コラム

 公開日: 2016-05-24  最終更新日: 2016-06-30

屋根瓦の倒壊から住宅を守る、屋根に対する耐震補強・耐震改修


今回からは、住宅の各部分を中心に耐震補強の方法を詳しく見ていきますが、まずは家の一番上にある屋根の部分に注目してみましょう。しかし、屋根の軽量化だけに注目すると、意外な落とし穴もあるのです。

日本古来の屋根瓦は重く、地震が起こると倒壊の大きな原因になるというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、ここにはある誤解が潜んでいます。
もちろん、他が同じ条件において屋根材が重い方と軽い方のどちらが耐震性が高いかと言えば、軽い方が高いわけですが、そもそもの住宅の基礎や構造の耐震補強をおろそかにして、ただ屋根の部分を軽くするのは本末転倒です。

現在では、さまざまな屋根材が流通していますが、それらの効果を発揮するためには適切な施行との組み合わせが必要です。住宅全体の耐震構造を見直しながら、施工業者さんとよく相談し、適切な屋根の耐震改修を行ってください。

耐震補強、耐震改修における屋根材の見直し

さて今回からは、住宅の各部分を中心に耐震補強、耐震改修の方法を詳しく見ていきますが、まずは家の一番上にある屋根の部分に注目してみましょう。

屋根は家全体が支えるもの。とすれば、当然、重い素材よりは軽い素材の方が耐震性は高まります。また屋根が重たいと地震の揺れを受けた時に振り子のように大きく揺れてしまうことからも耐震補強の要素として、屋根材の見直しは欠かせません。
しかし、屋根の軽量化だけに注目すると、意外な落とし穴にはまってしまう危険性もあるので、ご注意ください。

ちょっと待って!屋根瓦に対する意外な誤解

日本古来の屋根瓦は重く、地震が起こると倒壊の大きな原因になるというイメージが広く浸透しています。「うちは古くて耐震性も高くないから、せめて屋根だけでも軽くしておこう」とお考えの方も、このコラムをお読みの方の中にいらっしゃるかもしれません。
しかし、ここにはある誤解が潜んでいるのです。

もちろん、他が同じ条件において屋根材が重い方と軽い方の「どちらの耐震性が高いか」と問われれば、通常は軽い方が高いです。しかし、そもそもの住宅の基礎や構造の耐震補強をおろそかにして、ただ屋根の部分を軽くすることは、大きく耐震性を高めることにはつながりません。

例えば、やや極端な例ですが、六本木ヒルズではビルの屋上を積極的に緑化し、その緑地の重さを逆手にとって地震の揺れをコントロールする「グリーンマスダンパー構造」という、いわゆる「屋根の軽量化」とは逆の方法を採用しています。
こうした例からも、住宅全体の耐震補強を考慮に入れずに、ただ屋根の軽量化を計ることは大きな誤解に基づいた耐震改修だということがおわかりになると思います。

最適の屋根材と正しい施行を組み合わせて、適切な屋根の耐震補強を

現在では軽量でかつ丈夫なスレート屋根や、通常の瓦に比べて軽く減震効果のある防災瓦など、さまざまな屋根材が流通しています。しかし、先ほども申し上げたように、まず重要なのは住宅の骨組み部分の耐震性です。

その上で適切な屋根材を使いながら、効果をしっかりと発揮するためには、それぞれの屋根材にあった正しい施行が重要になってきます。

逆に言えば、従来の瓦であっても土の粘着性で瓦を固定しているだけの施行としっかりと金属で固定された施行では大きく耐震性が違いますし、防災瓦であっても正しい施行がされてなくては、その効果は半減されます。

今お住まいの家全体の耐震構造を見直しながら、私どものような専門業者とよくご相談いただき、適切な屋根の耐震改修を行ってください。

耐震には屋根を支える柱が重要! 柱に対する耐震補強・耐震改修

二世帯住宅の施工事例

弊社では様々なタイプの二世帯住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例

この記事を書いたプロ

田原建設株式会社 [ホームページ]

建築家 田原稔久

大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL:072-851-7500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田原 稔久(たはら・としひさ)さん

2世帯が快適に暮らせる長期優良住宅をつくります(1/3)

 耐用年数が約30年といわれる日本の住宅は、ようやくローンの返済が完了した頃には、次の建て替えを考えなければなりません。これでは、老後や人生にゆとりが持てません。また、建て替えの際に生じる廃棄物も環境汚染に影響を与えます。こうした背景を受け...

田原稔久プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

建築基準法の1.5倍の「耐震等級3」の長期優良住宅を手がける

会社名 : 田原建設株式会社
住所 : 大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL : 072-851-7500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
バリアフリー改修リフォームで利用できる投資型減税
イメージ

 知っておきたい! バリアフリーリフォームには様々な税の優遇措 さて前回はバリアフリーリフォームの際の...

[ バリアフリー ]

バリアフリー改修リフォームの補助金
イメージ

 かしこく補助金を利用して、バリアフリーリフォームを これまで、比較的安価なものからお金のかかるものま...

[ バリアフリー ]

バスルーム・浴室・お風呂をバリアフリー化
イメージ

 浴室・バスルームには危険がいっぱい これまでのコラムを読んでいただいた方は、住宅のバリアフリー化にあ...

[ バリアフリー ]

廊下や階段をバリアフリー化する場合の、手すりの種類
イメージ

 いろんな場所につけられるからこそ、しっかり考えたい手すりの種 さて、今回は、これまでのコラムでも何度...

[ バリアフリー ]

玄関のドアや、スロープ化によるバリアフリー化のポイント
イメージ

 玄関をバリアフリー化して、出かけやすく、迎えやすい玄関に 今回のコラムは玄関のバリアフリー化について...

[ バリアフリー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ