コラム

 公開日: 2016-01-28  最終更新日: 2016-02-01

ブレーカーがよく落ちる住宅はリフォームの時に分電盤の分岐回路数を見直す。

必要なブレーカーの回路数とは

最近の家電製品の進化には驚くものがあります。省電力タイプの電化製品も多く出回っていますが、住宅内での消費電力も年々大きくなっていっているのも事実です。

例えば、家族4人で4LDKの二階建ての住宅に住むとしたら、どれくらいの数のブレーカー(分岐回路数)必要か考えてみましょう。
電灯が一、二階合わせて2回路、普通コンセントがキッチン用2回路、それ以外が2回路。専用コンセント9回路(エアコン×5、電子レンジ、温水便座×2、台所用調理器など)。予備に2回路とるとすると、合計すると17回路となります。これ以外にもIHクッキングヒーターや電気温水器、洗濯乾燥機、ホットカーペットや電気ヒーターなどを使用する場合は専用回路が必要となります。20回路を超えてしまう住宅もめずらしくありません。エアコンが各部屋一つの時代になって住宅の回路数は非常に増えました。

昭和の時代に建てられた木造住宅に取り付けられているブレーカーは5、6回路が当たり前で、家電製品を使用すると、家中の電気が消えてしまったという声を今でもよく聞きます。そんなことがないように、リフォームされるときは十分に計画しなければなりません。

設備のリフォーム時に容量の確認を

設備機器の不具合や使い勝手の不満が動機でリフォームを決断するケースは少なくありません。リフォームの際に食洗器やIHクッキングヒーターを取付けしたいなどと要望される方も多い。そんな時はコンセントや照明器具の増設箇所を確認し、契約容量が不足する場合もあるので引き込み線のやり替えや契約容量の変更も検討しなければなりません。

高効率のエコ設備を採用すれば、より少ない光熱費で快適な暮らしを実現できますので、設備を選ぶときは十分ご検討下さい。

高効率のエコ設備を採用すると国や地方の行政の助成金を受けることもできますので併せてご検討下さい。

この記事を書いたプロ

有限会社三善(サンゼン)設計工務 [ホームページ]

建築家 西田亮和

大阪府高槻市東五百住町2-17-20 [地図]
TEL:072-696-3000

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福本亮和(ふくもと・あきかず)さん

これまで多くの注文住宅をつくってきました。これからはリフォームにも力を入れます(1/3)

 有限会社三善(サンゼン)設計工務は、大阪府高槻市を中心に新築一戸建て注文住宅などの家づくりやリフォームを手がける工務店です。西田亮和さんは2代目。昨年7月、先代の父親、保さんが病気で死去したのに伴い跡を継ぎ、36歳で代表取締役に就任しまし...

西田亮和プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様とじっくり話し、納得する住まいづくりをめざす

会社名 : 有限会社三善(サンゼン)設計工務
住所 : 大阪府高槻市東五百住町2-17-20 [地図]
TEL : 072-696-3000

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-696-3000

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西田亮和(にしだあきかず)

有限会社三善(サンゼン)設計工務

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
カーポート取り付け
イメージ

カーポートの取り付けをさせて頂きました。施工前施工後

[ カーポート ]

浴室リフォーム工事
イメージ

タイル貼りのお風呂をユニットバスへ入れ替え。施工前施工後足の伸ばせる広い浴槽になりました。

[ 浴室 ]

地鎮祭
イメージ

先日三島鴨神社の宮司さんにお越し頂き地鎮祭を執り行いました。砕石杭の施工も終了し基礎工事に取りかかりま...

[ 新築工事 ]

住宅づくりの勉強会
イメージ

『家を建てる方にも、そうでない方にも聞いてほしい話』住まいで大切にしたい条件は人それぞれです。丈夫...

[ 教室 ]

浴室換気乾燥暖房機取り付け
イメージ

茨木市T様邸昔ながらのタイルの浴室が冬場寒くてたまらないからという事で、床、壁のタイル面と天井に断熱性のあ...

[ 浴室 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ