の戸籍等を提出する必要がありますが、市役所の除籍謄本の保存期間経過のため、古い除籍謄本の交付を受けることができませんでした。不動産の相続登記にあたっては、Aの12歳位から死亡までの戸籍等の提出があればよいとされているので、今ある戸籍等で法定相続情報証明の申出をすることができるでしょうか。

 法定相続情報証明制度は、あくまでも戸籍等の代わりとするものですので、生まれてから死亡するまでの戸籍等が切れ目なく揃っていなければ、交付を受けることはできません。この様な場合には、従来通り、Aの12歳位から死亡までの戸籍等の提出をすることで相続手続きをすることになります。


3.被相続人が外国籍である場合や、国際結婚をしていて、相続人である配偶者が外国籍といった場合、法定相続情報証明を申出できるでしょうか。

被相続人であれ、相続人であれ、日本国籍を有しない場合には戸籍等に記載されません。従って、これを添付することができないので、法定相続情報証明制度は利用できません。


法定相続情報についての先のコラム先のコラムはこちら。
司法書士にご依頼の際のひと言アドバイスはこちら。
法定相続情報についての追加のコラムは、こちら。
法定相続情報証明の利用できるケースは、こちら。

司法書士佐井惠子

この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副所長プロフィール
山添健志 プロフィール

(やまぞえたけし)【経  歴】 兵庫県伊丹市生まれ。 2010年 3月 立命館大学法学部卒業 2011年11月 司法書士試験合格 2011年12月 ...

ご相談等の流れ

まずはメールまたは電話でご連絡ください。 業務は平日の9:00~18:00とさせていただいております。 メールにつきましては、いつでもお送りください。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

成年後見や相続、信託など「家族の問題」への対応

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「わかりました。やってみましょう」に救われました

私が佐井司法書士法人を訪ねたのは平成29年8月、遺産分割協議...

粟津 仁
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
取締役会議事録(理事会議事録)への記名押印
イメージ

 取締役会議事録へ記名押印すべき者  取締役会議事録を作成した場合については、会社法に基づき、出席した...

[ 企業法務 ]

登記簿に婚姻前の氏を記録できる制度
イメージ

 改正経緯  平成27年(2015年)2月27日より、商業登記簿の役員欄に氏名が記載されている者について...

[ 会社の登記 ]

テミス通信第33号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2018年5月・第33号を発行いたしました。今号の記事・読者...

[ テミス通信 ]

戸籍の代わりとして法定相続情報証明 ☆遺言・相続vol.10⑤☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。2017年(平成29年)5月29日から、全国の登記所において、相続手続きに必要...

[ 遺言・相続 ]

親族後見人 特有の留意点 ☆成年後見No.13⑦☆

誰だって、自分のことがどうなっているのかを知りたいと思うことは当然なことです。親族後見人、保佐人、補助人...

[ 親族後見人 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ