コラム

 公開日: 2011-08-02 

兄弟の子孫が代襲相続人になるか否か ☆遺言・相続vol.7⑰☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
また、古い相続についてお話しします。
仮に、昭和22年5月3日から昭和22年12月31日までを第一期。
昭和23年1月1日から昭和37年6月30日までを第二期とします。
その後の、昭和37年7月1日から昭和55年12月31日までの法定相続については、一昨日のコラムをご覧下さい。

昭和22年5月3日といえば、「日本国憲法施行の日」。
ところが、憲法改正に、その他の法律の改正が間に合わなかったので、
第一期をカバーするために作られた法律が、日本国憲法の施行に伴う民法の応急的措置に関する法律(昭和22年法律第74号)です。

第1条 この法律は、日本国憲法の施行に伴い、民法について、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚する応急的措置を講ずることを目的とする。

第2条 妻又は母であることに基いて法律上の能力その他を制限する規定は、これを適用しない。

第3条 戸主、家族その他家に関する規定は、これを適用しない。

第4条 ~ 第6条(省略)

第7条 家督相続に関する規定は、これを適用しない。
2 相続については、第8条及び第9条の規定によるの外、遺産相続に関する規定に従う。

第8条 直系卑属、直系尊属及び兄弟姉妹は、その順序により相続人となる。
2 配偶者は、常に相続人となるものとし、その相続分は、左の規定に従う。
 一 直系卑属とともに相続人であるときは、三分の一とする。
 二 直系尊属とともに相続人であるときは、二分の一とする。
 三 兄弟姉妹とともに相続人であるときは、三分の二とする。

第9条 兄弟姉妹以外の相続人の遺留分の額は、左の規定に従う。
 一 直系卑属のみが相続人であるとき、又は直系卑属及び配偶者が相続人であるときは、被相続人の財産の二分の一とする。
 二 その他の場合は、被相続人の財産の三分の一とする。

第10条 この法律の規定に反する他の法律の規定は、これを適用しない。

  附 則
1 この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。
2 この法律は、昭和二十三年一月一日から、その効力を失う。

そして、昭和23年1月1日から新民法が施行され、相続の規定もそちらに移行することとなります。

第一期と第二期で異なるところは、兄弟の代襲相続人に関するところ。
第一期は兄弟の代襲相続人を認めていませんが、第二期は、兄弟の代襲相続人を認めています。
甥姪までと限定していないところが、その後の民法と異なるところです。

☆代襲相続については、こちらをご覧下さい。
http://mbp-osaka.com/ctrl_panel/column_preview/sai-shihou/9609/

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.com

この記事を書いたプロ

佐井司法書士法人 [ホームページ]

司法書士 佐井惠子

大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL:06-6365-1755

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産相続をお願いして

お仕事を依頼したのははじめてでしたが、佐井先生とは古くか...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
テミス通信第24号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2016年11月・第24号を発行いたしました。今号の記事・相...

[ テミス通信 ]

遺言作成の相談先 ☆遺言・相続vol.9⑬☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続登記のご依頼をいただくなかで、遺言を書きたいと思うけど、いったい...

[ 遺言・相続 ]

相続財産承継業務 こんな時に ☆遺言・相続vol.9⑯☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続人が数名といった場合に、その内の一人に様々な手続が集中することは良...

[ 財産承継業務 ]

相続人に代わって、銀行口座の解約手続 ☆遺言・相続vol.9⑮☆ 

こんにちは、司法書士佐井惠子です。相続が発生すると、銀行口座は凍結となります。遺言があれば、それを解約...

[ 財産承継業務 ]

成年後見人の財産管理方針 ☆成年後見vol.12⑯☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。成年後見人は、財産を運用して増やしたり、積極的に消費したりといったこと...

[ 後見人周りのこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ