Q&A(このプロの回答)

セクハラについて
友達がセクハラにより、会社を退職しました。
内容証明など証拠がないと、会社を訴えることは難しいと聞きました。
既に退職してから数か月経ちますが、精神的疲弊がまだ続いており、
解決方法を探しています。
他に何かいい解決方法はないでしょうか?
投稿日時:2009-12-13 17:43:31
法律

佐井惠子 さいけいこ

佐井惠子の回答

ADRによる解決

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
お友達、このようなことで仕事の道を閉ざされ、心の傷が癒えない状態とのこと、そのお気持ちいかばかりかとお察しいたします。

謝罪を求め、慰謝料を請求する、
その解決方法を探していらっしゃるということですね。
示談、裁判など一長一短と思いますが、選択肢の一つとして、民間ADRをお奨めいたします。
民間ADRは、裁判手続きによらずに民事上の紛争を解決しようとする紛争当事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続きです。
いくつか機関はありますが、大阪においては、公益社団法人総合紛争解決センターがあります。
手数料も安く、解決までの期間も比較的短く、裁判と違い非公開ですので、セクハラの事案には適していると思います。専門家が和解あっせん人となり、事実関係や事情を伺い、解決に向けて調整してくれますので、当事者同士で示談するよりも安心ではないでしょうか。
但し、裁判のように強制的にはできなくて、相手方が手続きに応じない場合は和解は成立いたしません。

先ずは、お友達の心が回復なさいますよう、これからもお力になって差し上げて下さい。それからでも間に合うと思います。



回答日時:2009-12-15

質問者

ありがとうございます。

本人は、どちらかというと当事者同士で、とは考えていないので、
教えて頂いたような方法の方がいいと思います。
ただ、相手が手続きに応じないこともあり得ることは、覚悟しておきます。

一度相談してみます。
ありがとうございました。

返信日時:2009-12-15 21:49:25

佐井惠子

返信、ありがとうございます

ADRでは、相手が話し合いのテーブルにつくよう、機関側が何度も試み努力してくれます。それでも応じない場合は、訴訟の道も残されていますので、ADRを選択したからといって不利になることはありませんのでご安心下さい。
また、ADRの機関も一つではなく、それぞれに特徴があります。

よくご相談下さい。
返信、ありがとうございました。








返信日時:2009-12-16 11:03:54

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
副所長プロフィール
山添健志 プロフィール

(やまぞえたけし)【経  歴】 兵庫県伊丹市生まれ。 2010年 3月 立命館大学法学部卒業 2011年11月 司法書士試験合格 2011年12月 ...

ご相談等の流れ

まずはメールまたは電話でご連絡ください。 業務は平日の9:00~18:00とさせていただいております。 メールにつきましては、いつでもお送りください。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐井 惠子(さい・けいこ)さん

シニアの悩み、法律問題のワンストップサービス(1/3)

 地下鉄南森町駅から徒歩約7分、JR北新地駅から徒歩約5分の大阪弁護士ビルの9階に佐井司法書士法人はあります。司法書士の佐井惠子さんは、不動産登記や企業法務などのさまざまな業務を取り扱っていますが、特に成年後見や相続などの「家族の問題」に力...

佐井惠子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

成年後見や相続、信託など「家族の問題」への対応

会社名 : 佐井司法書士法人
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル903号 [地図]
TEL : 06-6365-1755

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6365-1755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産相続をお願いして

お仕事を依頼したのははじめてでしたが、佐井先生とは古くか...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
取締役会議事録(理事会議事録)への記名押印
イメージ

 取締役会議事録へ記名押印すべき者  取締役会議事録を作成した場合については、会社法に基づき、出席した...

[ 企業法務 ]

登記簿に婚姻前の氏を記録できる制度
イメージ

 改正経緯  平成27年(2015年)2月27日より、商業登記簿の役員欄に氏名が記載されている者について...

[ 会社の登記 ]

テミス通信第33号 掲載しました

佐井司法書士法人の事務所新聞、テミス通信2018年5月・第33号を発行いたしました。今号の記事・読者...

[ テミス通信 ]

戸籍の代わりとして法定相続情報証明 ☆遺言・相続vol.10⑤☆

こんにちは、司法書士佐井惠子です。2017年(平成29年)5月29日から、全国の登記所において、相続手続きに必要...

[ 遺言・相続 ]

親族後見人 特有の留意点 ☆成年後見No.13⑦☆

誰だって、自分のことがどうなっているのかを知りたいと思うことは当然なことです。親族後見人、保佐人、補助人...

[ 親族後見人 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ