コラム

 公開日: 2015-06-06  最終更新日: 2015-11-22

“楽しい店”に、お客は集まる!

先頃、私のクライアントの店舗で、ある企画を行った。

競合がひしめき合う環境で、どうしても価格競争に陥りやすい。
事実、この店舗でも、かなりその状況に陥っていました。
訪問当初は、野菜や鮮魚の鮮度が悪く、
店舗側は、「安く売らないと客が来ない」と、価格一辺倒の考え方になっていました。

お客は、決して価格だけで買い物をしているわけではない


この店舗では、このことは、すっかり忘れ去られていた様に思います。

業績が悪いチームに多いことは、自分側の考えで店をつくっているということが有ります。
「安く売らなければ、売れない」
それは、全くの間違いです。

NB(ナショナル・ブランド)の商品でも、信用のある温かく対応してくれる店員さんのいる店では、安売り店より高くても売れていきます。
ましてや、野菜や鮮魚、精肉など生鮮品になれば、確実に信用信頼のある店を、お客は選別して、そこで買い求めるでしょう。

「価格だけのお客もいる」
それも事実です。
しかし、そこをターゲットにしていては、お店に将来はありません。
勿論、安く売るための作業改善や、仕入に力を入れることを怠ってはいけませんが・・・。

愉しい店には、お客が集まる!


野菜や鮮魚の鮮度もアップし、安定している状態になってきました。
しかし、競合状況が依然厳しい状況に有ります。

そこで、私は、
「愉しい」「嬉しい」「面白い」という様なことを感じてもらえる企画を提示しました。
店頭市・1
⇒個性豊かな、専門店さんに出店頂いた

具体的には、写真に有るようなこだわりの有る専門店に依って頂き、店頭でミニショップを開いていただきました。
第一回目でありながら、あいにく朝から天候が思わしくなく、午後になって少し回復して、徐々に客足も増えてきました。
店頭市・2%
⇒若手の八百屋、こだわり野菜も数多く販売

店頭市・3
⇒鮮魚部門も店頭で、旬のカツオのわら焼き

店頭市・4
⇒素材にこだわった、完熟素材のジャムやはちみつ

賑やかな店頭で、久々にお客様同士や子供たちの笑い声が響いていました。
店頭市・5
今回、初回ということも有り、準備不足は否めません。
二回目以降は、店舗数も増やし、新聞折り込みチラシも大々的に宣伝します。

続ければ、間違いなく評判を生むような企画になるでしょう。
なにより、
お客様が愉しんでくれるでしょう。

“お客様目線”が、商売を発展させる


私は、数千億円のリージョナル・チェーンから、ローカル・チェーン、高級スーパー、高質スーパー、片田舎の一店舗10億円にも満たない会社、各種公共団体など、業務改善のコンサルティングをさせて頂いています。

全てにおいて、“お客様目線”が企業の発展の元です。
公共団体も例外ではありません。

例えば、小料理店で、料理は普通でも、愛想の良い女将が何時も対応してくれる店は流行ります。
料理は良くても、対応が逆では、何れお店は、無くなるでしょう。
価格が安いだけなら、いうまでもありません。

スーパーマーケットはセルフサービスです。しかし、ノン・サービスどは有りません。

「愉しい」「嬉しい」「面白い」という様な情緒的な部分に焦点を当てて、お店づくりを考えてみると、今までに見えなかったことが見えてくるのではないでしょうか。

優しい、温かい挨拶。
清潔感のある売場。
徹底した鮮度。
品切れを無くす。
   ・
   ・
   ・
単なる決め事としてではなく、「愉しい」「嬉しい」「面白い」を感じられる店にするために。

セルフサービスですが、そこにいるのは、店員もお客も “人と人” です。

【お役立ち関連記事】
クリスマスの売上・「アップ組」と「ジリ貧組」

▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼
業務改善事例

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ