コラム

 公開日: 2016-03-18  最終更新日: 2016-08-03

春から夏の「異常気象」備えあれば憂いなし 【食品商業4月号・青果部門】商業界・原稿

晩春~初夏の気温が高い場合、気を付けること


この時季高温が続くようだと、いちごやサラダ野菜などは、出荷量が増え値ごろ感が出て、販売しやすくなるものと考えられます。
いちごは、パック売りだけでなく、箱売りや、ジャムやデザート材料としての提案をして、販売数量を伸ばす戦術を取ると新たな需要を作ることが出来て、全体の販売量を伸ばすことが出来ます。

果物は、いちご以外、主要品目が見当たらないこの時季です。西瓜やメロンの大型商品が売上貢献するまでの間、高い気温を利用して、オレンジやグレープフルーツの拡売を徹底して行います。生食は勿論、フレッシュジュースやデザートの提案を行うと効果的です。そして、気温の上昇とともに、カットフルーツの販売量が確実に伸びて来ます。パイナップルは、SKUの拡大を確実に行います。
西瓜やメロンは、例年より、1、2週間早めに売場を拡大して、夜間、西瓜1/6カットとブロック・小パック、パイナップル・小パックなど、欠品が無いようにしなければなりません。
導入期に味の良いものを選定して、販売することで導入期から成長期までのライフサイクル前半の売上を伸ばします。

野菜は、新物のじゃがいもや玉葱などを含めた、サラダ関連の売場を、平台前面でフェイシングを拡大して、コーナー化します。
週(日)替わりのメニュー提案や関連販売で、目先を変えて、お客に飽きさせない売り場の工夫をすることも重要です。
キロ単価の高い、果菜類と茸を中心に、サラダや中華など、明確なメニュー提案を行い、関連販売を徹底することによって販売点数を伸ばします。
また、トマトは、高温が続くと平地の色付きが早くなり、高糖度系のものは、糖度が乗りにくくなります。
高糖度品は、5月上・中旬までの早い時期の仕掛けと拡売を強化しましょう。

単品によっては、相場安も予想されます。その場合、市場内での高品質の産地や品種を中心に仕入れて、絶対価格では無く、相対価格で品質価値をお客に打ち出します。要するに、単価を上げる努力と、値入れを確実にして、全体の粗利益額を確保することに注力します。
相場が下がった時、目先の売上に気を取られて、「安かろう、悪かろう」の売り方だけは絶対にしてはいけません。相場安で前年対比の売上が取れないことが問題ではなく、粗利益額が取れないことが問題です。
相場安の時に、粗利益高を落としてしまうと、その後、そのカバーをすることになり、販売戦術的にも成約が出てきます。このことは、販売戦略上重要なポイントであることを、今一度肝に銘じて行動しましょう。


梅雨の時季、7、8月の注意点


梅雨時期は、体感温度が低下することにより、サラダ野菜、果物共に売り上げが一時的に低下する傾向があります。
週間天気予報などをこまめに観察して、MD計画を組み立てて、天気や気温の変化に確実に対応した、プロモーションの修正対応(コントロール)が重要です。
SMサラダ関連
例えば、天気がよければ、サラダメニューや果物を前面に打ち出した売場に、また、雨が続けば、中華やイタリアンなどのメニューを打ち出すという様な、切り替えを確実に行います。お薦めの美味しいドレッシングやパスタ、簡便の中華調味料などを関連陳列して提案を行い、お客の目を引きつけ、立寄り率を上げる売場作りを研究、実践することを強くお薦めします。
どちらにしても、ムダな在庫を持たず、天候や気温の変化に対して、常に素早く対応できる体制を整えていくことが、重要であり、売れ筋商品の欠品や、ムダな在庫を持つことによる鮮度劣化を引き起こさないよう、仮説設定の技術を磨くことに重点を置いて行動しましょう。



サミットリテイリングセンターは、『業務改善のコンサルティング』をさせて頂き、全国で100社以上の業績向上を実現してきました。
お問い合わせやご相談は、お気軽にご連絡ください。
電話:06-6654-6640 新谷・携帯:090-4033-1384
メールでのお問合せ ⇒ こちらからどうぞ


生産性向上セミナー                        ⇒ 生産性向上セミナーの詳細

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

高収益の会社に変える!戦略立案、愉しい売場、生産性の向上。

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
売上を簡単に上げる方法 【商品開発・編】
イメージ

先日、高知県・地産外商公社から依頼を受けて、3日間、各審査会の審査委員をさせていただきました。スーパー...

[ スーパーの営業戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【2】 商人舎Magazine 4月号・原稿
イメージ

今回は、営業利益を大幅に向上させるために、生産性を向上させる。そのための『考え方』について、事例を交えなが...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

『お客と社員に支持される生産性向上策』 【新連載】      商人舎Magazine3月号・原稿
イメージ

私は、スーパーマーケットを中心に、業務改善のコンサルティングをさせていただいています。業務改善という...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

売れる、そして稼ぐ、店舗レイアウト【商人舎magazine11月号】・原稿
イメージ

店舗レイアウトを改善することによって、販売力や生産性を大きく向上させることが出来ます。新店舗の開発や既...

[ スーパーの業務改善 ]

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】
イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思いま...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ