コラム

 公開日: 2014-07-17  最終更新日: 2014-07-29

自然素材の家のメンテナンス・手入れ術

一生住みたい家だから、手を掛けるのはあたりまえ。
自然素材の家でいちばん気になるのはメンテナンスです。
でも、手を掛けることで愛着が増すのも自然ならではの魅力。
手入れを楽しむ住まい手たちの体験談をご紹介。

無垢材の床についた傷も月日とともに〝風合い〟に。 Sさまの場合

家に対するSさまの希望は、すこぶるシンプルでした。ともかく全部木にして、〝くつろいで元気の出る空間〟をつくること。それだけです。
その頭の中には、山小屋のイメージがあったようですが。Sさまは、海辺に行っても解放感を得られない、山の方がずっとリフレッシュするという根っからの山人間。
山登りは趣味というよりも、さりげない生活の一部なのかも知れません。

「木を使わないなら建てる意味がない」ということで、壁もクロス貼を止め、スギ板貼りに...。
床も既製の合板床材ではなく、と理解されているSさま。国産スギの無垢材です。天然材は反って当然。冬になると乾燥するので木が縮み、板と板の間にミリ単位の隙間ができますが、それも承知の上。加湿器を使ってみたら、それも難なく解消されたとのことです。





合板床材などとは質感がまったく違って、居間でごろ寝するととくにそのよさがわかります。むろん何も敷かず、木の上に直接寝転がるわけですが、材質が柔らかいせいもあって、少しも痛くありません。
まさに、視覚、嗅覚、触覚の三感を満足させてくれる家なのです。

お手入れは、無垢材だからといって特別なことをしているわけではありません。掃除も掃除機と雑巾でごく普通にしているとのこと。天然ワックス掛けだけで、塗装してないために汚れで困るということはないようです。
「欠点といえば、柔らかいのでその反面傷がつきやすいということ。肌ざわりは最高なんですが、物を落としたら最悪ですね(笑)それでも、2年目になって自然な艶が出てきたせいか傷も気にならなくなりました」というSさま。自然素材は見た目の美しさや、気持ちのよさだけではなく、年月を重ねることによって増してくる味わいも大きな魅力です。
本来なら、気になってしまう汚れや傷さえも自然に取り込んでしまうから、長くつき合っていける素材なのです。

母が教えてくれた糠袋で床を磨くのが日課。 Iさまの場合

Iさまの家は、床、柱にヒノキ材、それに漆喰の壁という、日本の伝統的な素材にこだわって建てられた家です。
「昔ながらの日本の家というのは、それなりの手入れをしていれば、古くなってもそれはそれで。味わいというか、趣のようなものが逆に出てくるようなところってありましたよね」とIさま。それはやはり、木や漆喰といった自然の素材でできていたからこそ、というわけです。
「たとえば壁がビニールクロス貼りだったりすると、古くなったらこれはもうどうしようもない。貼り替えるしかないわけで、そういうのがいやだった」
そこで自然素材を数多く手掛ける工務店を探し当て、理想の家の実現となったのでした。

家の建設中は、気になって毎日現場に見に来ていたというIさま。家が完成した時は、やることがなくなってしまうのではないかと本気で心配したそうです。
ところがそこへ、「木の床はぬかで磨いて木の目をつめなくちゃダメ」というお母様からのありがたいアドバイスのひとことが。それからはぬか袋を15袋くらいつくって、いつも床にころがしておき、家族みんなでひまさえあれば床磨き。初めの4か月くらいの間はこの床磨きがIさまの日課となったそうです。 





なぜ床磨きが必要かといえば、床をヒノキの素地仕上げ、つまり無塗装にしてもらったためです。これはIさまが冬でも素足で暮らす習慣なので、塗装するとペタペタして感触が悪いからだそうです。また、たとえば赤ちゃんが触れたり、なめたりした場合でも、毒性の少しでもある塗装剤は使わないほうが安全だということもいえます。

こんなことをIさまはそれを面倒と考えず、逆に楽しんでいる様子。「メンテナンスがいるから、愛着がわくんですよ。それに手はかかっても、ああすればよかったというような後悔する点がまったくないんです」とIさま。

Iさまの家は、5年たった今でも、一歩入ったとたんに木の清々しい香りに包まれます。よく磨かれて自然の艶が出た床、漆喰壁の優しい風合の中にいると誰もがゆったりと安らいで、いつまでも帰りたくなくなってしまう家なのです。




★★★ イベント情報(ソーラーコムHP)掲載中! ★★★


★★★ イベント情報(マイベストプロ)掲載中! ★★★

絶対に失敗しない!家づくりについて知りたい方へ

「家づくり計画セミナー」 グランフロント大阪にて開催中!<参加費無料> 
⇒木の家ソーラーコムの「家づくり計画セミナー」

この記事を書いたプロ

株式会社 木の家 ソーラーコム [ホームページ]

一級建築士 川口重行

大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL:0120-678-813

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ホームオーナー様の声

『家づくりストーリー』とは、、、これまで工務店ソーラーコムで実際に家を建てられたホームオーナー様の、家づくりを考え始めてから完成引き渡しするまでの体験...

Yahoo!知恵袋

家づくりに関するご質問に回答しています。Yahoo!知恵袋 『川口 重行』ページ

 
このプロの紹介記事
川口重行(かわぐち・しげゆき)さん

伐採体験と産地直送材で安価に建つ!(1/3)

 東大阪市にある工務店「木の家 ソーラーコム」代表の川口重行さんは建築業界に携わって40年以上のベテラン。「一番難しく、一番面白いのは家づくり」という思いから、約20年前から住宅建築に特化しています。  川口さんの家づくりに対する信念は...

川口重行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

伐採・産直材で建てる家、ヒヤリングファイルでベストプラン提案

会社名 : 株式会社 木の家 ソーラーコム
住所 : 大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL : 0120-678-813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-678-813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口重行(かわぐちしげゆき)

株式会社 木の家 ソーラーコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
伐採体験と産直木材で割安に家を建てる方法!
イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強...

[ 木の家 ]

土地探しの方法
イメージ

失敗したくないので、家づくり・土地探しを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さん...

[ 土地探し ]

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいとい...

[ 木の家 ]

子供の健康を守る家・ アレルギー、シックハウス対策から見る無垢材と集成材の違い
イメージ

子供の健康を守る家とは、室内の空気をきれいに改善すること!ポイントは3つあるとお話ししました。「換気」「...

[ シックハウス・健康住宅 ]

自分の手で伐採した木で建てるマイホームづくり。昨年を振り返って。
イメージ

昨年末、大阪府豊中市で、平屋の木の家、終の住処が完成。こちらのお家の設計は建築家 伊礼智設計室主宰の伊...

[ 住まい、暮らし、家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ