コラム

 公開日: 2017-01-05 

子供のアトピー性皮膚炎、症状や原因、治療法は?

子供の皮膚は、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまうものです。その中で、なかなか治らない赤みや発疹は、アトピー性皮膚炎かもしれません。小児科や皮膚科、アレルギー科を受診してきちんと診断してもらいましょう。

アトピー性皮膚炎の原因には不明な点がありますが、遺伝的な要因が大きいと言います。アレルギー体質の親族、親の影響とアレルゲンとの接触でアトピー性皮膚炎が発症する可能性があるのです。

治療は、炎症やかゆみを抑えるステロイド剤を使うようですが、医師の指示にきちんと従って使用するようにしましょう。

ただ、すぐに完治を目指すことはできないので、家庭でのケアもしながら根気よく治療していくことが大切です。

家庭で気をつけることは、子供の皮膚を清潔に保ち、アトピー性皮膚炎を発症させる物質を家の中に発生させないことです。

多くの子供に発症する、アトピー性皮膚炎とは

小さな子供は皮膚が弱く、湿疹などができやすいものです。汗をかくとあせもができたり、身に着けているものなどの刺激で肌が赤くなったりします。その中で、治りにくい赤みや湿疹については、アトピー性皮膚炎の可能性があります。

アトピー性皮膚炎は、アレルギーの体質を持った人に起きる皮膚の赤みや発疹のことで、皮膚が赤くなり、ジクジクしたぶつぶつができて、皮がむけ、かさぶたになります。

アトピー性皮膚炎の原因はハッキリわかっていませんが、発症する子供は両親など親族がアトピー性皮膚炎をはじめ、喘息や花粉症などのアレルギーを持つ、遺伝的にアレルギー体質であることが多いようです。

また、生まれつき乾燥肌の子供も、肌のバリア低下のためにアレルゲンが侵入しやすかったり、わずかな刺激にも敏感に反応してしまったりするので、アレルギー性皮膚炎を発症することがあります。

赤ちゃんや小さな子供に発症するアトピー性皮膚炎の症状

赤ちゃんに湿疹ができて病院に連れて行くと、まず乳児湿疹と診断されることが予想されます。

処方された薬をつけるなどケアをしても症状が改善されなかったり、悪化する場合は、アトピー性皮膚炎の疑いがあります。再度小児科へ行くかアレルギー科を受診してみましょう。

症状の特徴としては、皮膚が乾燥して強いかゆみがあります。急性では赤くなってブツブツができたり、皮がむけてかさぶたになります。慢性の場合は、皮膚が硬くなり、しこりのようになったりします。

発疹は、目や口のまわり、首やひじ、膝などの関節周辺から、胸や背中、腕に出ることもあります。アトピー性皮膚炎の大きな特徴としては、こうした発疹が左右対称に現れることです。

アトピー性皮膚炎になった時の一般的な治療法

アトピー性皮膚炎の治療は、根本的に治療する方法が今のところ見つかっていないと言われています。

炎症やかゆみを軽減しながら、原因となっているアレルゲンを除去したり、皮膚を清潔に保って保湿に気を配りながら治るのを待ちます。

炎症やかゆみに効果のある薬は、ステロイド剤です。ステロイド剤は、人工的につくられた副腎皮質ホルモンを含んでいるため、副作用を心配する声も多く聞かれます。

軽度の場合は、非ステロイド系の薬で対処することもできるようですが、薬は医師の診断に従って使用しましょう。

小児科を受診して、処方された薬が合わない場合もありますから、症状が改善されなかったり悪化したりした場合は、すぐ医師に相談する必要があります。

家庭でできるアトピー性皮膚炎のケアは?

小児科やアレルギー科を受診して、処方された薬を使うだけでは、アトピー性皮膚炎はなかなか完治しません。家庭でのケアも大切になります。アレルゲンを少なくするために、部屋はできるだけ清潔にします。布団の掃除もこまめにして、ダニやほこり、カビなどを取り除きましょう。

肌が乾燥すると過敏になって症状が悪化するので、空気が乾燥する冬場は部屋の湿度を保つように気をつけましょう。また、かゆくなった皮膚を引っ掻いて傷つけてしまわないよう、子供の爪を短くしておきましょう。

汗をかくと炎症を起こしている皮膚にしみてしまったり、雑菌が繁殖してしまうので、肌を清潔に保つよう気を配ることが大切です。

アトピー性皮膚炎は、すぐに完治するものではなく、一進一退を繰り返します。皮膚の状態を見ながら医師と相談して、焦らずに根気よく治療しましょう。

アトピー性皮膚炎は、今、なぜこんなに多く発症しているのか

アトピー性皮膚炎になる原因は、遺伝的な要素もありますが、環境によるところも大いにあると言われています。特に、子供の皮膚は柔らかくて敏感なので、洗剤や薬品などの化学物質、ほこりやダニなどのハウスダストに刺激を受けてしまいます。

食物アレルギーも、アトピー性皮膚炎を発症する要素のひとつだと言われています。食品添加物の問題などで、アレルゲンとなる食物は数多くあります。胎内にいる時に母親からアレルゲンとなる物質を受け取ることもあると言われています。

子供が少し大きくなると、ストレスが引き金になってアトピー性皮膚炎になることもあるようです。

アトピー性皮膚炎を予防し、悪化させない環境とは

第一に、くらしの中心である家の中を、安心してくつろげる場所にしましょう。今の住宅は、気密性は高くて換気が不十分だと空気が停滞して、ハウスダストが蓄積してしまいます。また、湿気がこもるとカビが発生する可能性があります。

新築の住宅であれば新建材の化学物質が部屋に充満して、子供の肌に悪い条件が揃ってしまう場合もあります。

アトピー性皮膚炎の遺伝的な要素を持っていても、清潔な住環境を保つなどの努力でアレルゲンをなるべく減らして、症状が出る可能性をできるだけおさえたいものです。

子供をアトピー性皮膚炎から守るためには、こまめな換気と掃除が大事だということはもちろん、家の中の空気を清浄化するシステムを考えた家づくりが必要だといえます。

この記事を書いたプロ

株式会社創和建設 [ホームページ]

一級建築士 松井基浩

和歌山県和歌山市和田152-1 [地図]
TEL:073-479-3000

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
松井 基浩(まつい もとひろ)さん

木炭の力で健康で快適に過ごせる空間をつくります(1/3)

 株式会社創和建設は、和歌山県内を中心に戸建て住宅や店舗、公共工事などを幅広く手がける工務店です。和歌山市にある事務所へ取材に訪れた日は、日差しが照りつけ、蒸し暑い真夏日でした。ところが事務所内は、空調は強くないのにじめじめとした感じがなく...

松井基浩プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

木炭の力を利用して、健康で快適に過ごせる空間をつくります

会社名 : 株式会社創和建設
住所 : 和歌山県和歌山市和田152-1 [地図]
TEL : 073-479-3000

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

073-479-3000

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松井基浩(まついもとひろ)

株式会社創和建設

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
増加する子供の花粉症!自分の子供が花粉症かなとおもったら

子供の花粉症は、呼吸がしづらくなるなど体全体に影響します。また、風邪と区別がしにくいため、子供独特の花粉症...

[ 子供のアレルギー ]

小児喘息の原因は遺伝子による体質とアレルギー

小児喘息は、ひどくなると呼吸困難に陥る激しい病気です。小さなお子さんを苦しませないように「できることはして...

[ 子供のアレルギー ]

シックハウス症候群に有効な機能性塗料「ヘルスコート」とは?

気密性が高くなった現代の住宅で問題になっているのが、建材に使われている化学物質と湿気によるカビやダニの発生...

[ シックハウス症候群 ]

シックハウス症候群対策としての建築基準法改正と問題点

新建材が使われ、気密性の高くなった現代の住宅で、シックハウス症候群の問題が起こるようになりました。国も見過...

[ シックハウス症候群 ]

シックハウス症候群の間接原因となる結露への対策

シックハウス症候群は、化学物質以外の原因で引き起こされる場合があります。カビやダニがその代表的なものです。...

[ シックハウス症候群 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ