コラム一覧 :木の家

1件~15件(47件)

過去の15件

軟弱地盤がほとんどの大阪ではベタ基礎がおすすめ

イメージ

現在では、家を建てる際に、地盤調査を行うことは事実上義務化されていますが、その際に調査算出されるのが、「地盤の地耐力」です。この「地耐力」は、「地盤の支持力」と「地盤の沈下量」の2要素によって決定されます。「地盤の支持力」というのは、「1㎡あたりどれくらいの重さまで、地... 続きを読む

木の家

2016-11-12

シロアリ対策の薬剤は安全なのか

イメージ

「シロアリ対策の薬剤は安全なのか」という疑問に答えるために、防蟻剤の歴史を紐解いてみると、有名な殺虫剤・DDTなどをはじめ、いくつもの薬剤が人体に対する安全性の面から禁止になってきたことがわかります。しかし、DDTが現在でも使用されている国があるなど「どこまでが安全か」という基... 続きを読む

木の家

2016-11-11

最後まで住み続けるための家ならホワイトウッドやレッドウッドの集成材を柱や梁で使わない

イメージ

レッドウッドやホワイトウッドと呼ばれる輸入材は、国産のスギやヒノキに比べて安価であり、数多く流通しています。これらは日本の木材に比べて「強度が高い」と言われていますが、実は日本の木材には明確な強度確認が行われていないので、正確な比較はできません。また輸入材は初期の強度... 続きを読む

木の家

2016-11-09

鉄筋コンクリート造の住宅のメリット・デメリットと木造住宅の良さ

イメージ

最近、住宅でもよく使われる鉄筋コンクリートは、地震や火事に強く、形状を自由に変えることができて防音性も高い、という非常に優れた素材です。一方で、比重が重いため、軟弱な地盤での建設には大きなコストがかかるというデメリットのほか、天然の木のおよそ10倍の熱伝導率を持つため、断熱... 続きを読む

木の家

2016-11-08

鉄骨造の住宅のメリット・デメリットと木造住宅の良さ

イメージ

今回は、鉄骨造の住宅のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。鉄骨造は、木造に比べて間取りの自由が効き、後からのリフォームにも対応しやすいので、デザインを重視していたり、将来的なリフォームを視野に入れていたりする方にとってはメリットのある工法だと言えます。... 続きを読む

木の家

2016-11-07

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいという皆さまの願いに応えるため、毎月1回、大阪市内で「家づくり計画」セミナーを開催しています。セミナーでは、土地探しやプランニングの注意点を伝えるだけでなく、経験豊富な... 続きを読む

木の家

2016-10-13

伐採体験と産直木材で割安に家を建てる方法!

イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強してから住宅購入をしたいと思っても、肝心な本当の勉強の場が無いのが現状である。( 営業主体の勉強会はあるのだが、、、。)一般的な家づくり勉強会への参加は、無理な営業をさ... 続きを読む

木の家

2016-10-07

大阪堺市で完成「和モダンの家」

イメージ

建築家の設計による和モダンの家づくりの施工を任せていただき、この度完成いたしました。久しぶりの建築家さんとのコラボレーションできた木の家づくり。屋根は瓦葺き、カルバリュウムの横平一文字葺きを合わせ持つデザイン。外壁の仕上げは左官壁とタイル貼り。建替え... 続きを読む

木の家

2016-06-24

木の家・木造住宅は音が響きやすい?木の家の防音対策

イメージ

コンクリートや石といったかたい素材は音をはね返し、音が反響しやすい特性を持っています。木の家・木造住宅は鉄筋コンクリート住宅などと比較して遮音性はそれほど期待することはできませんが、木材は音を適度に吸収し音がやわらかくなる、といった特性を持っています。大理石やコンクリート... 続きを読む

木の家

2016-06-12

木造住宅の耐用年数を延ばして長く住む…長期優良住宅の木の家

日本では、梅雨の時期や夏場は湿度が高く蒸し暑い日が続きます。湿気対策を施して快適に過ごしたいものです。最も簡単にできる湿気対策は「換気」ですが、これだけでは不十分です。「スギ・ヒノキ」などの湿気に強い建材を使うことや24時間換気システムの整備などを組み合わせて湿気対策を図るべ... 続きを読む

木の家

2016-05-25

木の家・木造住宅は本当に腐りやすい?[木の家の耐久性]

イメージ

木の家・木造住宅は腐りやすく、もろいというイメージを持っている人が多くいます。それは、おそらく「濡れて腐り、倒壊する」といったイメージがあるからではないでしょうか。しかし、実は鉄筋コンクリート住宅よりも木造住宅のほうが「強い」のです。とはいえ、長く住み続けるにはメンテナン... 続きを読む

木の家

2016-05-22

木造住宅における外壁の種類

イメージ

木造住宅にどのような外壁を使うべきか、頭を悩ませている人も多いでしょう。確かに、サイディングなど外壁にはいくつかの種類があり、特徴がわかりにくい、といったこともあるでしょう。この記事では、サイディングなど外壁の種類について解説します。納得いく住宅づくりのため、外壁材選びも... 続きを読む

木の家

2016-05-19

木の家5つの魅力

イメージ

木の家・木造住宅のやさしい風合いは人を惹きつけてやみません。「色合いが好き」「手触りがよい」など、その理由は人それぞれです。鉄筋コンクリート住宅と比較して長持ちすることや、高い調湿機能、化学物質を含まないこと、耐火性、耐震性が高いことなどを理由に挙げる人もいます。 木の... 続きを読む

木の家

2016-05-16

今どきの木の家に合う照明選び

イメージ

木の家・木造住宅には独特のあたたかみがあります。こうした住宅は、照明にもぜひ気を配りたいものです。「シーリングライト」など一般的な照明を使うのもよいですが、せっかくなら少し工夫したいところ。主照明と間接照明を活用して、自分の魅せたいイメージで部屋を演出しましょう。 木の... 続きを読む

木の家

2016-05-13

圧倒的な調湿性能!プロがおすすめする注目の塗り壁とは?

面積が広く、部屋のイメージを大きく左右する壁。内壁材には壁紙(クロス)や漆喰、珪藻土、コンクリートや木材など、さまざまな種類があります。漆喰などを用いた塗壁は日本古来の伝統工法のひとつです。なかでも、「湯布珪藻土」が高品質だと注目されています。 日本の住まいに用いられた塗壁... 続きを読む

木の家

2016-05-11

1件~15件(47件)

過去の15件

RSS
ホームオーナー様の声

『家づくりストーリー』とは、、、これまで工務店ソーラーコムで実際に家を建てられたホームオーナー様の、家づくりを考え始めてから完成引き渡しするまでの体験...

Yahoo!知恵袋

家づくりに関するご質問に回答しています。Yahoo!知恵袋 『川口 重行』ページ

 
このプロの紹介記事
川口重行(かわぐち・しげゆき)さん

伐採体験と産地直送材で安価に建つ!(1/3)

 東大阪市にある工務店「木の家 ソーラーコム」代表の川口重行さんは建築業界に携わって40年以上のベテラン。「一番難しく、一番面白いのは家づくり」という思いから、約20年前から住宅建築に特化しています。  川口さんの家づくりに対する信念は...

川口重行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

伐採・産直材で建てる家、ヒヤリングファイルでベストプラン提案

会社名 : 株式会社 木の家 ソーラーコム
住所 : 大阪府東大阪市森河内西1-18-2 [地図]
TEL : 0120-678-813

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-678-813

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口重行(かわぐちしげゆき)

株式会社 木の家 ソーラーコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
伐採体験と産直木材で割安に家を建てる方法!
イメージ

失敗したくないので、家づくりを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さんがしっかり勉強...

[ 木の家 ]

土地探しの方法
イメージ

失敗したくないので、家づくり・土地探しを始める前に自分自身で勉強してから始めたいもの。多くの皆さん...

[ 土地探し ]

みんなの声!踏み出した家づくりの第一歩。

私はお客さまと真摯に向き合い、ともに家づくりを行っていきたいと思っています。満足のいく家を建てたいとい...

[ 木の家 ]

子供の健康を守る家・ アレルギー、シックハウス対策から見る無垢材と集成材の違い
イメージ

子供の健康を守る家とは、室内の空気をきれいに改善すること!ポイントは3つあるとお話ししました。「換気」「...

[ シックハウス・健康住宅 ]

自分の手で伐採した木で建てるマイホームづくり。昨年を振り返って。
イメージ

昨年末、大阪府豊中市で、平屋の木の家、終の住処が完成。こちらのお家の設計は建築家 伊礼智設計室主宰の伊...

[ 住まい、暮らし、家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ