コラム

 公開日: 2015-10-23  最終更新日: 2015-11-22

リーダーの時間の使い方で、会社もチームも結果は大きく変わる

結果を出し続ける会社(チーム)とそうでない会社。
あなたの会社は、どちらでしょうか?
私は、仕事の都合上、会社のリーダー(社長、部長、店長など)に、一、二回お会いしただけで、そのチームの力が大方解ってしまう。

チームは、リーダーで決まります。
そのリーダーのリーダーシップの中身で、そのチームの一年後、三年後の結果が、かなりの確率で決まってしまうと言っても過言ではありません。

過去現在、クライアントのリーダーの事例

事例をいくつか紹介します。

1番目は、営業利益を前年比10倍にした、弊社クライアントのスーパーマーケットのCOO(最高執行責任者)。
このリーダーは、誠実で、前向き。ですが、素直かというと、必ずしもそうではありません。(私に対しては、そうではないが・笑)でも、これは裏を返せば、自分の考えがチャンと有るということです。
売上高は、前年比90%台の後半。人件費は、90%未満。そして、広告宣伝費は60%台です。

特にこの1年、「目先の売上を追うな!」と指導させて頂いています。
「売り上げは、行動した結果として、後からついてくる」と言い聞かせています。
残念なことに、今月の売上高は、前年比110%程度で推移しています。(笑)
少し出来過ぎですが、胡坐はかきません。何時かは、また下がる時が来ます。

『追っているのは、営業利益』、強い会社にすることです。
利益が出れば、人財教育に投資できます。目標までは、まだまだ遠いですが、プロセスとしては、ほぼ計画通りに、推移しています。


2番目は、業務改善活動を進めているますが、結果が出ないということで、弊社に相談に来られたA社の業務改善担当部長。
話を聞いていると、目的は、『パートナーさん(おそらくパートタイマー)の働く環境の改善』ということです。何とも珍しい会社。
目標は、とお聞きすると「分からない」とのこと。
当然ゴールも見えていない。社長が言っていることを、反応的にこなしているのです。主体性を感じません。
リーダーが、何処に行きたいか分からないのに、大海原に航海をさせられる可愛そうな従業員のチームです。(実は、結構多いタイプ)


3番目は、弊社にコンサルタントを依頼しながら、最初は私共が訪問する日に同行していた。が、次第に参加しなくなり、そのうち担当者任せになってしまった。
これでは、まず結果は出にくいと言えます。出ても高々しれています。

4番目は、以前指導させて頂いていた会社。久しぶりに常務(社長夫人)から、相談の連絡が入った。
「会社の経営状態が、かなり苦しい」という。
私のスケジュールが一杯で、ゆっくり対応出来ない時期でした。
仕方がないので、別のクライアント先に出向く予定日の前日夕方に訪問することにしました。
そして、その旨を伝え返事を待っていました。
すると、「どうしても、夜にならないと社長の時間が取れないそうです」という常務からの返事。日曜日の夕方ということで、まさかと思い、常務に尋ねてみると「ゴルフみたいです」と、ビックリする様な答えが返ってきた。
なんという社長だろう。この期に及んで、まだそんなことをやっているのか。従業員を抱えるリーダーとしての自覚を全く感じません。

この様に、世の中には、色々なリーダーがいます。
この他にも、多くの事例はあるのだが、上手くいくかそうでないのかは、実は、簡単なところで分かれる。

結果を大きく変えるリーダーの時間管理

それは、リーダーの考え方(意思)ということは、当たり前のことであるのですが、意外と理解されていないのが、リーダーの時間の使い方なのです。
時間は、全ての人に平等に与えられていますが、その使い方は様々です。

ここでいう時間とは、スケジョュールに分刻みに予定を入れるということでは無く、公私共に、重要事項に確実に時間を割り当てるという考え方のことです。

一見同じことのように感じる方もおられるかもしれません。しかし、内容は全く違います。特に、目先のことでは無く、3か月後、半年後、1年、3年後と中長期の結果が大きく違ってしまいます。

人(人時)に作業を割り当てるのか、優先作業に人(人時)を割り当てるのか、の違いと同じような意味です。
バックルームの作業を工場のように、淡々とこなすのか、お客様の買い場を常に良い状態に保つための作業に、優先順位を付けて行うのか。どちらの行動を取るかは、いうまでもありません。
これも、リーダーである店長や部門チーフの時間管理なのです。

当然のことですが、会社のリーダーである社長の時間管理となると、内容も重要度も大きくなります。

品出しして仕事をしているつもりの店長は失格

品出しや掃除など、新米の社員でも出来ることに時間を消耗しているリーダーも多くいます。
一時的には、必要になる場合があることは承知しています。
しかし、定例作業では困ります。
意地悪を言ってしまえば、単純作業に時間を使うということは、それに見合う給料しか会社は払えない(貰えない)ということになってしまいます。

高度成長期のように、ただ営業していれば、勝手に売上がアップする様な時代は、大昔のことです。
如何にお客様のニーズ、そしてウォンツに応える商品やサービスをお届けするかが、リーダーの主体業務であるのです。そのための戦略作りや組織作り、協力者とのコミュニケーション。従業員教育・訓練、自己学習などなど、やらなければならないことは、山積みです。
前向きに考えて、やれること、出来ることが沢山あります。それらに、優先順位を付けて、戦略的に時間配分する。
たとえ1時間でも、定時定例で行えば、半年後1年後には、大きな財産となって帰ってくるのです。
そして、小さい変化が、相乗効果となって、チーム力を確実に付ける。 単純作業で時間を浪費しては、余りにも勿体無いことです。

社長の正しい時間管理が従業員を幸せにする

店長の時間の使い方の良し悪しについては、その上のリーダーである社長や部長の現場の『行動確認』の回数と内容で決まります。この現場確認の回数と時間配分が適正であれば、直ぐに問題点は確認できますし、改善活動に繋げることができます。
店長の持ち時間が主体業務に確実に投入されていれば、確実にチームの出す結果が変わってくるのです。

お客様の期待に対して、高いレベルで応えるためには、その直接的、間接的業務に対して、店長やチーフが、優先的に時間を使えるような、仕組みにしてあげることが重要です。

上記4つのリーダーの事例のように、職位に関係なく、チームリーダーの時間管理が、将来の会社(チーム)の業績や従業員の成長、そして、福利厚生や報奨制度など、職場の環境の出来を左右します。

・部下の教育と訓練
・商品開発やサービス改善
・マーケティング
・社内、社外とのコミュニケーション
・調査や分析
・健康維持
・自己学習
など、重要課題に対する時間配分を定時、定例で計画的に、確実に増やすことを考えて頂きたい。プロセスなしに結果はあり得ません。

有効時間の積み重ねが、成長を確実のものとします。

リーダーの時間管理。今一度現状の確認をお願いします。

▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼
業務改善事例

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ