コラム

 公開日: 2015-02-12  最終更新日: 2015-03-14

特集 仕入れ値アップのしのぎ方 【食品商業2月号・青果部門】・商業界・原稿

■増え続ける相場の騰落要因

青果物の相場は、天候や産地の気象被害、為替、そして需要拡大を続ける中国問題などに強い影響を受ける。
昨年後半は、台風が接近、また上陸し、西日本を中心に大雨となり、産地では大きな被害が出た。12月に入ってからは、日本海側を中心として、寒波が押し寄せ、雪や低温による天候被害が多くなった。従来ハウス栽培の品目は気温の変化などを受けやすく、冬場は燃料コストがかかってくる。しかし昨今、欧州や新興国景気の減速や世界的な原油生産量の増加から原油価格が値下がりし、円安を吸収して足元は下落傾向にある。
このようなことから、青果物の相場は、産地の気象変化だけではなく、内外を問わず多くの原因によって変化するようになってきている。

■相場上昇品目

この冬、野菜では、寒気や雪の影響を受けて、ほうれん草や水菜などの軟弱葉物類やハウス栽培のきゅうりやトマトを中心とした果菜類などの相場がアップしやすくなる。
また、果物では、グレープフルーツやオレンジ、レモンなどの輸入柑橘などが、円安の影響を受ける。そして、年間最大の売上高のバナナは、円高もさることながら、最大輸入国であるフィリピンの昨年の台風の影響が残ることや、大消費国である中国の動きが相場を左右するものと考えられる。

■相場高の時の基本的対応策

基本的に注意したいことは、グレードを落としての単純な安売りをしないことである。グレードを安易に下げることは、お客からの信用を低下させることにつながる恐れがある。
そのためにキャベツなどは、玉売りから1/2カットへ中心SKUを変更することや、1/2カット、1/4カットの定番の他にも、1/6や炒め物用カット等で量目をコントロールしてプライスラインを増やし、お客の買いやすさを演出する。
果菜や土物などは、バラ売りコーナーを設置して、必要な量だけ買えるようにすること。バラ売りを集めてバンドル販売をすることも効果的である。
また、カット野菜もサラダ用や炒め物用を中心に、ここ数年販売量を確実に伸ばしてきているが、野菜の相場高の時には、もやしなどと並んで確実にその量を伸ばすことから、品揃えを充実させて、欠品を起こさない努力が必要である。

輸入果物については、果物のトップアイテムであるバナナ。
バナナは例年、4月後半から5月6月はトップの消費支出となる。国産果物では、4月後半からいちごの売上が低下して、6月のメロンや西瓜が出回るまで例年トップとなる。
朝食アイテムとして、バナナやグレープフルーツ、オレンジやキウイフルーツなどは重要アイテムである。3月後半から4月に掛けて、新生活、新学期が始まる。シリアルやヨーグルトなど関連販売を徹底して、関連購買を促す売場作りを行うことが重要であり、顧客の買い上げ単価アップにつながる。


■物の価格ではなく、それを使うことによるベネフィット(得)を売る・・・POPの重要性

「原価がいくらで、売価はいくら」ということは商売をする以上大切であるが、これは、売る側の視点である。
「なぜそれを買うのか」「なぜ買わなければならないのか」という様な、買う側の視点を考えることができれば、新たな需要を生むことができる。また、売価を高位に設定することも可能である。
お客が知らなかったこと、気付かなかったことに焦点を当てて、需要を創造するのである。

有機農産物や高糖度トマトなどのような高品質のこだわり品。果物やトマト、さつま芋や玉ねぎなど、糖度の高さや味に自信を持てるもの。バナナやトマトを中心とした、健康維持やダイエット、美容に効果があるといわれる品目。カット野菜やカットフルーツなどの簡単便利で、手間を省き、時間を短縮してくれる物。など、その価値をお客に確実に伝える努力をすることが出来れば、お客様の「買いたい」「使ってみたい」という気持ちを刺激して、販売数量を増やすことができる。
そういう意味では、プライスカードはあるが、情報伝達のためのPOPが少ない売り場が圧倒的に多い。

効果的なPOP作成のためには、
1.明確なターゲット(誰に買ってもらいたいのか)
2.明確なベネフィット(それを買うと、どの様な良いことが有るのか)
3.ユニークな特徴(ベネフィットの裏付けは何か)
ということを基本に設定し、ターゲットが興味をそそるようなキャッチコピー(フレーズ)を付けること。
また、全体として、明確でわかりやすく、見やすい、読みやすいことに心がけて作成に当たることが重要なポイントである。

競合店に対して、商品やサービスの差別化をはかれれば、円安になっても、相場高になっても関係なく、価値を伝えることができれば販売量を伸ばすことは可能である。

価値があるのであれば、その魅力を感じる商品に仕上げる努力が必要であり、逆に言えば、安くてもその商品やサービスに魅力を感じなければモノは売れない。


■モノの価格ではなく、それを使うことによるベネフィット(得)を売る・・・試食販売担当者のスキルアップと計画的実施

お客に、商品を直接食べていただくことが効果的であることは言うまでもないが、効果的に実施している店舗は、意外に少ない。
試食販売を無人でやっている場合と、商品とその使い方を熟知した担当者が、直接お客にお勧めするのでは、結果(販売量)に大きな差を生む。また、試食販売を実施した後の販売量は、格段に違ってくる。

効果をアップさせるためには、午前午後のピーク時間帯や広告チラシの投入初日などの繁忙日などに実施することである。そして、販売する担当者の商品知識の習得や販売スキルのアップが重要なカギとなるので、事前の教育訓練を計画的に実施することが求められる。



思い出ケーキ 思い出ケーキ2
事例1:カットフルーツで手作りケーキ
輸入のグレープフルーツ、オレンジ、キウイ、ブルーベリー、国産のメロンなど、単価の高いものや量の多いものは、アソートパックを作り、全体としての購入単価を下げることにより、買いやすさを演出する。


■根本的に焦点を変えて行動を変える・・・「モノに豊かさ」から「心の豊かさ」

内閣府の「国民生活に関する世論調査」によると、1980年頃より消費者の豊かさの価値観が変わってきていることが解かる。戦後から高度成長期を経て1970年前半まで、消費者は、モノ自体を所有することにより豊かさを感じていた。
ところが、大方モノが行き渡ると、日々の心の豊かさを求める消費者が確実に増えてきて、その差は大きく拡大している。
このことには、商品の価格高騰への対応というだけでなく、商品化や売場づくりなど、競合店と戦う上で無視できない、重要な差別化の要素になってきていると考えられる。

この意味からも、商品の価値をお客に伝える努力とその差が、売上の差になってくることが考えられる。


■そのための生産性アップ・・・付加価値作業のための人時をつくり出す

試食販売や推奨販売、顧客のための価値ある情報発信、そのためのPOPや動画等の作成と、それを効果的に伝えるためのコピーライティング。特に効果を出すためのキャッチコピー(フレーズ)の技術アップなどが、付加価値のある商品の売上を伸ばすためには重要なスキルとなってくる。
しかし、売りを伸ばすためのPOPの作成や有人の試食販売を行うには、それを行うための新たな人時が必要になってくる。
また、国内経済の活性化から、地域差はあるものの、パート社員の人件費の上昇が見られる。
そのための対策としては、作業改善が必要になってくる。単純作業の無駄をなくし、作業段取りや作業手順の見直しなどを行い、作業全体の処理能力を高くして、現状の総人時の中から有効人時をつくり出す必要である。
人時投入のメリハリを付けて、付加価値作業については、人時売上高は一時的に低下しても、荒利益率を高くして、人時生産性を高くするという発想である。


■絶対価格と相対価格

価格高騰の時に、価格で競合店と戦う方法もあるが、ほとんどの場合、荒利益低下を招き、賢い選択とは言い難い。対策としては、品質や鮮度、産地や生産者など、その商品の持つ付加価値の情報をお客に伝え、価格の維持やアップを狙いたい。前者は、絶対価格(単純に価格で比較)で、後者は、相対価格(品質に対して価格を評価)である。
例えばキャベツは、NBの加工食品ではない。品種や産地、生産段階のこだわりや鮮度など、価値を確実にお客に伝え、価格の維持、向上に努力したい。

みかん糖度 玉ねぎ・生で
みかんの糖度表示 と 玉ねぎの生食提案

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ