コラム

 公開日: 2013-02-12 

 腰痛の本当の治し方


 痛みさえ取れたらいいと考えてしまっていませんか?
何故、腰痛が起こるのかという原因を知る事です。右足、左足の2足歩行をする人間は、どうしても左右のバランスが悪くどちらかに体重をかけて歩いています。

 すると、片方に体重がかかることで、骨盤を歪めてしまうことになるのです。足は内股になり、膝に捻じれが生じてしまうのです。膝の内側に負担がかかるために腰の筋肉が引っ張られて、痛みを生じてしまいます。すなわち、腰の痛みを取るためには、歩き方から改善しなくてはなりません。

 「芯体操」では、その為の骨盤矯正の運動と内股に引っ張られている筋肉をゆるめるマッサージを行って、一時しのぎだけに終わらず、生涯腰痛の起きない身体に改善してしまいます。今、ほんの少し身体と向き合ってあげることで痛みの起きない身体づくりにチャレンジしてください。

 身体の不調には必ず原因があります。それが、筋肉の縮み、歪みが生じていることを認識することで、新たな展開に発展します。
腰痛を本当に完治するために、取り組んでいただきたいと考えています。

 続きは次回にお知らせいたします。

津田美智子の芯体操関連記事はこちら!

この記事を書いたプロ

芯体操自然整体研究所 [ホームページ]

インストラクター 津田美智子

京都府京都市伏見区桃山町大島38-2 ユニチカ京都ファミリーセンター内 芯スタジオ [地図]
TEL:090-5903-8913

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
芯体操教室のご案内

 亀岡市紺屋町8 亀岡本部芯スタジオ 火・金曜日 10:30~12:00 講師 津田 美智子 090-5903-8913

芯体操スタッフ紹介

 健康体操を始めて30年余、幾多の試練もなんのその、高齢になっても変わらぬ健康と明るさで、川西教室を担当しています!無理なく動けて、しっかり結果の出るすばらし...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津田 美智子(つだ みちこ)さん

芯体操を一人でも多くの人に伝え、みんなに健康になってほしい(1/3)

 前回の取材から2年2か月ぶりに「芯体操」主宰の津田美智子さんにお会いしました。京阪電車八幡市駅から徒歩約5分、八幡市立山柴公民館2階大会議室は、50人近い女性たちの熱気に包まれていました。3人1組で踵(かかと)から頭のてっぺんまでの筋肉の...

津田美智子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

突然、歩けなくなる体験を基に芯体操を考案、人々の健康に寄与

会社名 : 芯体操自然整体研究所
住所 : 京都府京都市伏見区桃山町大島38-2 ユニチカ京都ファミリーセンター内 [地図]
芯スタジオ
TEL : 090-5903-8913

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5903-8913

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田美智子(つだみちこ)

芯体操自然整体研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

芯体操に出会えた喜び

 芯体操に出会えた喜び                  ...

夏目由美
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
 病気にならないユニークなレッスン

筋肉つなぎで骨を引き離す! 「骨を引き離す」「筋肉をつなぐ」など、聞き慣れない言葉が飛び出すおもしろい運...

[ 芯体操 ]

肉食は老化を防ぎます!

「肉食」は長寿の秘訣!」 PHP誌を読んでいましたら、こんな文字が飛び込んできました。人間綜合科学大学教...

[ 芯体操 ]

 ~笑顔で楽しく前向きに~

芯体操の津田美智子です! 今日は、精一杯コツコツと努力家の岡村裕子インストラクターをご紹介いたします。...

[ 芯体操 ]

心とからだが喜ぶ芯体操

芯体操の津田美智子です!今日は、最近お教室を担当し、張り切っている上田銀子インストラクターをご紹介します...

[ 自然治癒力をつくる ]

楽しみな発表会

芯体操の津田美智子です!今日は、優しくて、よく気の付く井ノ口三栄子インストラクターをご紹介します。「...

[ 芯体操 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ