コラム

 公開日: 2016-05-06  最終更新日: 2016-06-21

木の家の断熱の種類と特徴


住まいの断熱工法は「外張断熱工法」と「充填断熱工法」の2種類に大別されます。

外張断熱工法は、簡単に言うと断熱材で家を外側から包む方法です。充填断熱工法は、壁の内側に断熱材を施す方法です。

木の家の断熱は断熱工法を取り入れるだけでなく、間取りやインテリアを有効活用することによって、より効率的に断念性アップを目指すことができます。

木の家の断熱は「体感温度」を上げることで解決する

室内温度が高いからと言って、寒さを感じずに生活できるとは限りません。
健康かつ快適に生活するためには、体感温度が重要です。

体感温度とは、窓や壁、床の表面温度と室温の平均値と言われています。

木の家の断熱を考えるとき、体感温度をどのように上げるかが課題になります。
このコラムでは、木の家の断熱の種類と特徴、断熱を生かす間取りプランについて見ていきましょう。

断熱は「外張断熱工法」と「充填断熱工法」の2種類ある

住まいの断熱は「外張断熱工法」と「充填断熱工法」の2種類に大別されます。

「外張断熱工法」とは、断熱材を柱や梁といった構造材の外側に配置する工法で、簡単に言うと建物を断熱材で包む方法です。
壁面を均一に保温できることが大きな特徴で、安定した断熱性、気密性を実現しています。

「充填断熱工法」とは、柱と柱の間などに断熱材を充填する工法です。
壁の内側に断熱材を施すので、敷地面積に影響を及ぼすことはありません。
日本の木造住宅の多くに用いられている工法で、外張断熱と同等の断熱性能でも、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。
また、人や環境にやさしい、自然素材系の断熱材を選ぶことができる点も、健康が気になる方には嬉しいメリットです。

断熱工法だけでなく間取りや遮熱計画も重視する

体感温度を上げて快適な住み心地を実現するには、断熱も大切ですが、「間取りプラン」も重要です。せっかく部屋を暖めても、その空気が外に出て行っては意味がありません。
人の出入りが頻繁にあり、外気が入りやすい玄関にスペースがある場合は、玄関のたたきと上がりかまちに引き戸を設けて玄関扉を開けたとき、外気が家の中に無いり込むのを防ぐ方法もあります。北国などで見られる、玄関フード(風除室)のようなものです。

また、家族が過ごすリビングの開口部の大きさや位置、さらに太陽の方向・高さまで研鑽したプランニングをおこないましょう。冬の低い位置から差し込む日射しを室内に取り入れ、頭上から降り注ぐ夏の暑い太陽は遮る。これが、上手な日射の使い方です。
そんなプランを実現するため窓の外に軒を設けます。これは、日本家屋で古くから取り入れられていた暮らしの知恵です。
また、二重窓を採用し外気温度から受ける影響を軽減することもできます。

さらに、南向きの窓に落葉樹を植えることも、夏は茂った葉が日射しを遮り、冬は葉が落ちて日射しを取り入れることができ、効果的な遮熱対策となります。

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に流れます。夏場には、地面近くを流れる冷たい空気を取り込むための地窓や、暖かい空気を逃がすために屋根などに空気の通り道となる窓を設けることも有効です。

木の家の断熱は、断熱工法のほかさまざまな手段をうまく組み合わせることが重要です。

絶対に失敗しない!家づくりについて知りたい方へ

「家づくり計画セミナー」 グランフロント大阪にて開催中!<参加費無料> 
⇒木の家ソーラーコムの「家づくり計画セミナー」

この記事を書いたプロ

株式会社 木の家 ソーラーコム [ホームページ]

一級建築士 川口重行

大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL:0120-678-813

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ホームオーナー様の声

『家づくりストーリー』とは、、、これまで工務店ソーラーコムで実際に家を建てられたホームオーナー様の、家づくりを考え始めてから完成引き渡しするまでの体験...

Yahoo!知恵袋

家づくりに関するご質問に回答しています。Yahoo!知恵袋 『川口 重行』ページ

 
このプロの紹介記事
川口重行(かわぐち・しげゆき)さん

伐採体験と産地直送材で安価に建つ!(1/3)

 東大阪市にある工務店「木の家 ソーラーコム」代表の川口重行さんは建築業界に携わって40年以上のベテラン。「一番難しく、一番面白いのは家づくり」という思いから、約20年前から住宅建築に特化しています。  川口さんの家づくりに対する信念は...

川口重行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

伐採・産直材で建てる家、ヒヤリングファイルでベストプラン提案

会社名 : 株式会社 木の家 ソーラーコム
住所 : 大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL : 0120-678-813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-678-813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口重行(かわぐちしげゆき)

株式会社 木の家 ソーラーコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
伐採体験と産直木材で割安に家を建てる方法!
イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強...

[ 木の家 ]

土地探しの方法
イメージ

失敗したくないので、家づくり・土地探しを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さん...

[ 土地探し ]

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいとい...

[ 木の家 ]

子供の健康を守る家・ アレルギー、シックハウス対策から見る無垢材と集成材の違い
イメージ

子供の健康を守る家とは、室内の空気をきれいに改善すること!ポイントは3つあるとお話ししました。「換気」「...

[ シックハウス・健康住宅 ]

自分の手で伐採した木で建てるマイホームづくり。昨年を振り返って。
イメージ

昨年末、大阪府豊中市で、平屋の木の家、終の住処が完成。こちらのお家の設計は建築家 伊礼智設計室主宰の伊...

[ 住まい、暮らし、家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ