コラム

 公開日: 2015-10-01 

断熱性を上げるには断熱材の種類ではなく施工技術

住宅にとって欠かせない断熱材

快適な住まいとは、どのようなものを指すのでしょう?
二世帯住宅であれば、プライバシーの確保と適度な交流…親世帯と子世帯とのほどよい距離感。それはとても大切なことです。

しかしながら、物理的な住環境の基本をまず確認しておく必要があります。
ストレスフリーというメンタル面の心地よさは大事ですが、それ以前に体感的な快適さがベースになくてはなりません。

住宅において設備、材質にこだわることは基本中の基本と言っても過言ではありません。

とりわけ、住環境にとって重要なのが「断熱材」です。断熱材は、熱の伝導を防ぐための素材です。

外が暑いときは、熱気が室内に伝わらないように、外が寒いときは、室内の熱が外に逃げないような仕組みになっています。熱の伝導を遮断することで、部屋の快適さをキープしてくれます。

断熱材を入れない住宅は、屋外とほぼ同じ環境ということになってしまうのです。
住宅にとって欠かせない断熱材は、重要な役割を持っています。
今回は、断熱材について解説いたします。

繊維系断熱材の「グラスウール」のメリット

現在、使用されている断熱材は主に「繊維系」「発泡プラスチック系」「天然素材系」に分けられます。
中でも一般的なのが、日本の木造住宅でもっとも多く使われている繊維系断熱材の「グラスウール」でしょう。

グラスウールというのは、リサイクルガラスや石灰岩などを主原料とし、大変細かい繊維状になっていて、高い断熱性が期待できます。ボード状や綿状、マット状などさまざまに加工できるので幅広く活用できるのもメリットです。

また、無機質なので燃えにくく、有毒ガスも発生しません。高温多湿な状態に長くあっても劣化しにくく、吸音性にも優れています。コストパフォーマンスの高い素材としても人気があると言えます。デメリットとしては、水にぬらさないように扱うことと施工が難しいことでしょう。

そのため、大手のハウスメーカーでは施工が比較的に容易な発泡プラスチック系断熱材を使用することが多いようです。

天然素材系の断熱材は、まだまだ採用が少なく、優れている素材もありますが改良の余地のあるものもあり微妙な現状です。何よりも価格が高いのが難点です。

熟練した職人さんの起用が可能なハウスメーカーに

発泡プラスチック系断熱材は、高性能ですがグラスウールよりも高価です。ハウスメーカーによっては、施行が難しいグラスウールより発泡プラスチック系を使用し、結果的にコストがかなりかかってしまうことがあります。

施主様が断熱材の種類や価格について説明を受け、ご自身で選択されたのなら良いですが、そうでないなら問題です。
断熱材についても下調べし、自分で選べるくらいの知識は持っておきましょう。

筆者としては、グラスウールの性能で十分断熱できると考えています。それよりも高価で高性能なものもありますが、正しく施工できていれば、グラスウールで何の問題もないはずです。
断熱材の善し悪しを決めるのは、種類ではなく職人さんの技術力です。
グラスウールの取り扱い方について研修をしっかり受け、施工・加工に熟練した職人さんが取り付けてくれるかどうかで変わってきます。

そこを一般の消費者である施主様が見極めるのは、困難でしょう。
弊社では、熟練の職人さんの起用が可能ですので、ご対応させていただきます。

二世帯住宅の施工事例

弊社では様々なタイプの二世帯住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例

この記事を書いたプロ

田原建設株式会社 [ホームページ]

建築家 田原稔久

大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL:072-851-7500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田原 稔久(たはら・としひさ)さん

2世帯が快適に暮らせる長期優良住宅をつくります(1/3)

 耐用年数が約30年といわれる日本の住宅は、ようやくローンの返済が完了した頃には、次の建て替えを考えなければなりません。これでは、老後や人生にゆとりが持てません。また、建て替えの際に生じる廃棄物も環境汚染に影響を与えます。こうした背景を受け...

田原稔久プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

建築基準法の1.5倍の「耐震等級3」の長期優良住宅を手がける

会社名 : 田原建設株式会社
住所 : 大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL : 072-851-7500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
バリアフリー改修リフォームで利用できる投資型減税
イメージ

 知っておきたい! バリアフリーリフォームには様々な税の優遇措 さて前回はバリアフリーリフォームの際の...

[ バリアフリー ]

バリアフリー改修リフォームの補助金
イメージ

 かしこく補助金を利用して、バリアフリーリフォームを これまで、比較的安価なものからお金のかかるものま...

[ バリアフリー ]

バスルーム・浴室・お風呂をバリアフリー化
イメージ

 浴室・バスルームには危険がいっぱい これまでのコラムを読んでいただいた方は、住宅のバリアフリー化にあ...

[ バリアフリー ]

廊下や階段をバリアフリー化する場合の、手すりの種類
イメージ

 いろんな場所につけられるからこそ、しっかり考えたい手すりの種 さて、今回は、これまでのコラムでも何度...

[ バリアフリー ]

玄関のドアや、スロープ化によるバリアフリー化のポイント
イメージ

 玄関をバリアフリー化して、出かけやすく、迎えやすい玄関に 今回のコラムは玄関のバリアフリー化について...

[ バリアフリー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ