コラム

 公開日: 2014-08-27  最終更新日: 2016-10-26

【杉】 木は、「適材適所・適木」で使用する その2

家づくりは、赤身がちでつくれば丈夫

年齢は、成長する春と、活動を休止する秋との差でできます。樹皮のすぐ内側で細胞をつくるので、木は毎年外側に大きくなっていきます。樹皮の近くは栄養を蓄えて枝葉に運ぶ役目をし、色が白っぽいので白太と呼びます。そうした役目を終えた部分が赤身です。

これはいわば骨のようなもので、年々大きくなる自分の身体を支えます。白太からは節のない鴨居などに使う美しい材がとれます。

身は白太に比べて腐りにくく虫を寄せつけません。家の構造材、とくに地面に近い部分は腐りにくい赤身を使う方が丈夫です。
土台や大引は必ず赤身を使わなければなりません。





節は枝の跡 生きた素材の証拠

木材には節があります。これは枝の痕跡です。伸ばした枝葉は生長するにつれ包み込まれて見えなくなります。このとき、生きたまま包まれると生節(いきぶし)、枯れた後に包まれると死節(しにぶし)になります。生節は木目に溶け込んでいますが、死節はぽろりと抜け落ちることがあります。そこで死節は木片で埋めて使います。

絶対に失敗しない!家づくりについて知りたい方へ

「家づくり計画セミナー」 グランフロント大阪にて開催中!<参加費無料> 
⇒木の家ソーラーコムの「家づくり計画セミナー」

この記事を書いたプロ

株式会社 木の家 ソーラーコム [ホームページ]

一級建築士 川口重行

大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL:0120-678-813

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ホームオーナー様の声

『家づくりストーリー』とは、、、これまで工務店ソーラーコムで実際に家を建てられたホームオーナー様の、家づくりを考え始めてから完成引き渡しするまでの体験...

Yahoo!知恵袋

家づくりに関するご質問に回答しています。Yahoo!知恵袋 『川口 重行』ページ

 
このプロの紹介記事
川口重行(かわぐち・しげゆき)さん

伐採体験と産地直送材で安価に建つ!(1/3)

 東大阪市にある工務店「木の家 ソーラーコム」代表の川口重行さんは建築業界に携わって40年以上のベテラン。「一番難しく、一番面白いのは家づくり」という思いから、約20年前から住宅建築に特化しています。  川口さんの家づくりに対する信念は...

川口重行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

伐採・産直材で建てる家、ヒヤリングファイルでベストプラン提案

会社名 : 株式会社 木の家 ソーラーコム
住所 : 大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL : 0120-678-813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-678-813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口重行(かわぐちしげゆき)

株式会社 木の家 ソーラーコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
伐採体験と産直木材で割安に家を建てる方法!
イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強...

[ 木の家 ]

土地探しの方法
イメージ

失敗したくないので、家づくり・土地探しを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さん...

[ 土地探し ]

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいとい...

[ 木の家 ]

子供の健康を守る家・ アレルギー、シックハウス対策から見る無垢材と集成材の違い
イメージ

子供の健康を守る家とは、室内の空気をきれいに改善すること!ポイントは3つあるとお話ししました。「換気」「...

[ シックハウス・健康住宅 ]

自分の手で伐採した木で建てるマイホームづくり。昨年を振り返って。
イメージ

昨年末、大阪府豊中市で、平屋の木の家、終の住処が完成。こちらのお家の設計は建築家 伊礼智設計室主宰の伊...

[ 住まい、暮らし、家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ