コラム

 公開日: 2018-05-23  最終更新日: 2018-05-24

人件費高騰と人手不足は、大きなチャンス!

景気の回復に伴い、人手不足が深刻な問題となってきてます。
そしてそれは、地方都市でも例外なく押し寄せています。

このことは、労働集約型のSM企業にとっては深刻な問題です。
しかし、このことはピンチでもありますが、改善意欲の高い企業にとっては、生産性を向上させるための、大きなチャンスであると思います。

ただ逆に、旧態依然として、今までのやり方を変えられない企業にとっては、急速に厳しさを増すことになるのではないかと考えられます。

ぜひこの機会を、『生産性を向上させる』ための行動変革の時と捉え、業務改善をスタートさせていただきたいと思います。


人時生産性が大きなキーポイント

厳しい商環境に打ち勝ち、今後も経営を成長発展させるためには、
⇒お客のウォンツ(欲しい)とニーズに答えるべく、マーケティング(差別化)に磨きをかけて粗利益高を上げる
⇒社内全体のオペレーションに改善を加えて、生産性の向上をはかる
ことに努力しなければなりません。

このことが実現できれば、今後、厳しい環境の中でも、着実に成長発展することが出来るでしょう。
特に、人件費率の高いスーパーマーケット企業においては、人時生産性を向上させるということが、経営基盤を強くするためには重要なことになります。
「投入人時に対する、価値創出の最大化をはかること」が重要であるという認識が必要です。


人時生産性の持つ意味と意義

上記のように、スーパーマーケットについては、人時生産性が低いということは、企業にとって大きな問題です。

人時生産性が低いということは、人件費率や労働分配率が高くなってしまっている状態です。
そして、働く従業員側にとっては、貰える給与(時給)が低くならざるを得ない状態と言えます。

世界的に見ても、日本の労働生産性は高くないと言われるようですが、多くのスーパーマーケット企業も例外ではありません。
そして、このことに対して、これまで、多くの企業が改善努力をしてこなかったということが言えます。(私のコンサルティングの経験からですが・・・)

ドラッグストアなど、他の小売り業態に比べて、人件費率が高いのがスーパーマーケットです。
人時生産性を向上させることは、競争力と営業利益の拡大に大きく関係します。
そのためには、オペレーション(作業と仕組み)の改善に優先順位を付けて、取り組むことが重要となります。

今後、企業のオペレーション力が、競争優位を左右することは間違いありません。


賃金が低いことが、本質的な問題!

従業員の賃金が高くなることは、基本的な問題では有りません。逆に低いことが問題です。

企業が抱える根本的な問題は、
個人やチームとして、『時給に見合う付加価値(粗利益高)を上げていないこと』です。
多くの企業が、そのことに気付いていない。
また、その改善のための方法を知らない。
結果として、その為の改善努力をしていない企業が多く存在しています。

人時生産性のアップのためには、
1.現状の粗利益高を、今より少ない人時(人件費)で達成させる
2. 〃 人時数(人件費)で、粗利益高を今より拡大させる
3.投入人時(人件費)を拡大して、それ以上の粗利益高を拡大させる
などが必要となってきます。

収益性が低下すると、どうしても、上記の1の方法(リストラ)を考えがちです。
しかし、生産性の低い企業では、時間の経過とともに、高い確率で弱体化に繋がってしまう場合が殆どです。
低賃金、低生産性では、企業の発展は望めません。

当然、2や3のように、生産性を高める方向で考えるべきです。
生産性を高めることができれば、確実に賃金を高めることが可能となります。

そうなれば、従業員の定着率も高くなり、新規採用の確率も高くなるでしょう。


新規採用が出来ない理由⁉

最近、「時給を高くても人(社員)が集まらない」という、経営層や現場の店長の声を耳にします。
原因一つのは、地域企業の中で、時給が低いからでしょう。
それと、地域において、何らかの理由で、その企業の人気が低いことも考えられます。

作業性や仕組みづくりができていないために、人時生産性の低い企業では、従業員に高い給料を払うことは出来にくいと言えます。

人時生産性=粗利益高÷投入人時数ですから、現場で働く従業員が稼ぎ出す一時間(人時)あたりの粗利益高が高くなければ、会社も、時給アップを限定的しか考えられません。
従業員側も、「給与が低い」と文句を言っても、稼ぎ高が低いのですから、上がる可能性は低いと理解しなければなりません。
しかし、ほとんどの会社でこの当たり前が、理解されていないのが実情です。

また、地方においては、大企業の工場も有ったりして、高い時給もさることながら、土日の休みということも、スーパーマーケットの採用を難しくしている原因とも考えられます。
しかしこれも、高い生産性のスーパーマーケット企業で、仕組みが整っている企業にとっては、さほど大きな問題ではないのです。


人時生産性を上げる方法

繰り返しになりますが、人時生産性は、会社全体として、「一人時当たりの付加価値(粗利益高)をどれくらい生み出したか」、ということです。

人時生産性を向上させる具体的方向性は、2つあります。
一つは、一時間あたりの『単純作業の量を増やす』ことです。
補充品出しや加工という様な、時間あたりの処理量を求められる作業の処理量を、全体として増やすことです。
一つひとつの商品が、低利益であっても、時間あたりの処理量が多ければ、全体としての粗利益高のボリュームがアップします。

もう一つは、『付加価値作業の質を上げる』ことです。
ここで言う付加価値業務とは、商品開発やマーケティングなど、付加価値を生むような業務と言われるものです。
会社全体の利益や、顧客生涯価値(顧客が長期間買い物を続けてくれることによって得られる利益)に繋がるような業務のことです。要するに『量』ではなく『質』が問われるものです。
営業マンの役割である『売るPOP』や『販売量を伸ばす試食販売』などもこれにあたります。

確実に生産性をアップさせるためには、全ての作業を棚卸しして、
① 『量』で生産性を上げるもの
② 『質』で生産性を上げるもの
とに、仕分けをします。
そして、効果性の高いものから、戦略的に改善を加えるのです。
ここでは、優先順位や役割分担が重要な要素になってきます。


高い賃金を設定できる仕組みづくり

これまでと同じ人時数で、多くの付加価値を生むことを考えてみてください。

時給が高いことが問題では有りません。
チーム全体の総人時当たりの生産付加価値の創出量、それが少ないことが問題であることは、ご理解いただけたと思います。
今後も続くであろう、人件費高騰と人手不足(人財不足)。
それを解消して、会社が発展するためには、
生産性の正しい理解と、目的を持った改善行動が、半年後、一年後の会社の体力を大きく左右することは、間違いありません。

■ 『スーパーの業務改善』 その他の参考記事
  ⇒ スーパーの業務改善入門
  ⇒ スーパーの業務改善


もし、あなたが、

スピードを持って、確実に業績を向上させたい時は、是非、サミットリテイリングセンターへご連絡ください。
100社以上の業績を大幅に向上させた実績と、理論と実績に裏付けされた、他社では教えてくれない『メソッド』が当社には有ります。
サミットリテイリングセンターへのホームページは、こちらからどうぞ




生産性向上セミナー                        ⇒ 生産性向上セミナーの詳細

この記事を書いたプロ

有限会社サミットリテイリングセンター [ホームページ]

経営コンサルタント 新谷千里

大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL:06-6654-6640

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客と従業員に支持される、高収益の会社に変える!コンサル

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人手不足が小売業を変える!小売業が取り組むべき改善策【ダイヤモンド・チェーンストア215原稿】
イメージ

 個人とチームの能力をどう高めるか 生産性向上は利益アップの好機 近年、人手不足を課題とする小売業が増え...

[ スーパーの業務改善 ]

鮮魚の粗利益36.7%で大幅増益・・・競合ひしめく中の儲け方‼
イメージ

昨年12月、地方にある弊社クライアントの基幹店舗の鮮魚の粗利益率が36.7%の記録を出しました。粗利益高では...

[ スーパーの営業戦略 ]

生産性を上げる、戦略的人事考課・その2-実践事例 【商人舎magazine1月号】原稿
イメージ

人事評価(考課)制度は経営戦略であり、生産性を向上させるための重要ツールとして捉え、その仕組みをつくるとい...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

今からでも遅くない‼2017年末 「しっかり儲かる仕組み」をつくれ!【商人舎10月号】原稿
イメージ

年末年始は、スーパーマーケットにとって、年間トップの稼ぎ時です。それを確実に現実化させるために、年末に向...

[ スーパーの営業戦略 ]

3ケ月で、500万円の営業利益アップ・・・ジリ貧の青果部門
イメージ

記事のタイトルは、今月弊社のクライアントのある店舗の青果部門の話です。3ケ月の業務改善のコンサルティング...

[ スーパーの業務改善 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ