コラム

 公開日: 2015-06-10  最終更新日: 2015-11-22

強い ・・・ 在庫管理・術!

中小零細企業の多くは、数字に弱い。
本質的な数字の持つ意味を正しく理解していない。(大手でも・・・)

ある訪問先で、
「生鮮部門の、毎月の在庫金額を把握するように、店長に指示しています」と、本部の部長からの話があった。
私は、
「金額で、問題(成否)が解りますか?」と切り返したら、
部長は、
「・・・・・?」

私は、
「ほとんど意味を持たないと思いますよ」
「在庫は、現場で現物を視て、内容を確認することが重要です」
と答えた。

データは、現場の本質を良く熟知した人が見ると、一つの仮説を設定するツールになることは確かである。
しかし、あくまでも仮説の範囲内である。
良いか悪いかを判断してはいけない。

現場の状態を視ず、数字しか見ていない場合の、商品回転率、回転日数などは、全く何の役に立たない。逆に、誤った指示を現場に伝えることにもなりかねない。


データの無力さ・・・


単純な話、
土曜日に棚卸をしたら二日分の在庫であるし、土日の売上が高い店舗の場合は、二日分では済まない。
また、
在庫は、量や金額ではなく、中身やその質が問題なのである。

理念を理解していない店は、棚卸し前になったら発注を控え、在庫金額を減らそうとする。
結果として、欠品が起こることも少なくない。

この様な店の棚卸の時の在庫は、売れ筋が少なく、回転の悪いB~Cランクの在庫比率が高い状態となる。平常から在庫過多で、当然、品質の低下(日付が古い)した商品が多く、商品ロスも多い。

本質を理解している店の在庫は、平常時は、ほとんど(量的に)適正に保たれていて、棚卸だからといって発注を抑えたりはしない。
欠品には罪悪感を持ち、お客様にご迷惑をお掛けしないことを優先する。


数字に頼る、多くの弊害



このように、机上でのデータのやり取りだけで議論をすると、多くの場合間違った見解を導き出すことも多くなる。

スーパーマーケットの場合、今後、厳しい競争の中で勝ち残るためには、生鮮品の鮮度と品質が勝負である。
この場合在庫は、戦略上、どれくらい高い品質を設定するかということになる。
葉物は、カット商品は、揚げ物はというように、日、時間、そして目利きで管理される。

野菜などは特に、市場の相場の騰落で、金額ベースが大きく変化するという特徴もある。

また、グロサリーで、賞味期限の長い商品で、売れ筋の場合。
フェイシングの拡大を行い、陳列増量を増やして、回転率を落とし、発注回数と補充回数を減らす工夫が生産性を高めることになる。

以上のことは、一例に過ぎないが、机上の数字では、ほとんど見えてこないことであるし、見方を間違えば、間違った指示を出ししまうことにもなりかねない。


現場を視て、あるべき標準を設定する


在庫予算を設定することは大切なことである。
しかし、最も重要なことは、その内容をしっかりと全員が把握して、ことに当たることが最も重要である。
「野菜の相場が高騰し、結果的に金額ベースで在庫金額が多くなった」という様なことは、何の問題もない。

部門の売上規模にもよるが、
⇒B~Cランク品は、開店後、(売り場に出し切って)バックルームには在庫がない。
⇒商品毎に、在庫日数の設定されている。
⇒商品特性毎に、品質特性上、売り場の陳列量が大方決められている。

という様な数値目安の設定は、現場で工夫して行いたい。

これらが在庫管理の基本である。
そして、その総和が、あるべき在庫金額ということになる。


強い会社にするための在庫管理


不適切な在庫量は、機会ロス、商品ロスというような、商品に関わる多くのロスを発生させ、粗利益の低下を招く要因となる。

そして、意外に考えられていないことが、人時ロスである。
過剰であれば、荷受検品、商品移動、作り過ぎ、出し過ぎ、手直し加工、疲労など、多くのムダな人時投入を行うこととなる。

結果として人件費効率を落とし、営業利益の低下につながる。


このように、ムダな在庫、不適切な在庫量は、競争力を確実に低下させてしまう。


もう一度現場で、それぞれの在庫(陳列量も含む)について、深く検証し業務改善に繋げていただきたい。
改善できれば、多くの成果が感じられると思います。

【お役立ち・関連記事】
視点を変える・・・在庫1
視点を変える・・・在庫2

▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼
業務改善事例

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ