コラム

 公開日: 2017-10-02 

憧れだけで取り入れると失敗する。ウォークインクローゼットの間取り

間取りに衣類の収納スペース、「ウォークインクローゼット」を取り入れた住宅やマンションが増えています。
成人1人当たり1畳分が適当な広さとされており、ハンガーポールや棚板をつけて衣服を整理整頓できるスペースとなっています。

その大半は寝室横に設置されていましたが、最近では洗面所の横や玄関の近くというように生活動線を考えた配置も見られるようになりました。

ウォークスルークローゼットは、出入り口が2カ所あるため、間取りによってはさらに効率よく使える空間となります。

衣類の分類整理は納戸を利用することでも可能ですが、これらの収納スペースを間取りに取り入れるなら、衣類以外の物も押し込んで「開かずの間」とならないように注意しましょう。

便利な収納部屋「ウォークインクローゼット」を設置するメリット

間取りでよく見られる「ウォークインクローゼット」とは、洋服やバッグ、靴など、衣料品を収納する部屋のことです。

以前は、衣服を大型のタンスや引き出し式のチェストに片付けるのが主流でした。昔、女性が結婚する時には、自分の背の高さよりも大きな木製のタンスが「嫁入り道具」の必需品でした。

しかし近年では部屋の一部をタンス代わりに使うウォークインクローゼットがあるマンションも増えたため、大型のタンスを買わずに、持ち運びがしやすく安価なプラスチック製の衣装ケースやワゴンがついたチェストがよく使われるようになっています。

コートやジャケット類のように畳んでしまうのが厄介な衣類はハンガーにつるす、その他の衣服はホームセンターで買った衣装ケースに畳んで保管し、季節の変わり目に春夏物と秋冬物を入れ替えるといったライフスタイルが主流となりました。ウォークインクローゼットは、このようなニーズに上手くマッチした空間として持ち家、賃貸住宅の区別なく幅広く普及しています。

間取りの中にウォークインクローゼットを取り入れるメリットは、衣料雑貨を全てこのスペースに収納することで、各居室を有効に使えることです。
大きなタンスが不要になり、その置き場所に困ることがなくなりますし、衣類を一つにまとめて整理し保管すれば、不要なものを買ってしまう心配も少なくなります。

ウォークインクローゼットの中は、通常、服をつるして保管するためのハンガーポールが設置されています。この他に、収納ケースやカバンなどの雑貨を整理整頓して置けるよう、棚がついていることもあります。

ウォークインクローゼットは、注文住宅で間取りに取り入れるなら、どのように使いたいかをしっかりと考えて、設置場所や広さ、中に設ける棚など、細かいところまで要望を設計士に伝えて作ってもらうようにしましょう。

「ウォークインクローゼット」はどこに作れば便利なの?

間取りの中にウォークインクローゼットを作る時、どこに配置するのがベストなのでしょうか。またその広さはどれぐらいで、中のハンガーポールや棚板をどのようにつければいいのでしょうか?

大まかな目安ですが、ウォークインクローゼットの広さは大人1人につき1畳分の広さが適当とされています。
夫婦2人なら2畳分、2人子供がいるが成長した後のことを考えてもう2畳分増やすかなども検討しながら大きさを決めていきます。

また、成人男性1人当たり、パイプハンガーの巾で90~120㎝、女性なら180㎝とっておくと良いとされています。

仮に2畳分の広さで設置するなら、壁の厚みを含めて1.82mの正方形のスペースをとり、両端にパイプハンガーを設置します。スペースの中央部分を通路として使いますが、この巾は最低60㎝が望ましいとされています。

次にどこにウォークインクローゼットを作るかですが、寝室横が多いのですが、風呂・洗面所付近に設ける人もいます。水回り付近に衣類を置くと湿気やカビが気になりますが、風が通るような工夫をしておけばその心配もなく、逆に生活動線を考えればとても便利だという意見もあります。また、玄関近くに家族全員で使うことができるウォークイクローゼットを設ける人もいます。お出掛け、帰宅の際、家族皆んなが、ここでの着替えを習慣づけてくれれば、お母さんは家事が大変楽になるでしょうね。

設置場所を誤ると、日常生活で服を選んで着替えるためのスペースから誰も入らない物置小屋になり、何がどこにしまってあるのかわからなくなってしまいます。自分の生活パターンにマッチする場所を選ぶようにしましょう。

ウォークスルークローゼットや納戸を収納部屋に検討してみる

衣服の収納場所は、ウォークインクローゼット以外に、ウォークスルークローゼットや納戸のスペースでも対応可能です。
ウォークスルークローゼットは出入り口が2つあり、2つの部屋の間に設置して生活動線を短くすることで、より便利な空間として利用できる動線的なメリットがあります。
片付け専門家で、洗面所と寝室をつなぐウォークスルークローゼットを提案している人もいます。またウォークインクローゼットにこだわらず、納戸もウォークインクローゼットとして使うことができます。

この場合に注意したいのは、常にそのスペースを衣類の収納場所として使わないと、そこは「開かずの間」と化し、必要・不必要の区別なく物を押し込んだ物置小屋となってしまうことです。
衣類を置いて着替えもする部屋だったはずが、気が付けば、洗剤や保存食品まで押し込んでいるような使い方になってしまいます。

ウォークインクローゼットの本来の目的は、衣類だけを他のものと分類し保管することで日常生活をより便利に快適に過ごすためのものです。

そのためには、衣類以外の物は、別の場所にきちんと整理整頓しておかねばなりません。
家族と話し合い専門家の意見も聞きながら、完成後の生活のイメージをしっかり描いてウォークインクローゼットの間取り決めをしていきましょう。

資料請求はこちら

施工事例やお客様の声がわかるパンフレットを無料で発送いたします。
☞資料請求

この記事を書いたプロ

株式会社 木の家ソーラーコム [ホームページ]

一級建築士 川口重行

大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL:0120-678-813

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
木の家住まい手の声

『家づくりストーリー』とは、、、これまで工務店ソーラーコムで実際に家を建てられたホームオーナー様の、家づくりを考え始めてから完成引き渡しするまでの体験...

Yahoo!知恵袋

家づくりに関するご質問に回答しています。Yahoo!知恵袋 『川口 重行』ページ

 
このプロの紹介記事
川口重行(かわぐち・しげゆき)さん

子育て世代から終(つい)の住み家まで 暮らしに寄り添う木の家を(1/3)

 東大阪市にある工務店「木の家 ソーラーコム」代表の川口重行さんは建築業界に携わって40年以上のベテラン。風を通し、光を取り込む間取りプランを得意としています。 「デザインとは見た目だけではなく、四季がある日本の風土に合わせ、光と風を操り...

川口重行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

風と光をデザイン、十人十色の一緒につくる家づくり。

会社名 : 株式会社 木の家ソーラーコム
住所 : 大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL : 0120-678-813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-678-813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口重行(かわぐちしげゆき)

株式会社 木の家ソーラーコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
大阪でもできる伐採体験と産直木材で割安に木の家を建てる方法がある!
イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強...

[ 木の家 ]

土地探しの方法…大阪、近畿圏で経験してきたことをお話しします。

失敗したくないので、家づくり・土地探しを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっ...

[ 土地探し ]

自分の手で伐採した木で建てるマイホームづくり。昨年を振り返って。
イメージ

昨年末、大阪府豊中市で、平屋の木の家、終の住処が完成。こちらのお家の設計は建築家 伊礼智設計室主宰の伊...

[ 住まい、暮らし、家づくり ]

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいとい...

[ 木の家 ]

子供の健康を守る家・ アレルギー、シックハウス対策から見る無垢材と集成材の違い
イメージ

子供の健康を守る家とは、室内の空気をきれいに改善すること!ポイントは3つあるとお話ししました。「換気」「...

[ シックハウス・健康住宅 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ