コラム

 公開日: 2016-07-25  最終更新日: 2017-09-08

売上を簡単に上げる、POPの役割

販促手段として重要な位置を占めるのがPOPです。
しかし、スーパーマーケットの売り場で、有効なPOPを店内で見ることは少ないといえます。


それは、POPの意味と目的、目標を理解していることにあります。

POPの役割は、あなたが販売している商品やサービスを気付かせ、顧客の願望や需要を生み出し、それを刺激し、購買へ導くことです。
このようにPOPの役割を考えれば、POPを書く事は、とても楽しく、ワクワクするものになります。


今販売している、その商品やサービスを、「今すぐ欲しい」と、顧客が思っているかどうかは別として、顧客は何時も、何らかの欲求を持っているのです。

その何かを、POPによって、販売している商品へと関連付けるのです。そして、その欲求を強烈に刺激していくのです。
AS河南店POP1 
AS河南店POP2


POPを書くことは、販売力のある腕の良いマネキンさんを雇うことと同じです。
欲求に気づかせて、商品を買うことになって得られるベネフィット(得)を教育すれば、お客は納得して購買行動を取るのです。


POPは、書くまでは手間暇かかりますが、売り場に貼ってさえしてしまえば、後は、自動で販売の仕事をしてくれます。
勿論、商品の陳列場所や、POPの貼る位置を間違えなければ・・・ですが。

また、掲示したPOPの反応が悪ければ、すぐに書き換えればいいだけです。


良い商品だけでは売れません。
『良い商品×良いプロモーション』の相乗効果で、商品の売上は飛躍的に伸びるのです。


商品の価値を伝える努力を惜しんではいけません。
このPOPの役割と目的を理解して、売れる力を持った営業マンを作ってください。


★★★★★『スーパーの営業戦略』 その他の参考記事★★★★★

■ 参考記事はこちらから、ご覧ください ⇒ スーパーの営業戦略 


サミットリテイリングセンターは、『業務改善のコンサルティング』をさせて頂き、全国で100社以上の業績向上を実現してきました。
お問い合わせやご相談は、お気軽にご連絡ください。
電話:06-6654-6640 新谷・携帯:090-4033-1384
メールでのお問合せ ⇒ こちらからどうぞ


生産性向上セミナー                        ⇒ 生産性向上セミナーの詳細

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客と従業員に支持される、高収益の会社に変える!コンサル

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人手不足が小売業を変える!小売業が取り組むべき改善策【ダイヤモンド・チェーンストア215原稿】
イメージ

 個人とチームの能力をどう高めるか 生産性向上は利益アップの好機 近年、人手不足を課題とする小売業が増え...

[ スーパーの業務改善 ]

鮮魚の粗利益36.7%で大幅増益・・・競合ひしめく中の儲け方‼
イメージ

昨年12月、地方にある弊社クライアントの基幹店舗の鮮魚の粗利益率が36.7%の記録を出しました。粗利益高では...

[ スーパーの営業戦略 ]

生産性を上げる、戦略的人事考課・その2-実践事例 【商人舎magazine1月号】原稿
イメージ

人事評価(考課)制度は経営戦略であり、生産性を向上させるための重要ツールとして捉え、その仕組みをつくるとい...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

今からでも遅くない‼2017年末 「しっかり儲かる仕組み」をつくれ!【商人舎10月号】原稿
イメージ

年末年始は、スーパーマーケットにとって、年間トップの稼ぎ時です。それを確実に現実化させるために、年末に向...

[ スーパーの営業戦略 ]

3ケ月で、500万円の営業利益アップ・・・ジリ貧の青果部門
イメージ

記事のタイトルは、今月弊社のクライアントのある店舗の青果部門の話です。3ケ月の業務改善のコンサルティング...

[ スーパーの業務改善 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ