プロTOP:高塚哲治プロのご紹介

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(2/3)

CMと欠陥住宅問題は密接で表裏一体です

欠陥住宅問題とCMは密接な関係にあります。表裏一体です

 (株)日建設計を退社した高塚さんは、CM会社の先駆けだった(株)希望社に入りました。「桑原さんという有名な社長から約1年半、CM方式の実態を学びました。中小企業や個人の発注者さんとのつながりができました」。希望社を一躍有名にしたのは、ゼネコンだけでなく下請け業者まで選び、見積もり額を比較して発注して工事費を抑えるやり方です。

 1998年11月に独立し、CMを中心に事業を展開していましたが、知り合いの弁護士から「欠陥住宅で困っている。手伝ってくれないか」と誘われました。「CMで良質な建築物を建てるための欠陥住宅にならないための『予防』をしていたのですが、『なってしまった人』に対するフォローも必要だと痛感しました。裁判になっただけで、この15年間に120件以上。潜在的にはその10倍はあるでしょうね。欠陥の内容は雨が漏る、揺れる、傾いているなど色々あります。原因の多くは、ハウスメーカーなどの元請け業者が下請け業者に丸投げしたり、設計図が詳細に描かれていなかったりで、関係者が現場でそれなりに決めたからです。しかし、このやり方では新しい技術やシステム、また社会に対応できず、中途半端になります。『制度疲労』からくる欠陥ですね」と高塚さんは指摘します。だからCM方式が必要なわけです。

 CMと欠陥住宅問題は表裏一体とも言えます。知識と経験のある専門家が的確な指示を出して統括し、業務を遂行することが何よりも大事です。「欠陥住宅問題を裁判などで解決し、損害賠償金などで修繕するような流れですね。欠陥住宅問題の解決とCMの両方に精通しているのは多分、日本では私くらいではないでしょうか」と高塚さんは胸を張ります。

<次ページへ続く>

【次ページ】 これほど重要なCMというシステムもまだ世間に普及していない。もう少しわかりやすく発信しなければ

最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談/機関誌「楔」
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
長崎「大浦天主堂」横に「キリシタン博物館」開館
イメージ

 「大浦天主堂」は、2018年6月の「世界遺産」登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産...

[ 名建築/迷建築 ]

「新大阪駅」周辺整備提案:「日本プロジェクト産業協議会」
イメージ

 「日本プロジェクト産業協議会」(JAPIC)関西委員会は、「新大阪駅」周辺エリアの都市機能強化を目的とした『関...

[ 旬の話題 ]

新たに「国宝」「重要文化財」の指定が答申される(「文化審議会」)
イメージ

 「文化審議会」は、「三十三間堂」(蓮華王院本堂、京都市)に並んでいる1001体の「千手観音立像」など5件の「美...

[ 旬の話題 ]

「吉本興業」が「JR大阪駅前」に新劇場を開設
イメージ

 「吉本興業」は、「JR大阪駅前」の「旧大阪中央郵便局」跡地の「西梅田スクエア」(大阪市北区)の「よしもと西...

[ 旬の話題 ]

「千里中央駅前」(大阪府豊中市)の再開発計画を発表
イメージ

 「エイチ・ツー・オーリテイリング」(H2O)は、大阪府豊中市の「千里中央駅前」の2つの商業施設を一体的に再開...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

高塚哲治のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は高塚哲治さんが更新している外部メディアサイトです。

rss
ブログ
2017-02-06
facebook
Facebook
google-plus
Google+
ページの先頭へ