コラム

 公開日: 2015-09-17 

二世帯住宅でスペースを有効に使うには外階段

プライバシーが確保できる独理性はダントツ

上下分離型の二世帯住宅は、もっとも一般的でポピュラーなタイプでしょう。
前回のコラムでは、上下分離型で内階段の二世帯住宅についてご紹介しました。
今回は、外階段について確認していきましょう。
階段をどこに、どういう風に設置するかで、その二世帯住宅の在り方や住まい方が決まるといっても過言ではありません。
それほど大切なポイントとなります。

1階が親世帯、2階が子世帯を想定してご説明いたします。
外階段と内階段では、独立性が大きく異なります。
外階段の場合、子世帯の玄関が2階になるので、内階段のように、玄関先で顔を合わせることもありません。
完全に分離されているので、来客が多くても、帰宅時間が遅くても気を使うこともなく、プライバシーはきっちりと確保されます。

二世帯住宅を建てる際、優先事項をピックアップして書き出しましょう…と、以前のコラムで述べました。
優先される項目のベスト3に、「プライバシーの確保」「できるだけ親世帯と接点がないように」といった項目があがっているご家族は、ぜひ外階段をおすすめします。

優先順位を再度確認

「階段は内か外か」で悩んでおられる施主さまは、実はとても多いのです。
そのように迷ってしまうなら、「そもそもなぜ、二世帯住宅を建てたいのか?」という、問いかけをご家族や世帯間でしてみると答えが自ずと出てくるのではないでしょうか?

理由は、さまざまでしょう。「資金面の援助、月々の生活費が軽減でき貯蓄にまわすことができる、共働きなので親に育児協力してほしい、親世帯と交流を図りたい、親がだんだん高齢になるので近くにいたい、親となるべく近くにいたいが独立した生活は守りたい、一戸建てへの憧れ、プライバシーを確保しながら、親の様子をうかがえる」…など。

いかがでしょう。子世帯の家族環境によっても二世帯住宅の目的は大きく違います。共働き夫婦であれば、子どもを見てもらいたいので、ある程度気配を読み取りやすい、内階段が良いかもしれません。

親と交流を図りたい…あるいは高齢の親が気になる…と言う方も、内階段がベターでしょう。
外階段は、独立性が高い分、どんなに緊急時でも、いったん外へ出て、外の階段で行き来しなければなりません。
頻繁に往来する可能性がないならば、外階段で問題はないのですが、いざ、住んでみて、外から親の家へ行くのが面倒だと思っても手遅れになるので、十分に検討してください。

また、そのような懸念を回避するために外階段をメインに、サブ的に内にも階段を付けるケースもあります。何かあった時や将来的なことを考え、内部にも階段を付けるスタイルです。
じっくり考えて決めていただきたいと思います。

内部に階段がないぶん、そのスペースを収納にできる

ここで、外階段のメリットについて確認しましょう。まず、前述したようにプライバシーが完全に守られることです。
そして実は、内部に階段を作らない分、ゆとりが生まれ、そのスペースを有効に活用できるという魅力があります。物が多い子世代も収納スペースが多く取れます。
暮らしにおいて、収納の問題は重要な課題です。収納スペースが多いのは大きな利点です。

また、将来的に親が亡くなった後、上階もしくは下階を賃貸できます。
そうなると家賃収入も入るというメリットにもつながります。

家族・世帯間の環境によって、求める二世帯住宅は異なって当然でしょう。
夫側の親との同居なら、完全に独立した外階段をおすすめします。
じっくりと話し合うことは大切ですが、もちろん、家族だからこそ言いにくいことなどもあるでしょう。
そのような場合は、弊社が世帯間をつなぐ架け橋の役割をさせていただきます。
お気軽にご相談くださいませ。

二世帯住宅の施工事例

弊社では様々なタイプの二世帯住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例

この記事を書いたプロ

田原建設株式会社 [ホームページ]

建築家 田原稔久

大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL:072-851-7500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田原 稔久(たはら・としひさ)さん

2世帯が快適に暮らせる長期優良住宅をつくります(1/3)

 耐用年数が約30年といわれる日本の住宅は、ようやくローンの返済が完了した頃には、次の建て替えを考えなければなりません。これでは、老後や人生にゆとりが持てません。また、建て替えの際に生じる廃棄物も環境汚染に影響を与えます。こうした背景を受け...

田原稔久プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

建築基準法の1.5倍の「耐震等級3」の長期優良住宅を手がける

会社名 : 田原建設株式会社
住所 : 大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL : 072-851-7500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
バリアフリー改修リフォームで利用できる投資型減税
イメージ

 知っておきたい! バリアフリーリフォームには様々な税の優遇措 さて前回はバリアフリーリフォームの際の...

[ バリアフリー ]

バリアフリー改修リフォームの補助金
イメージ

 かしこく補助金を利用して、バリアフリーリフォームを これまで、比較的安価なものからお金のかかるものま...

[ バリアフリー ]

バスルーム・浴室・お風呂をバリアフリー化
イメージ

 浴室・バスルームには危険がいっぱい これまでのコラムを読んでいただいた方は、住宅のバリアフリー化にあ...

[ バリアフリー ]

廊下や階段をバリアフリー化する場合の、手すりの種類
イメージ

 いろんな場所につけられるからこそ、しっかり考えたい手すりの種 さて、今回は、これまでのコラムでも何度...

[ バリアフリー ]

玄関のドアや、スロープ化によるバリアフリー化のポイント
イメージ

 玄関をバリアフリー化して、出かけやすく、迎えやすい玄関に 今回のコラムは玄関のバリアフリー化について...

[ バリアフリー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ