コラム

 公開日: 2013-09-23  最終更新日: 2014-05-23

赤ちゃんが生まれました!



 指導員の徳田早苗さんが、23日0時15分ごろ無事に男の子を出産されました。22日朝から破水などあり、東福寺の日赤病院に入院、私も夕方から、陣痛の始まった早苗さんと腹式呼吸で励ましながら何時生れるかと心待ちにしていました.

朝から出かけっぱなしだったので、明け方になるかもしれないと言われて夜、10時半頃一時帰宅。11時30分頃、分娩室に入ったとの知らせで直ぐに駆けつけました。
しばらく待っていると、出産の報が入り、本当に嬉しさが込み上げてきました。
 
 1時間ほどは赤ちゃんと過ごせるということで、写真を撮ったりして喜びを分かち合いました。
 早苗さんが初めて「芯体操」にきた頃は、身体も縮み心も不安定な状態でしたが、色々な葛藤と闘いながら多くの体験を積み重ねて結婚、出産を経た今、多くの仲間達に見守られてきたのだということが有り難く、出産前もぎりぎりまでレッスンに通いながら身体を立て直してきました。

可愛い赤ちゃん誕生でよかったですね!



津田美智子の芯体操関連記事はこちら!

この記事を書いたプロ

芯体操自然整体研究所 [ホームページ]

インストラクター 津田美智子

京都府京都市伏見区桃山町大島38-2 ユニチカ京都ファミリーセンター内 芯スタジオ [地図]
TEL:090-5903-8913

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
芯体操教室のご案内

 亀岡市紺屋町8 亀岡本部芯スタジオ 火・金曜日 10:30~12:00 講師 津田 美智子 090-5903-8913

芯体操スタッフ紹介

 健康体操を始めて30年余、幾多の試練もなんのその、高齢になっても変わらぬ健康と明るさで、川西教室を担当しています!無理なく動けて、しっかり結果の出るすばらし...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津田 美智子(つだ みちこ)さん

芯体操を一人でも多くの人に伝え、みんなに健康になってほしい(1/3)

 前回の取材から2年2か月ぶりに「芯体操」主宰の津田美智子さんにお会いしました。京阪電車八幡市駅から徒歩約5分、八幡市立山柴公民館2階大会議室は、50人近い女性たちの熱気に包まれていました。3人1組で踵(かかと)から頭のてっぺんまでの筋肉の...

津田美智子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

突然、歩けなくなる体験を基に芯体操を考案、人々の健康に寄与

会社名 : 芯体操自然整体研究所
住所 : 京都府京都市伏見区桃山町大島38-2 ユニチカ京都ファミリーセンター内 [地図]
芯スタジオ
TEL : 090-5903-8913

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5903-8913

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田美智子(つだみちこ)

芯体操自然整体研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「芯体操」で若く元気な身体作り!

 一年半前に、芯体操と出会い、インストラクターのテキパ...

K子
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
強いからだになりたい!

 強いからだというとみなさんはきっと、筋肉を鍛えて、良く歩いて筋トレをするというイメージではありませんか?...

高血圧の方に多いタイプ

 私も昔は、胃が弱く、風邪もひき易く体調が悪くなるので病院に通ったりもしましたが、問診のときによく、血圧を...

[ 芯体操 ]

美しい姿勢とは?

 ズバリ!頭の位置で決まります。だからといって、頭を上げていれば良いのかというと、まず、膝頭が緊張していな...

[ 芯体操 ]

「老化」と「退化」について

 「老化」と「退化」は一緒と思いますか。どちらも身体の機能が衰えることには違いありませんが、例えば10代、...

[ 芯体操 ]

 足がつれるとお薬?

 テレビのCMで「足がつれる~」「はい!○○で治りまーす!」なんてやっていますが、薬の宣伝ですから驚きです!筋...

[ 芯体操 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ