コラム

 公開日: 2012-07-12  最終更新日: 2014-07-01

倫理(ニコマコス倫理学)

 随分前になりますが《「建設倫理考」技術者社会の崩落》という本を読みました。この中で、技術者の倫理感に危惧を抱いています。現在の原発問題を含めて、改めて考えてみたい内容です。
 学生の頃、夏休みの哲学の宿題で読んだ「アリストテレスの『ニコマコス倫理学』」という書物があります。その昔、アリストテレスはこの中で、【人間にとって善い生活とは理性的で徳を伴った活動である。徳とは人間の性格における特性でありさまざまな種類があるものの、幼少期から無意識に獲得される倫理的な徳と、理性によって形成される知性的な徳とに二分される。倫理的に追求するべき徳には中庸という共通の構造がある。】と述べています。中庸とは二つの悪徳の間に存在する徳目であり、例えば臆病と軽率という悪徳の中庸には勇気、野暮と道化という悪徳の中庸である機知などのようなものであるとしています。つまり、アリストテレスは善い行為とは極端な行為ではなく節度ある行為であり、個々の状況に応じて適切な判断を下すことが善い生活をもたらすと論じているのです。その通りです。


タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
補修工事で「ビックベン」の鐘の音が止められる
イメージ

 「ビッグベン」の愛称で親しまれている「イギリス議会議事堂」の時計台の鐘が、大規模な改修工事に伴い、建設さ...

[ 名建築/迷建築 ]

「べた基礎」「鋼管杭」が剥き出しの状態です。
イメージ

「べた基礎」底盤と「鋼管杭」が剥き出しの状態です。当然、不同沈下が生じています。

[ 欠陥住宅(写真集) ]

熱く暑い「終戦の8月」です。
イメージ

 戦時中、「ビルマ」に従軍した父が永眠し10年を過ぎ、母も今年2月に他界しました。 また、今年も両親が体験し...

[ 旬の話題 ]

「名門ホテル」跡地に「タワーマンション」(「大阪市」)
イメージ

 以前、「大阪市」北区にあった旧「ホテルプラザ」と「朝日放送」の跡地に、「積水ハウス」などが2022年に完成さ...

[ 名建築/迷建築 ]

「土用の丑」の日、今年は2回!
イメージ

 今年の「土用の丑」の日は、7月25日(火)と8月6日(土)の2回あります。 「土用」は1年に4回あり、立春、立...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ