コラム

 公開日: 2015-10-21  最終更新日: 2015-11-22

ハロウィーンと生産性

10月に入り、確実に秋の気配を感じるようになってきた。
また、短い秋になるのだろうか・・・。

この時季スーパーマーケットの売り場では、秋の味覚のフルーツや秋刀魚などが売場を活気づけてくれる。鮮度感や陳列演出力の差はあるものの、多かれ少なかれ売り場が出来上がっている。

しかし、この時季、店舗によって大きな差が出るのが、ハロウィンの売り場である。
全くと言っていいい程何もやられていない店もあれば、大々的に展開している売り場もある。

やってないから悪いということではない。

ただ言えることは、新しいチャレンジをしているか、していないかは感じ取ることができる。
そして、今やお菓子関係のイベントとしては、クリスマスやバレンタインデーに続く、大きなイベントに育ってきている。これをものにしないことは、余りにももったいない。

私のクライアントでは、多くの店舗でハロウィンの売場作りに力を入れてもらっている。

SYハロウィーン
           初めてチャレンジしたチームの売場

SMハロウィーン1
           日配担当の女性パート社員の作品

重要なことは、その主役はパートタイマーの女性従業員であるということである。
幼稚園や小学校低学年の小さな子供を持つ母親であったり、それを卒業した少しベテランのお母さん達だ。完全に売場作りを楽しんでいる。
そして、これは都心の店舗だけの話ではなく、片田舎のスーパーでも果敢にチャレンジしてもらっている。

多くの場合、仕入れの段階から自主的に行い、自分で責任を持って企画を立てている。ハッキリ言って、ここで、おじさんは参加しない方が良い。自信のないパート社員に、アドバイス程度は良いが、基本的にはやらせてみることだ。殆どの場合、確実にスキルを身に付け、育ってくれている。

重要なことは、
1.やった事のないハロウィンという新たな企画にチャレンジすること。
2.ある程度のボリュームを持って売り場展開を行うこと。
3.出来るだけ、女性従業員(出来るだけパートの女性)に担当させること。
4.数量管理や仕入れ管理はチーフや店長がフォローすること。
そして、
5.成功事例は担当者をたたえ、失敗事例はリーダーが責任を持ってあげること。

SMハロウィーン2
           おじいちゃんも、おばあちゃんも、お孫さんのために品定め・・・新たな需要の創出

お客さの期待以上の売場をつくり、お客様を楽しませること。

そして、店舗は、新しいことに果敢にチャレンジして、新たな実績を積み上げることができる。
そして何より、
パート社員の隠れている才能を引き出してあげて、仕事をより楽しいものにしてあげることが出来れば、会社全体の生産性を大きく向上することができる。

手間暇を掛けるということは、生産性を低下させることではない。全く逆なことである。掛けることと手を抜くことのメリハリを確実に付けるということである。
お客様に対してのサービスレベルの向上と、従業員のスキルアップ(結果としてのチーム力アップ)の視点から取り組めば、生産性は確実にアップする。これが正しい業務改善なのである。

ジリ貧におびえているだけでは、なにも生まれない。
是非、失敗を恐れずに、新しいことにチャレンジしてもらいたい。

【お役立ち関連記事】
クリスマスの売上・「アップ組」と「ジリ貧組」

▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼
業務改善事例

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ