コラム

 公開日: 2016-06-01  最終更新日: 2016-06-30

地震を床下の基礎から強化する、基礎・土台に対する耐震補強・耐震改修


基礎とは建物と地盤を固定するものであり、その基礎と建物をつなぐものが土台です。地震が起こった際の基礎の役割は、建物の揺れと重さを柱と土台が基礎に伝えることで、基礎がその力を平均的に地盤に逃がし、倒壊を防ぐというものです。

しかし、古い家の中には簡単な基礎で、家屋全体を支えているというケースも少なくありません。これらを知る上で意識しておきたいのが、昭和25年と昭和56年というふたつの年号です。

昭和25年以前の古い建物に多く見られる玉石基礎の場合、玉石の上に柱がただ載っているだけであり、地震などが起きれば石と柱がずれてしまう危険性が充分にあります。

さらに昭和25年以降でも昭和56年までに立てられた家屋に多く見られるのが、現在と同じくコンクリートで固めた基礎でありながら、中に鉄筋の入っていない無筋コンクリートの土台。こちらも耐久性にとぼしく、経年劣化などにより崩れやすいものです。

上記のような基礎を持つ家屋に対しては、床下一面を鉄筋の入ったコンクリートで埋め尽くす「ベタ基礎」と、建物の壁の下に沿って鉄筋コンクリートの基礎を設置し、床下部分にはコンクリートのみを敷く「布基礎」というふたつの補強方法がとられることが多いです。

普段見ることのない床下の部分ではありますが、わが家の歴史を知ると共に、地震にまけないしっかりとした基礎・土台に対する耐震補強を心がけたいものです。

基礎と土台 見えない床下に歴史あり?

さて今回は普段、みなさんがあまり見ることのない床下の基礎・土台に対する耐震補強・耐震改修の方法をご紹介していきたいと思います。

はじめに簡単に説明しておきますと、基礎とは建物と地盤を固定するものであり、その基礎と建物をつなぐものが土台です。

地震が起こった際の基礎の役割とは、建物の揺れと重さを柱と土台が基礎に伝えることで、基礎がその力を平均的に地盤に逃がし、倒壊を防ぐというものです。

さて、こうして家を支える「基礎」「土台」といった言葉の響きから考えても、さぞかし床下には堅牢な耐震システムが隠されていると思われるかもしれませんが、古いお家の中にはびっくりするほど簡単な基礎で、家屋全体を支えているというケースも少なくありません。

という訳で、今回のコラムでは、知られざる床下の歴史をのぞいてみることにいたしましょう。
手がかりとなるのは「京都府の耐震診断・耐震改修など耐震リフォーム補助金」の回にも登場した昭和25年と昭和56年というふたつの年号です。

危険な基礎! 玉石と無筋コンクリート

みなさんは古民家などの縁側の下をのぞいて、石の上に柱が立っているのを見たことがありませんか?

これは玉石基礎と呼ばれるもので、昭和25年以前の古い建物に多く見られます。耐震補強のされていない玉石基礎の場合、驚くことに玉石の上に柱がただ載っているだけであり、地震などが起きれば石と柱がずれてしまう危険性が充分にあります。

さらに昭和25年以降でも昭和56年までに立てられた家屋に多く見られるのが、現在と同じくコンクリートで固めた基礎でありながら、中に鉄筋の入っていない無筋コンクリートの基礎。
こちらは一応、基礎と柱および土台は固定されていますが、耐久性にとぼしく経年劣化などにより崩れやすいという意味で、やはり耐震補強の必要があります。

基礎、土台に対する耐震補強、耐震改修の基本理念

上で述べたような基礎を持つ家屋に対しては、基本、鉄筋の入った基礎を床下に補強することで耐震改修を行っていきますが、その際、床下一面を鉄筋の入ったコンクリートで埋め尽くす「ベタ基礎」と、建物の壁の下に沿って鉄筋コンクリートの基礎を設置し、床下部分にはコンクリートのみを敷く「布基礎」というふたつの方法がよく知られています。

普段見ることのない床下の部分ではありますが、わが家の歴史を知ると共に、地震に負けないしっかりとした基礎・土台に対する耐震補強を心がけたいものです。

地盤改良すれば、元田んぼや畑だった地盤に新築住宅を建てても良いか?

二世帯住宅の施工事例

弊社では様々なタイプの二世帯住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例

この記事を書いたプロ

田原建設株式会社 [ホームページ]

建築家 田原稔久

大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL:072-851-7500

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田原 稔久(たはら・としひさ)さん

2世帯が快適に暮らせる長期優良住宅をつくります(1/3)

 耐用年数が約30年といわれる日本の住宅は、ようやくローンの返済が完了した頃には、次の建て替えを考えなければなりません。これでは、老後や人生にゆとりが持てません。また、建て替えの際に生じる廃棄物も環境汚染に影響を与えます。こうした背景を受け...

田原稔久プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

建築基準法の1.5倍の「耐震等級3」の長期優良住宅を手がける

会社名 : 田原建設株式会社
住所 : 大阪府枚方市南樟葉1丁目14-14 田原ビル3階 [地図]
TEL : 072-851-7500

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
バリアフリー改修リフォームで利用できる投資型減税
イメージ

 知っておきたい! バリアフリーリフォームには様々な税の優遇措 さて前回はバリアフリーリフォームの際の...

[ バリアフリー ]

バリアフリー改修リフォームの補助金
イメージ

 かしこく補助金を利用して、バリアフリーリフォームを これまで、比較的安価なものからお金のかかるものま...

[ バリアフリー ]

バスルーム・浴室・お風呂をバリアフリー化
イメージ

 浴室・バスルームには危険がいっぱい これまでのコラムを読んでいただいた方は、住宅のバリアフリー化にあ...

[ バリアフリー ]

廊下や階段をバリアフリー化する場合の、手すりの種類
イメージ

 いろんな場所につけられるからこそ、しっかり考えたい手すりの種 さて、今回は、これまでのコラムでも何度...

[ バリアフリー ]

玄関のドアや、スロープ化によるバリアフリー化のポイント
イメージ

 玄関をバリアフリー化して、出かけやすく、迎えやすい玄関に 今回のコラムは玄関のバリアフリー化について...

[ バリアフリー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ