コラム

 公開日: 2017-01-08 

子育て世代のダイニングテーブル選び

子育て世代。
家事に仕事にと忙しく、できるだけ手間をかけずに毎日を過ごしたいと思われる方が多いと思います。
その一方で、子どもには家庭の愛情を伝え、豊かな人間性をもって育ってほしいですね。
そのためには、家族が仲良く助け合い、チームとなって暮らしていくのが大事かな、と思います。

でも。
言葉でそういうのは簡単ですが、なかなかそうは行かないのも現実。
家族のコミュニケーションに悩むご家庭はたくさんあるようです。

そんな悩みにも、インテリアが役に立ちます!
家族が自然とまとまるような「仕掛け」を、インテリアで作っていきましょう。
初めにちょっと手間をかけてきちんと選択することで、後が全然違ってきますよ。

今日はダイニングテーブルの選び方をご紹介します。

【ダイニングテーブルの役割】
食卓を囲むというのは、まさに家族団らんの姿です。
ダイニングテーブルは現代の囲炉裏とも言え、家族のコミュニケーションの中心となる場所なんです。

子育て世代のダイニングは、食事をするだけでなく、お子さんが本を読んだり、宿題をしたり、お絵かきしたり、ゲームをしたりといろんなことに使われることになります。大人も、郵便物の仕分けや家計簿付け、縫物、ノートパソコンを使ったりと、ダイニングテーブルの用途は幅広いと思います。

お子さんが少し大きくなり、例えば塾に通ったり、クラブ活動などで食事の時間が家族でバラバラになることもあるでしょうし、親の方も仕事で帰宅が遅くなり、一緒に食卓を囲むことが難しいときもあると思います。

そんな時も、誰かが夕飯を食べている横で、他の誰かが新聞を読んでいてもいいし、宿題したりゲームをしたりしていてもいいのではないでしょうか。
別々のことをしていても、何となく、同じ部屋で同じ場で空気を共有していることが、安心感やつながり感を生むのです。






【テーブルのサイズ】
そのために、ダイニングテーブルは食事スペースだけと想定するより、少しゆとりのある大きさをお勧めします。

時々「大きい家具を置くと部屋が狭くなるから、家具小さい方がいい」というお声を聞きます。
伝統的な日本の和室は、家具を置かず、ひとつの部屋にある時は食事に、ある時は寝室にと多用途に使ってきました。装飾は建具や床の間のみに抑え、空間はスッキリ広いのが和室の美しさです。
その一方で、洋室は、家具を置くことで初めて部屋が使えるものになります。

通路が取れないほど大きな家具を置いてしまうのは論外ですが、小さすぎる家具も使い道が限定され、かえって邪魔になるということもあります。
ダイニングやソファには特にそれが言える気がします。
お部屋のサイズと通路の必要巾をきちんと図り、許す範囲でゆったりしたものを選ばれるのがいいと思います。





【素材】
子育て世代のダイニングテーブルの素材は、気持ちが安らぐ、木製のものがおすすめです。
触ってもひんやりせず、固すぎない「無垢材」ならなお、お子さんの情緒も安定しそうです。

一般に木製テーブルと言っても色々あり、一番よく出回っているのは、薄い板を張り合わせて、一番表面だけに木目のきれいな本物の木を使っているものです。
もちろんそれでもいいのですが、無垢材は表面の内部も同じ木でできていますので、より木の存在感、自然素材の安らぎ感が得られます。表面に塗膜を作らないオイル塗装を選べば、木の呼吸をさまたげず、万一傷がついたりしても、サンドペーパーなどで自分でメンテナンスができるので、小さいお子さんがいるご家庭でもあまり気を張らずに使えると思います。

年に1~2回、全体にサンドペーパーをかけ、木部用のオイルを薄く塗りこんであげると、木の風合いを生かしながら、耐水性も保てます。

最近はアルコール除菌シートなどでテーブルを拭くこともあると思いますが、アルコールなどの薬品で繰り返し拭くことは木を痛めます。アルコール除菌を頻繁にされたい場合は、耐薬品性のあるメラミン素材や、ウレタン塗装を施したテーブルを使ってください。(購入時には必ず確認してくださいね)




そして、時には照明や器、テーブルクロス、花などで、食卓の雰囲気を楽しく演出してみましょう。
本当に、ちょっとした簡単なことでも、子どもたちも喜んでくれて盛り上がります!




インテリアで楽しく、人生を充実させていきましょう!

この記事を書いたプロ

Office SPIRAL [ホームページ]

インテリアコーディネーター 水田恵子

大阪府大阪市城東区鴫野西 [地図]
TEL:090-8162-7080

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
自宅セミナーご案内

昨年完成した我が家には、わたしのこだわりと、インテリアコーディネートのポイントをギュッと詰め込んでいます。ここで実際のインテリアに触れていただきながら、イ...

 
このプロの紹介記事
水田 恵子(みずた・けいこ)さん

家族みんなが笑顔になれる「おうちづくり」をお手伝い(1/3)

 インテリアコーディネーター・水田恵子さんは、「おうちを居心地の良い場所に」を目指し、整理・収納から模様替え、家具の買い替えや新規購入、リフォームの計画など家にまつわるあらゆる相談事に応えるアドバイスをしています。特に、「共働きで忙しい」「...

水田恵子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

インテリアや整理収納の相談に応じ、心地良い暮らし方を提案

会社名 : Office SPIRAL
住所 : 大阪府大阪市城東区鴫野西 [地図]
TEL : 090-8162-7080

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8162-7080

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水田恵子(みずたけいこ)

Office SPIRAL

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
インテリアの仕上げ ファブリックパネル
イメージ

久しぶりのコラムになりました。インテリアコーディネーターの水田恵子です。Office SPIRALは、暮らしを楽しく...

[ 美しいインテリアのお話 ]

夫や子どもとたくさん話そう!会話の弾むインテリアとは。

家では、なんとなく会話がしづらい、大事な話ほどしにくいということはありませんか?子どもが中学生くらいにな...

[ 子育て世代の住まいづくり ]

子どもにどんどん手伝ってもらおう!

ワーキングマザーに限りませんが、子育てに手を取られて、毎日の家事がままならない!という主婦の声をよく聞きま...

[ 快適暮らし思考 ]

「色」の効果を子育てに生かす
イメージ

こんにちは。2月に入りましたね。明日は立春、四季が始まっていきます。我が家は中学3年の長男が、いよいよ高校...

[ 子育て世代の住まいづくり ]

機嫌よく暮らせば運が付いてくる

今年は暖冬が続いていましたが、やっとというかついにというか、今日はかなり冷え込んだ大阪でした。冷たい時雨...

[ 快適暮らし思考 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ