コラム

 公開日: 2016-06-09  最終更新日: 2016-06-28

円安で住宅用の国産木材の需要が増えた?


近年、円安により国産材に注目が集まっています。これまで高価格なため、普及していなかった国産材ですが、これを機に見直されています。とはいえ、普及には課題が山積みです。木材業界は、市況に振り回されない、国産材の市場づくりに努めるべきです。

国産材の使用比率を引き上げるハウスメーカーも登場

円安が続くと、輸入材を多用しているハウスメーカーにとっては大打撃です。
輸入材のコストが跳ね上がり、国産材に切り替える動きが出ているといいます。
あるハウスメーカーは、円安により国産材の使用比率を5割から7割に上げることを発表しています。

国産材は、高価格であったことも影響して、地産地消が注目されながらも普及しなかった実態があります。
これを機に普及する可能性もありますが、消費者としては「国産材だから」と手ばなしに喜ぶことができない話しもあるので注意が必要です。

少なくとも、どこの産地、森で、どうように育てられた木材なのか、はぜひ把握していただきたいと思っています。
日本の国土の多くを占める森には、まだまだ管理の行き届いていない森も多く、育てる人の顔が分からない木材の品質には不安を感じます。

最近では、お店に並ぶ野菜やお米の農家さんの顔も見える時代。
「家」に使う木材の産地ならなおさら、何も知らずに使うのは不安が残りますよね。

円安により輸入材から国産材へ切り替える動きがある

国産材が市場に増えても、クリアすべきさまざまな課題があります。

ひとつは「価格」でしょう。円安により、一時的に輸入材と価格が近づき手に入れやすい価格のものもあるとはいえ、まだまだ高価格です。もし、今後円高に振れた場合は、輸入材に切り替える動きが出る可能性もあります。

木材生産者としては、安定的な生産を目指すべきでしょう。円安という外的要因で、国産材の消費が増えたとしても、いっときの出来事に過ぎないかもしれません。生産能力を増強しても、市況が変化した途端ハウスメーカーが手を引く可能性もあります。

しかし、国産材は日本の気候風土にあった木材であることなど、品質を中心にアピールすることができます。
さまざまなエリアから切り出される木材のブランド化が進み、その良さをアピールするなど、国民の認識も高まりつつあります。今後は、高品質な国産材が流通する市場づくりが課題と言えます。

国産材と輸入材の違い

健康意識やエコ意識から国産材の需要は高まっている

健康意識の高まりも相まって、国産材への需要が高まっているのは事実です。シックハウス症候群などで重大な健康被害を防ぐためには、無垢材ほか国産材の果たす役割は大きいと言えます。

シックハウスにならないための建材選定

エコ意識も国産材需要を高める要因のひとつです。CO2排出量の削減などに注目する人も増えてきています。樹木が発するCO2を削減するためにも過剰な木材は伐採して、CO2削減に貢献するといった動きがあります。

日本の国土面積の約3分の2は森林ですが、国産材として使用されている木材はごく一部です。円安を機に、注目が集まる国産材ですが、国産材が今までなぜ普及しなかったのか分析をし、業界を挙げて普及を試みることが重要です。


少し大きなお話しになってしまいましたが、最終的に、どんな木材を選んで家づくりを行なうかはご自身の判断になります。
円高・円安による木材の価格変化や、住宅会社の販売戦略に惑わされないよう、ご自身が信じ、信頼できる木材を使って、安心の家づくりを行なってください。

絶対に失敗しない!家づくりについて知りたい方へ

「家づくり計画セミナー」 グランフロント大阪にて開催中!<参加費無料> 
⇒木の家ソーラーコムの「家づくり計画セミナー」

この記事を書いたプロ

株式会社 木の家 ソーラーコム [ホームページ]

一級建築士 川口重行

大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL:0120-678-813

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ホームオーナー様の声

『家づくりストーリー』とは、、、これまで工務店ソーラーコムで実際に家を建てられたホームオーナー様の、家づくりを考え始めてから完成引き渡しするまでの体験...

Yahoo!知恵袋

家づくりに関するご質問に回答しています。Yahoo!知恵袋 『川口 重行』ページ

 
このプロの紹介記事
川口重行(かわぐち・しげゆき)さん

伐採体験と産地直送材で安価に建つ!(1/3)

 東大阪市にある工務店「木の家 ソーラーコム」代表の川口重行さんは建築業界に携わって40年以上のベテラン。「一番難しく、一番面白いのは家づくり」という思いから、約20年前から住宅建築に特化しています。  川口さんの家づくりに対する信念は...

川口重行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

伐採・産直材で建てる家、ヒヤリングファイルでベストプラン提案

会社名 : 株式会社 木の家 ソーラーコム
住所 : 大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL : 0120-678-813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-678-813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口重行(かわぐちしげゆき)

株式会社 木の家 ソーラーコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
伐採体験と産直木材で割安に家を建てる方法!
イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強...

[ 木の家 ]

土地探しの方法
イメージ

失敗したくないので、家づくり・土地探しを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さん...

[ 土地探し ]

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいとい...

[ 木の家 ]

子供の健康を守る家・ アレルギー、シックハウス対策から見る無垢材と集成材の違い
イメージ

子供の健康を守る家とは、室内の空気をきれいに改善すること!ポイントは3つあるとお話ししました。「換気」「...

[ シックハウス・健康住宅 ]

自分の手で伐採した木で建てるマイホームづくり。昨年を振り返って。
イメージ

昨年末、大阪府豊中市で、平屋の木の家、終の住処が完成。こちらのお家の設計は建築家 伊礼智設計室主宰の伊...

[ 住まい、暮らし、家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ