コラム

 公開日: 2010-11-02  最終更新日: 2011-04-10

相続不動産の抵当権抹消登記 ☆遺言・相続vol.4⑳☆


みなさん、こんにちは。司法書士 佐井惠子です。
相続が発生してから、相続人が弁済して抵当権を抹消するには、
所有権について相続登記を済ませる必要があります。

遺産分割協議が終わらなくても、銀行から返却された書類を使って、
抵当権を抹消しておきたいお気持ちは良くわかりますが、
抵当権の抹消だけを先に済ませることはできません。
ですので、普通のご相談では、遺産分割が整うまでは、抹消関係書類を
大事に保管しておいて下さいというお返事となります。

今日のご相談は、相続人甲からのもので、他には乙・丙の二人が相続人のケース。
特殊なのは、相続人丙の行方がわからないため、遺産分割協議をすぐにはできず、
不動産の所有権移転登記をするには、時間がかかりそう。
でも、共同相続人乙の債務を担保する抵当権が設定してあって、
しかも、他にも借金がある模様。乙が支払えなくて、不動産が差押えられても困る。
そこで、相続人甲が乙の債務を肩代わりするかわりに、乙の持分を取得しておきたい。
と、いったものでした。

そこで、私の提案は以下のとおりでした。
まず、遺産分割協議は今の状態ではできないので、
法定相続分に従って、甲が代表して相続による所有権移転登記をする。
全員の委任がなくても、保存行為として、相続人の1人から相続登記ができます。
持分は、甲・乙・丙各三分の一の法定相続分。
 
次に、乙の相続分を甲に譲渡します。乙の共有持分全部移転登記。
原因は、年月日売買としましょうか。

同時に、甲が代表して抵当権を抹消します。原因は、年月日弁済。
甲が支払った売買代金で、乙が銀行に支払います。

これで、乙の借金の心配はしなくてよくなりましたので、
丙を見つけ出して、甲と丙が遺産分割協議をし、最終的に甲の単独に・・・!
という、絵が描けました。

今回は、乙の借金問題があったため、特殊ですが、
抵当権の抹消は、相続による所有権移転登記が終わってからでないと
できないということをご理解下さい。

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.com

この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副所長プロフィール
山添健志 プロフィール

(やまぞえたけし)【経  歴】 兵庫県伊丹市生まれ。 2010年 3月 立命館大学法学部卒業 2011年11月 司法書士試験合格 2011年12月 ...

ご相談等の流れ

まずはメールまたは電話でご連絡ください。 業務は平日の9:00~18:00とさせていただいております。 メールにつきましては、いつでもお送りください。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

成年後見や相続、信託など「家族の問題」への対応

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「わかりました。やってみましょう」に救われました

私が佐井司法書士法人を訪ねたのは平成29年8月、遺産分割協議...

粟津 仁
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
取締役会議事録(理事会議事録)への記名押印
イメージ

 取締役会議事録へ記名押印すべき者  取締役会議事録を作成した場合については、会社法に基づき、出席した...

[ 企業法務 ]

登記簿に婚姻前の氏を記録できる制度
イメージ

 改正経緯  平成27年(2015年)2月27日より、商業登記簿の役員欄に氏名が記載されている者について...

[ 会社の登記 ]

テミス通信第33号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2018年5月・第33号を発行いたしました。今号の記事・読者...

[ テミス通信 ]

戸籍の代わりとして法定相続情報証明 ☆遺言・相続vol.10⑤☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。2017年(平成29年)5月29日から、全国の登記所において、相続手続きに必要...

[ 遺言・相続 ]

親族後見人 特有の留意点 ☆成年後見No.13⑦☆

誰だって、自分のことがどうなっているのかを知りたいと思うことは当然なことです。親族後見人、保佐人、補助人...

[ 親族後見人 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ