コラム

 公開日: 2016-01-25 

使い勝手の良いキッチンは配置で決まる?住宅のキッチンリフォーム。

使いやすいキッチンとは?
よく受ける質問ですが、使いやすいといってもその基準は使う人によって違うので、ひと言で「これです!」とは言いがたい。
また、キッチンカウンターの形は間取りに制約されることも少なくありません。

一般的なキッチンの使いやすさを測る物差しとして、ワークトライアングルという考え方があります。
ワークトライアングルとは、キッチンの必需品であるシンク、コンロ、冷蔵庫を結んだ三角形の事をいい、この三角形の辺の合計が3.6メートルから6.0メートルの間にあれば、良いといわれています。
ご自分の家のキッチンのワークトライアングルを測ってみてください。いかがですか?
でも上記の寸法から外れていてもご心配なく!工夫次第で使い易くなるものです。

標準的なキッチンカウンターの形としてはI型、L型、コ型、II型などがありますが、どの型が良いと言うよりは、使う人の判断に委ねられるのがほとんどです。

それぞれの型の特徴をみてみましょう。

<I型>
I型は片側に流れて作業ができるので動作が楽になります。キッチンカウンターが短くなると当然ワークトライアングルも短くなり比例して収納や作業スペースも少なくなります。
メーカーのシステムキッチンの品揃えもⅠ型が一番多いようで、弊社でも一番使用する型です。



<L型>
L形は比較的動きやすく二人で作業もしやすい。コーナー部分を配膳スペースとしても使えますが、このコーナー部分をどのように使うかが課題にもなります。



<コ型>
コ形は作業スペースは十分確保できますが、コーナー部分が二カ所でき、L形と同じようにコーナー部分を上手に使う工夫が求められます。



<Ⅱ型>
Ⅱ型はⅠ型と違い前後の動きになるので動線が短くなります。ただ通路部分の寸法が広くなると移動距離が多くなって作業効率が悪くなります。



ワークトライアングルの長さを十分検討してください。

各タイプの特徴を知って、自分に一番合うキッチンを見つけてください。
いつも家族が集まって、ワイワイと楽しく料理できれば最高です。

この記事を書いたプロ

有限会社サンゼン設計工務 [ホームページ]

建築家 福本保

大阪府高槻市東五百住町2-17-20 [地図]
TEL:072-696-3000

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福本 保(ふくもと たもつ)さん

これまで多くの注文住宅をつくってきました。これからはリフォームにも力を入れます(1/3)

 JR摂津富田駅・阪急富田駅から東に徒歩20分ほどにある閑静な住宅街の中に、福本保さんが経営する(有)サンゼン設計工務の事務所があります。1階の打ち合わせルームはヒノキの床、天井はスギと木の香りに包まれています。 創業以来30年以上にわた...

福本保プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様とじっくり話し、納得する住まいづくりをめざす

会社名 : 有限会社サンゼン設計工務
住所 : 大阪府高槻市東五百住町2-17-20 [地図]
TEL : 072-696-3000

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-696-3000

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福本保(ふくもとたもつ)

有限会社サンゼン設計工務

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
屋根塗替、雨漏修理、スレート瓦割れ補修工事 高槻市の塗装現場
高圧洗浄した後の屋根の状況

まずは古く劣化した塗膜を高圧洗浄機で除去します。今回はほとんど除去できました。次に棟の鋼板(赤い箇所...

[ 塗り替え工事 ]

ブレーカーがよく落ちる住宅はリフォームの時に分電盤の分岐回路数を見直す。

 必要なブレーカーの回路数とは 最近の家電製品の進化には驚くものがあります。省電力タイプの電化製品も多く...

[ リフォーム工事 ]

木造住宅のドアを引き戸に取替え、壁を壊さず取り替える木製建具のリフォーム。
イメージ

日本の昔の住まいは、田の字型の家に代表されるように、部屋を引き戸で間仕切る造りとなっていました。思い出し...

[ リフォーム工事 ]

木造住宅の寒いタイル貼りの風呂をユニットバスにやりかえる
イメージ

 寒い冬場にはヒートショックにご注意を ヒートショックとは、住宅業界などで使われている用語で、急激な温度...

[ 水廻り ]

今の窓をさわらず、部屋の断熱効果を上げる木造住宅の内窓リフォーム
イメージ

大阪の住宅におけるエネルギー消費量は、夏の冷房に使うエネルギー消費量より、冬の暖房時のほうがはるかに大きい...

[ 断熱工事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ