コラム

 公開日: 2016-01-14  最終更新日: 2016-01-16

今の窓をさわらず、部屋の断熱効果を上げる木造住宅の内窓リフォーム

大阪の住宅におけるエネルギー消費量は、夏の冷房に使うエネルギー消費量より、冬の暖房時のほうがはるかに大きいのには驚きます。エネルギー消費の観点から考えると断熱効果の高い住まいをつくると省エネルギー性が高いと考えていいでしょう。

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会のデータによると
冬の暖房時の熱の流出する割合は
天井、屋根 5% 床 7%  外壁、換気 15%  窓 58%
となっています。
窓から逃げる熱の割合が58%と非常に高いのがわかります。

昭和時代に建築された住宅の窓の構造は単板(一枚)ガラスをはめこんだアルミサッシがほとんどです。

暖房をしているのに窓辺に行くとヒンヤリするという経験をされた方も多いと思う。
冬場は厚手のカーテンをかけたり、ガラスに断熱シートを貼ったりしながら防寒対策をするケースもよく見受けます。

こんな窓から逃げる熱を抑える工夫をするだけで、心地よい室内環境をつくることができます。

今の窓を壊さずに、熱の出入りを抑える窓のリフォームとして、樹脂の内窓がお薦めです。
内窓は、今ある窓の内側に、簡単に取り付けて二重窓にすることができます。
ガラスも断熱性の高い複層ガラスを使用していて、防音効果も期待できます。

樹脂の内窓にも種類がありますが
一般的なアルミサッシ+単板ガラスより、複層ガラスを入れた樹脂の内窓のほうが、冬の窓辺の温度が約5度も高くなるというデータもあります。


↑大阪府東大阪市で内窓を取り付けた事例です。
天井に和紙、壁にはシックイ、床に無垢の杉板を貼る工事も併せて行ったので、
窓の結露もなくなり、以前より暖かく暖房を使用する日が少なくなったとお喜びです。

部屋が寒いという方は内窓をご検討されてはいかがでしょうか?

この記事を書いたプロ

有限会社三善(サンゼン)設計工務 [ホームページ]

建築家 西田亮和

大阪府高槻市東五百住町2-17-20 [地図]
TEL:072-696-3000

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福本亮和(ふくもと・あきかず)さん

これまで多くの注文住宅をつくってきました。これからはリフォームにも力を入れます(1/3)

 有限会社三善(サンゼン)設計工務は、大阪府高槻市を中心に新築一戸建て注文住宅などの家づくりやリフォームを手がける工務店です。西田亮和さんは2代目。昨年7月、先代の父親、保さんが病気で死去したのに伴い跡を継ぎ、36歳で代表取締役に就任しまし...

西田亮和プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様とじっくり話し、納得する住まいづくりをめざす

会社名 : 有限会社三善(サンゼン)設計工務
住所 : 大阪府高槻市東五百住町2-17-20 [地図]
TEL : 072-696-3000

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-696-3000

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西田亮和(にしだあきかず)

有限会社三善(サンゼン)設計工務

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
カーポート取り付け
イメージ

カーポートの取り付けをさせて頂きました。施工前施工後

[ カーポート ]

浴室リフォーム工事
イメージ

タイル貼りのお風呂をユニットバスへ入れ替え。施工前施工後足の伸ばせる広い浴槽になりました。

[ 浴室 ]

地鎮祭
イメージ

先日三島鴨神社の宮司さんにお越し頂き地鎮祭を執り行いました。砕石杭の施工も終了し基礎工事に取りかかりま...

[ 新築工事 ]

住宅づくりの勉強会
イメージ

『家を建てる方にも、そうでない方にも聞いてほしい話』住まいで大切にしたい条件は人それぞれです。丈夫...

[ 教室 ]

浴室換気乾燥暖房機取り付け
イメージ

茨木市T様邸昔ながらのタイルの浴室が冬場寒くてたまらないからという事で、床、壁のタイル面と天井に断熱性のあ...

[ 浴室 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ