コラム

 公開日: 2016-05-28  最終更新日: 2016-06-30

耐震には屋根を支える柱が重要! 柱に対する耐震補強・耐震改修


屋根だけでなく家全体を支える柱は要所に配置され、かつなるべく同じ重さがかかるようになっていることが望ましいとされています。そのように配置されていない場合は、補強柱や添え柱といった、大きな解体をしなくても増やすことのできる柱でバランスをとります。

また忘れてはならないのが柱の「ほぞ抜け」の可能性です。危険な「ほぞ抜け」を防ぐためには、接合面に金属などを取り付けることで補強する「ほぞ抜け防止工事」を行うことが有効です。

柱自身の補強に対しては「靱性(じんせい)」を向上させることで耐震性を増すことができるとされています。この「靱性」とは、わかりやすく言えば「粘り強さ」のことです。
柱の「靱性」向上の手段としては、鋼板などの金属で柱自体を包む方法や、炭素などの繊維を包帯のように巻き付けていく方法などがあります。
現在、木造建築に応用できる安価で工期の少ない技術なども開発されています

柱をどのようにかしこく配置するか

さて今回は柱に対する耐震補強・耐震改修についてお話ししてみましょう。
昔から「一家の大黒柱」という言葉があるように、屋根だけでなく家全体を支える柱は家屋にとって重要な部分です。しかし「一本の丈夫な柱があれば家は安心」という単純なものではありません。
柱は建物の外周、そして内側の要所に設置されていることが重要ですが、その際に気をつけなければならないのが、どの柱にもなるべく同じ重さがかかるような配置になっているか、ということです。

耐震診断の結果、そのように配置されていないとわかった場合は、補強柱や添え柱といった、大きな解体をしなくても増やすことのできる柱を使って、バランスをとってあげることも一つの対策となります。

柱の「ほぞ抜け」を防ぐ! 接合面の補強も重要な耐震改修

また柱自体がいくら丈夫かつ適切に配置されていたとしても、忘れてはならないのが柱の「ほぞ抜け」の可能性です。

「ほぞ」とは柱と柱や、柱と土台を接合する際に一方の先端に設ける突起のこと。さらにもう一方に「ほぞ穴」を設け、それらをつなぐことで二つを接合するのです。しかし、強い縦揺れの地震が起こった場合などに、突起が「ほぞ穴」から飛び出してしまい、接いであったものが抜けてしまうことを「ほぞ抜け」と呼びます。

この「ほぞ抜け」により、家屋の柱のバランスが崩れ、家屋が倒壊してしまうという現象が阪神淡路大震災の際、木造建築に多く見られました。

危険な「ほぞ抜け」を防ぐためには、接合面に金属などを取り付けることで補強する「ほぞ抜け防止工事」を行うことが有効です。

柱を巻いて「靱性」を強化

さてこれまで、地震に強い柱の配置、そして接合面の補強の重要性を見てきましたが、一度立てた柱そのものを補強する方法もあります。

柱の補強に対しては「靱性」を向上させることが耐震性を増すとされていますが、この「靱性」とはわかりやすく言えば、「粘り強さ」のことです。

現在、広く行われている柱の「靱性」向上の手段としては、鋼板などの金属で柱自体を包み、その隙間にグラウトモルタルを充填する方法や、下処理した柱に炭素などの繊維を包帯のように巻き付けていく方法などがあります。

これらの多くは、鉄筋コンクリートの柱に対して行われて来たものですが、木造建築に応用できる安価で工期の少ない技術なども開発されています。

屋根瓦の倒壊から住宅を守る、屋根に対する耐震補強・耐震改修

二世帯住宅の施工事例

弊社では様々なタイプの二世帯住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例

この記事を書いたプロ

田原建設株式会社 [ホームページ]

建築家 田原稔久

大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL:072-851-7500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田原 稔久(たはら・としひさ)さん

2世帯が快適に暮らせる長期優良住宅をつくります(1/3)

 耐用年数が約30年といわれる日本の住宅は、ようやくローンの返済が完了した頃には、次の建て替えを考えなければなりません。これでは、老後や人生にゆとりが持てません。また、建て替えの際に生じる廃棄物も環境汚染に影響を与えます。こうした背景を受け...

田原稔久プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

建築基準法の1.5倍の「耐震等級3」の長期優良住宅を手がける

会社名 : 田原建設株式会社
住所 : 大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL : 072-851-7500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
バリアフリー改修リフォームで利用できる投資型減税
イメージ

 知っておきたい! バリアフリーリフォームには様々な税の優遇措 さて前回はバリアフリーリフォームの際の...

[ バリアフリー ]

バリアフリー改修リフォームの補助金
イメージ

 かしこく補助金を利用して、バリアフリーリフォームを これまで、比較的安価なものからお金のかかるものま...

[ バリアフリー ]

バスルーム・浴室・お風呂をバリアフリー化
イメージ

 浴室・バスルームには危険がいっぱい これまでのコラムを読んでいただいた方は、住宅のバリアフリー化にあ...

[ バリアフリー ]

廊下や階段をバリアフリー化する場合の、手すりの種類
イメージ

 いろんな場所につけられるからこそ、しっかり考えたい手すりの種 さて、今回は、これまでのコラムでも何度...

[ バリアフリー ]

玄関のドアや、スロープ化によるバリアフリー化のポイント
イメージ

 玄関をバリアフリー化して、出かけやすく、迎えやすい玄関に 今回のコラムは玄関のバリアフリー化について...

[ バリアフリー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ