コラム一覧 :スーパーの営業戦略

1件~15件(39件)

過去の15件

お客を増やさずに、売上を確実に上げる方法⁉

イメージ

来店客数を増やしにくい現状において、「如何に売り上げを落とさないか・・・」と考える人が多いと思います。しかし、その現状にあっても、「如何に、売り上げを伸ばすか・・・」「如何に、今まで以上に稼ぐか・・・」と考えて行動すべきです。これまでも、何回か紹介している『売り... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2018-05-19

鮮魚の粗利益36.7%で大幅増益・・・競合ひしめく中の儲け方‼

イメージ

昨年12月、地方にある弊社クライアントの基幹店舗の鮮魚の粗利益率が36.7%の記録を出しました。粗利益高では、前年同月対比144%です。額にして、171万円のプラスです。営業利益に於いても新記録を達成してくれました。この店舗は、すぐ近くにスーパーマーケット、ドラッグストア... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2018-01-15

賢く稼ぐ、価格設定‼ プライシング・3つの原則

イメージ

競争が厳しい中、価格設定(プライシング)は、売上や利益に関わる重要課題です。商圏内で競争優位に立ち、且つ、利益を最大化するための営業戦略上、重要な要素なのです。しかし、これが意外に正しく理解されていない、、、。また、「競合との価格競争で、粗利益が低下している」と嘆い... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-12-21

簡単に売上をアップする。知っておきたい『4つの原則』

イメージ

事前に買うものを決めてスーパーマーケットに来店する主婦の割合は、2割程度だそうです。ということは、その日の晩ご飯のメニューを決めてから、お店に来る人の割合は、更に少なくなり、おそらく1割にも満たないかもしれません。事前に商品を決めて買い物をしていない人が8割程度いるとい... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-11-24

今からでも遅くない‼2017年末 「しっかり儲かる仕組み」をつくれ!【商人舎10月号】原稿

イメージ

年末年始は、スーパーマーケットにとって、年間トップの稼ぎ時です。それを確実に現実化させるために、年末に向かって何をするべきかを、解説したいと思います。ここで、「現実化させる」と言った意味は、売上高だけを考えるのでは無く、確実に高利益を残すということです。当然ビジネスを... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-10-10

確実に客単価をアップさせる “売場づくりの4P”

イメージ

皆さんは、スクワットの正しいやり方をご存知でしょうか?そうです。筋トレのあのスクワットです。「両足を肩幅程度に広げ爪先を前に向けて、土踏まずを地面にしっかり付ける感じで。背筋を伸ばしお腹を凹ませる。顎を引いた姿勢で膝を曲げます。そしてその時、膝が爪先より前に出ない様に・・... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-09-11

独自の売り=USPで勝ち残る‼【商人舎Magazine(Web版)・8月号原稿】

イメージ

先月号に続き、マーケティングで重要なUSPについて、意味と考え方、そして、具体的な使い方について、実際の事例を含めて解説していきたいと思います。USPは、Unique Selling Proposition(ユニーク・セリング・プロポジション)の略であり、『独自の売り(強み)』あるいは 、『独自の売... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-08-14

お客のベネフィットに焦点を当てたら、売上はアップする‼

イメージ

お客に喜んで買い物をしてもらい、お店も高い粗利益率を確保する。商売としては、この上ないことです。その為には、お客のベネフィット(得)にフォーカスして、それに基づいて行動することが重要です。儲けをなかなか出せない殆どの人は、お客のベネフィットではなく、こちらの都合で商売... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-03-20

悩める・・・『不振店・対策』・・・改善の必要性と意味

イメージ

ズバリ、業績が振るわないとは、お客から見て、地域の他の競合店に対して、相対的に魅力度が低下していることを意味します。今までの品揃えサービス、そして、売場づくり事態を、・コンセプト・戦略の段階から、見直すべき時期に来ていることを意味します。売上アップ(業績改善(向... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2017-02-28

マーケティングの原点・・・客数を増やす【商人舎magazine10月号・原稿】

イメージ

前回の記事は、「客単価アップ」を中心に解説しました。今回は、「客数アップ」について解説を加えたいと思います。改めて、売上を上げる、たった3つの方法を確認します。(1)お客様の数       ⇒ (購買)客数を増やす(2)一回当たりの取引単価  ⇒ ( 〃 )単価  〃... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2016-10-11

日本の製品は、絶対的な信頼を得ている

イメージ

4日間の短い視察旅行で、香港とマカオに行ってきました。香港、マカオのスーパーマーケットには、日本の製品が溢れています。このことを、もっと、メディアも取り上げてもらいたいと思います。日本車などは勿論ですが、食品や日用品などは、スーパーマーケットの棚の上で堂々としていま... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2016-09-14

売上を上げる、たった3つの方法。トマトの売上が3倍に!【商人舎magazine9月号】・原稿

イメージ

私の記事のタイトルは、「お客と社員に支持される生産性向上策」です。これは、お客がウキウキ、ワクワクするような商品やサービスをお届けすること、そして、現場で働く従業員がイキイキと、元気に働くことを意味しています。このことを前提に、今回より、売り上げ、粗利益、そして、営業利... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2016-09-11

安売りの競合店に勝つ方法!

イメージ

価格競争で、悩んでいるお店も少なくないと思います。ただ逆に、大して、それを問題に感じていないお店もあります。この差は、何なのでしょうか?先日、私がクライアントを訪問した時のことです。POSデータの販売実績(ベスト売上レポート)を見ていると、ある問題を発見しました。... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2016-07-28

粗利益を簡単に上げる、POPの仕組み

イメージ

POPの重要な役割の一つは、商品の付加価値を伝えることです。それを理解していれば、販売数を伸ばし、粗利益を確実にアップさせることが可能になります。 顧客の「なるほど・・・」を感じさせる あなたは、お店の店内で、売場のPOPを見て、「なるほど・・・」と感心したことは... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2016-07-26

売上を簡単に上げる、POPの役割

イメージ

販促手段として重要な位置を占めるのがPOPです。しかし、スーパーマーケットの売り場で、有効なPOPを店内で見ることは少ないといえます。それは、POPの意味と目的、目標を理解していることにあります。POPの役割は、あなたが販売している商品やサービスを気付かせ、顧客の... 続きを読む

スーパーの営業戦略

2016-07-25

1件~15件(39件)

過去の15件

RSS
業績アップ・成功事例

コンサルティングによって実際に得られた、クライアントの業績向上について、詳しくご紹介します。■青果部門の店頭プロモーション4つのポイント~高価格の人参をど...

 
このプロの紹介記事
新谷千里(しんたに・ちさと)さん

お客目線でスーパーの売り場を改善し、利益をあげる(1/3)

 お店の周辺に次々とできるライバル店にお客を奪われる。値引きをしても客の姿はまばら。打つ手がない。そんな悩みを持つスーパーの経営者のみなさん。利益を出す店に変革するプロの新谷千里さんの話を聞いてみませんか? 新谷さんは、大手スーパーの現場...

新谷千里プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客と従業員に支持される、高収益の会社に変える!コンサル

会社名 : 有限会社サミットリテイリングセンター
住所 : 大阪府豊中市上野東2丁目4番10号 [地図]
TEL : 06-6654-6640

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里(しんがいちさと)

有限会社サミットリテイリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人手不足が小売業を変える!小売業が取り組むべき改善策【ダイヤモンド・チェーンストア215原稿】
イメージ

 個人とチームの能力をどう高めるか 生産性向上は利益アップの好機 近年、人手不足を課題とする小売業が増え...

[ スーパーの業務改善 ]

鮮魚の粗利益36.7%で大幅増益・・・競合ひしめく中の儲け方‼
イメージ

昨年12月、地方にある弊社クライアントの基幹店舗の鮮魚の粗利益率が36.7%の記録を出しました。粗利益高では...

[ スーパーの営業戦略 ]

生産性を上げる、戦略的人事考課・その2-実践事例 【商人舎magazine1月号】原稿
イメージ

人事評価(考課)制度は経営戦略であり、生産性を向上させるための重要ツールとして捉え、その仕組みをつくるとい...

[ スーパーマーケットの経営戦略 ]

今からでも遅くない‼2017年末 「しっかり儲かる仕組み」をつくれ!【商人舎10月号】原稿
イメージ

年末年始は、スーパーマーケットにとって、年間トップの稼ぎ時です。それを確実に現実化させるために、年末に向...

[ スーパーの営業戦略 ]

3ケ月で、500万円の営業利益アップ・・・ジリ貧の青果部門
イメージ

記事のタイトルは、今月弊社のクライアントのある店舗の青果部門の話です。3ケ月の業務改善のコンサルティング...

[ スーパーの業務改善 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ