コラム

 公開日: 2015-02-13 

私のアシスタントアドバイザーをご紹介します。

 今日は、 私のレッスンのアシスタントをしています大石恵(めぐみ)インストラクターをご紹介します。
私のお教室に来られたら、黙々と自分もレッスンしながら、生徒さんのサポートに回っている彼女に会うことができます。

  津田先生のお教室でアシスタントとして活動しているインストラクターです。
いつも生徒さんを後ろから見ていますが、津田先生の動きと言葉に集中していかれる皆さんの姿に驚かされる毎日です。

 芯体操の運動は、体の使い方のイメージを変えなければなりません。
いえ、変えるために、津田先生が考案された動きです。

 当たり前と思っている体の使い方が体の歪みそのままのものであったり、歪みをひどくしているものであるのです。

 当たり前のことを変える…そのお手伝いをしたいと思っています。
大石さん、メグさんとお声かけ下さい。
共に、津田先生のレッスンの積み重ねで真に健康な体を手に入れましょう。

                                            インストラクター 大石 恵

津田美智子の芯体操関連記事はこちら!

この記事を書いたプロ

芯体操自然整体研究所 [ホームページ]

インストラクター 津田美智子

京都府京都市伏見区桃山町大島38-2 ユニチカ京都ファミリーセンター内 芯スタジオ [地図]
TEL:090-5903-8913

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
芯体操教室のご案内

 亀岡市紺屋町8 亀岡本部芯スタジオ 火・金曜日 10:30~12:00 講師 津田 美智子 090-5903-8913

芯体操スタッフ紹介

 健康体操を始めて30年余、幾多の試練もなんのその、高齢になっても変わらぬ健康と明るさで、川西教室を担当しています!無理なく動けて、しっかり結果の出るすばらし...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
津田 美智子(つだ みちこ)さん

芯体操を一人でも多くの人に伝え、みんなに健康になってほしい(1/3)

 前回の取材から2年2か月ぶりに「芯体操」主宰の津田美智子さんにお会いしました。京阪電車八幡市駅から徒歩約5分、八幡市立山柴公民館2階大会議室は、50人近い女性たちの熱気に包まれていました。3人1組で踵(かかと)から頭のてっぺんまでの筋肉の...

津田美智子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

突然、歩けなくなる体験を基に芯体操を考案、人々の健康に寄与

会社名 : 芯体操自然整体研究所
住所 : 京都府京都市伏見区桃山町大島38-2 ユニチカ京都ファミリーセンター内 [地図]
芯スタジオ
TEL : 090-5903-8913

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5903-8913

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田美智子(つだみちこ)

芯体操自然整体研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

芯体操に出会えた喜び

 芯体操に出会えた喜び                  ...

夏目由美
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インストラクター紹介します!

今日は!芯体操の津田美智子です! 今日は、責任感が強く、頼りがいのある定兼インストラクターをご紹介します...

[ 芯体操 ]

インストラクターご紹介!

 芯体操の津田美智子です!年頭に当たり、例年どおり芯体操イン外ラクターからご挨拶いたします。今日は、笑...

[ 芯体操 ]

筋膜という袋

芯体操の津田美智子です! 私たちの身体は皮膚と筋肉の間に存在する、筋膜という袋に覆われて創られています。...

[ 自然治癒力をつくる ]

 明けましておめでとうございます!

  開脚について悲喜交々、色々なことのあった2016年が終わりました。マイベストプロに登録され、忙しさ...

[ 芯体操 ]

かかとの大切なわけ

 身体ってバランスが必要ですよね!バランスが悪いと2本の足の片方ずつに体重がかかります。歩く度に右足、左足...

[ 芯体操 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ