コラム

 公開日: 2018-01-15 

鮮魚の粗利益36.7%で大幅増益・・・競合ひしめく中の儲け方‼

昨年12月、地方にある弊社クライアントの基幹店舗の鮮魚の粗利益率が36.7%の記録を出しました。粗利益高では、前年同月対比144%です。額にして、171万円のプラスです。営業利益に於いても新記録を達成してくれました。

SM近大ぶり1712
この店舗は、すぐ近くにスーパーマーケット、ドラッグストアが3店の競合店が有ります。
地方の田舎街にしては、なかなか厳しい競合状況です。

            ◇2018年12月のS店の実績
SM鮮魚実績1712

目標を高く設定する


前年の粗利益率は、24%と、業界平均より少し低い粗利益率でした。
また、これまでもS店の鮮魚は、粗利率益のブレが大きく、安定しないという悩みを持っていました。

「買参権(市場の競りの参加の権利)を持っているんだから、35%ぐらい取らないと・・・」
と、私はオーナーと鮮魚のバイヤーに、言ってやりました。
二人ともビックリしています。
仲卸から商品を仕入れていれば、5~10%程度の手数料を払うことになります。ですから、「その分を儲けないと」という意味です。当たり前のことです。

彼らは、27~28%程度が業界の平均値なので、自社でもその程度を目標で良いだろうと思っていたのですから、私が発した高い目標数値に驚くのも無理はありません。
しかし、改善活動をスタートして、最初の1~2か月で徐々に変化が出て上昇していきました。
そして、約半年後の12月、36.7%の新記録を出したのです。


限界を決めるのは、自分自身?


彼らは、自分達で限界を低く決めてしまっていました。
業界の常識から、粗利益率を27~28%と目標設定していたのです。

買参権を持って、直接競り落として買えるので、その分安く売ってお客にアピールすることも出来ます。
しかし今回は、高い粗利益率を実現するという目標を設定して、どう遣ってそれを実現するか具体的行動計画も立てて実行してもらいました。

お造り(刺身)や鮮魚寿司を重点商品に設定して、商品化やプロモーションに力を入れてもらいました。
また、地場の鮮魚の売り方の工夫や、独自性のある魚も仕入して売ってもらいました。

高い目標を設定すれば、その分取るべきプロセス(行動)が、それまでとは違ってきます。
何より、「出来る限り高い鮮度をお客に体感してもらう」ことを念頭において、これまで甘くなっていた、商品管理や数量管理の基本を徹底してもらいました。


今後の課題


前年の安売りや値引き販売も有り、売上は前年を下回っています。
今後も、商品管理や数量管理の基本を徹底して、「高い鮮度をお客に体感してもらう」努力を続けて、部門の支持率を高めて行くことが重要です。

そして、今までのマーチャンダイジングやマーケティングの取り組みに甘んじること無く、失敗を繰り返しながら、更なるチャレンジをすることが求められます。

何れにしても、一度高粗利率を実現できれば、それが彼らの能力となり、今後粗利益が低下することは無いと思います。

自然と自分たちの自信にもなっていきます。
今後も、多くの体験をしてもらう為に、課題を提示して行きたいと思います。
更なる成長のために、、、。


『スーパーの営業戦略』 その他の参考記事

  参考記事はこちらから、ご覧ください ⇒ スーパーの営業戦略 


もし、あなたが、

スピードを持って、確実に業績を向上させたい時は、是非、サミットリテイリングセンターへご連絡ください。
100社以上の業績を大幅に向上させた実績と、理論と実績に裏付けされた、他社では教えてくれない『メソッド』が当社には有ります。
サミットリテイリングセンターへのホームページは、こちらからどうぞ




生産性向上セミナー                        ⇒ 生産性向上セミナーの詳細

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客と従業員に支持される、高収益の会社に変える!コンサル

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人手不足が小売業を変える!小売業が取り組むべき改善策【ダイヤモンド・チェーンストア215原稿】
イメージ

 個人とチームの能力をどう高めるか 生産性向上は利益アップの好機 近年、人手不足を課題とする小売業が増え...

[ スーパーの業務改善 ]

生産性を上げる、戦略的人事考課・その2-実践事例 【商人舎magazine1月号】原稿
イメージ

人事評価(考課)制度は経営戦略であり、生産性を向上させるための重要ツールとして捉え、その仕組みをつくるとい...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

今からでも遅くない‼2017年末 「しっかり儲かる仕組み」をつくれ!【商人舎10月号】原稿
イメージ

年末年始は、スーパーマーケットにとって、年間トップの稼ぎ時です。それを確実に現実化させるために、年末に向...

[ スーパーの営業戦略 ]

3ケ月で、500万円の営業利益アップ・・・ジリ貧の青果部門
イメージ

記事のタイトルは、今月弊社のクライアントのある店舗の青果部門の話です。3ケ月の業務改善のコンサルティング...

[ スーパーの業務改善 ]

確実に客単価をアップさせる “売場づくりの4P”
イメージ

皆さんは、スクワットの正しいやり方をご存知でしょうか?そうです。筋トレのあのスクワットです。「両足を肩...

[ スーパーの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ