コラム

 公開日: 2015-12-24  最終更新日: 2016-08-03

利益を倍増する、税理士(さん)の戦略的活用法

あなたの会社でも、税理士さんに税務会計処理をお願いしていると思います。
私のクライアント企業においても例外ではありません。

ただ、その多くは、伝票処理や決算など、単なる処理業務をお願いしている場合が殆どです。
「当たり前でしょう」と言われるかもしれませんが、それは、お金の使い方としては、非常に勿体無いことです。

私は、
⇒月次決算の完全実施、
⇒損益計算書の推移確認表示
(直近(月々)の実績推移が1枚から2枚、で確認できるもの)
⇒部門(カテゴリー)別損益管理表の作成
⇒営業会議への出席
⇒各種、助成金などの情報提供
⇒地域経済状況の聞き取り
などをやってもらっています。

勿論、すべてのクライアントではありませんが、戦略的に踏み込んでやる場合は、最低やっていただく内容です。


税理士さんは、絶対ではない


各地の税理士さんは、事務所の規模、(対象業種の)経験などによって、強み弱みを持っています。私の経験からも、それはよくわかります。

当然、私たちコンサルタントも同じことが言えます。

それと、多くの場合、税務会計や経理の処理を行っている場合が殆どです。(あくまで、私が現場で確認している事例内では・・・)
それが、悪いということではなく、それだけでは、余りにも勿体無いということが言いたいのです。

IT(情報技術)の発展により、どの様な仕事も、単純化されつつあります。
税理士さんの業界も例外ではなくなっています。
税理士事務所間の競争により、数年前と比べると、その契約単価も確実に低下しています。


どういう契約(依頼)をすべきか?


では、契約者側からすれば、どういう契約(依頼)をすべきか、ということですが、お互いのメリットを考え、Win-Winの関係を構築するためには、料金を下げてもらうのではなく、前述した内容のサービスを提供してもらうことの相談をしてみることです。

税理士事務所側は、一時的に作業工数が多くなりますが、長い目で見ればサービスレベルが向上し、業界内においての競争優位性は確実に高まります。

前述した通り、こちらのメリットは多大に有ります。


改善活動の実施


そして、ただ、数字を見るのではなく、

⇒現状の課題の早期発見
⇒課題の重要度と内容によって、改善活動の優先順位を決める
⇒課題に対する対策と、具体的な行動計画を立てる
⇒役割分担と責任を明確にする
⇒実行に移す
⇒PDCA(改善策を決める-実行してみる-進捗を現場で確認する-修正する)のサイクルを短期で確実に回すのです。

また、絶対的に外せないことは、月次決算自体が、経理部門の処理作業に終わることのないようにすることです。
数値が整い次第、営業部門を招集し、会社の戦略(営業)会議を開催することが重要です。

小さい会社でも、意外にここの部分のコミュニケーションが取れていないことが多くあります。
それでは、何のために月次決算をやっているのか、意味を持たなくなってしまいます。


これらの意味から、月次決算の重要性をご理解していただけると思います。
お解りのように、リーダーが数字をいかに理解して、日々行動するかで結果は大きく変わります。


会社全体のことも同じ


以上のことを、会社全体のことに置き換えると、

⇒販売戦略の策定(実行計画と目標設定)
 ・・・なにをやるのか? どこまでやるのか?

⇒営業活動が、会社の理念・コンセプトに沿っているかを確認(実地検証)
・・・本当にクライアントのことを思っているか?

⇒損益計算書(会社のカルテ)を確認(実績確認)
 ・・・日々のプロセスが、結果を出しているか?

⇒実績数値のチェックと問題点の発見
 ・・・目標とのギャップの発見(良くも悪くも)

⇒仮説を立てて、改善計画を策定し、早期に取り掛かる
 ・・・早期に取り掛かり、決を確実にするために、現場をフォローする

ということになります。


エンドユーザー(顧客)のためにコラボレーションする


ベンダーの方々、士業の方々、そして、私達コンサルタントなど、直接的には、クライアントであるスーパーマーケット企業に対してサービスや商品を提供しています。

しかし、本質的に、その顧客であるお店のお客様のために仕事をしている、と考えるべきです。

私は、お店の顧客(従業員)満足のために、コラボレーションしていると思っています。
ですから、互いに良い関係が構築できれば、良い仕事ができますし、良い結果が出せると確信しています。

是非、関わる会社と良い関係性を築いて、企業価値を高め、企業力を付けてください。



▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼
                   ⇒ 業務改善事例



サミットリテイリングセンターは、『業務改善のコンサルティング』をさせて頂き、全国で100社以上の業績向上を実現してきました。
お問い合わせやご相談は、お気軽にご連絡ください。
電話:06-6654-6640 新谷・携帯:090-4033-1384
メールでのお問合せ ⇒ こちらからどうぞ


生産性向上セミナー                        ⇒ 生産性向上セミナーの詳細

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ