プロフィール

西村隆志プロの一番の強み

豊富な実績に基づき、迅速に動き、的確に債権回収します

中小企業経営者、事業主の立場にたって、迅速、的確な債権回収に努めています。同志社大法科大学院出身の弁護士3人のチームワークもよく、何でも気軽に相談できる弁護士事務所です

山口県出身。同志社大学、北海道大学大学院を経て、同志社大法科大学院修了。2006年司法試験合格、2007年弁護士登録、2008年同志社大法科大学院アカデミックアドバイザー就任。3年間、大阪市北区の法律事務所勤務後、2011年1月、独立開業。

  • 建設業を中心に製造業、商社や飲食業、倉庫業、不動産賃貸、マンション管理費の債権回収まで。
  • 事業主、中小企業経営者の方からの債権回収についてのご相談を数多くいただいております。
  • 土日も対応しています。
氏名 西村隆志(にしむらたかし)
事務所名 西村隆志法律事務所
事業内容 債権回収、債務整理・過払金請求・個人破産・個人再生、企業法務一般、人事・労務問題、不動産取引、交通事故、医療過誤、遺言・相続、消費者被害、離婚、高齢者問題(成年後見・保佐・補助・財産管理など)、法人倒産・事業再生、法律顧問・契約書作成、知的財産
取扱分野 中小企業の債権回収
特徴 債権回収は初動が肝心です。3人の弁護士が土日も対応、迅速に動きます。ご来所いただいた場合、相談料金は初回1時間無料。安心してご相談ください。
職種 弁護士
住所 〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング501
電話 06-6367-5454
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日(希望に応じて土日祝・夜間の相談にも対応)
ホームページ http://www.nishimuralaw.jp/
債権回収専門サイト http://nishimura-saiken.jp/
企業倒産専門サイト http://nishimura-kigyosaisei.jp/
最近投稿されたコラムを読む
西村隆志法律事務所の概要

バブル経済の崩壊、経済のグローバル化、サブプライムローン問題をはじめとする世界金融危機は、我が国の経済や社会全体に多大な影響を与え、社会情勢の変化は著しくな...

主な取扱分野
イメージ

貸したお金を返してもらう、販売した商品、工事代金を支払ってもらう、そういった正当に成立した権利を債務者に履行してもらうことは法律を持ち出すまでもなく当然なこ...

 
このプロの紹介記事
西村 隆志(にしむら たかし)さん

債権回収はスピードが命。まず早く動くことです(1/3)

 大阪市役所の川向かい、アメリカ総領事館から御堂筋を少し下った堂島ビルヂングの5階に「西村隆志法律事務所」があります。京阪電車の淀屋橋、大江橋両駅と地下鉄の淀屋橋駅に近く、裁判所も歩いてすぐという立地に恵まれ、気鋭の若手弁護士3人が、次々と...

西村隆志プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な実績に基づき、迅速に動き、的確に債権回収します

事務所名 : 西村隆志法律事務所
住所 : 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング501 [地図]
TEL : 06-6367-5454

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6367-5454

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西村隆志(にしむらたかし)

西村隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
離婚問題に関する情報を提供するツイッターを開始しました

この度、離婚問題に関する情報を提供するツイッターを開始しました。ご覧頂けましたら、幸いです。https://twi...

3月に出版した書籍がamazonの家族法カテゴリーでランキング1位になりました
イメージ

当事務所所属の弁護士3人で執筆しました『少しでも有利に離婚したいならきっちり証拠を集めなさい―幸せになるため...

MBAを取得しました

去る3月21日に、同志社大学大学院ビジネス研究科を修了し、MBAを取得しました。弁護士業務をしていますと、そ...

本日、書籍を出版させて頂きました。

本日、新刊『少しでも有利に離婚したいならきっちり証拠を集めなさい―幸せになるための別れ方』を出版させて頂きま...

書籍『少しでも有利に離婚したいならきっちり証拠を集めなさい―幸せになるための別れ方』の予約開始
イメージ

当事務所所属の弁護士3名で執筆しました離婚に関する書籍が3月24日に発売されます。amazonでの予約が開始され...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ